話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 センエースの歪なプライド。

 42話 センエースの歪なプライド。

「……グールを殺して発動するというのは聞いたことがない。ただ、ワナ……というか、『魔法』の中に『空間移動系』は普通に存在する」

「……なるほど。じゃあ、次の質問。『ナビゲーション・グール』って言葉に聞き覚えは?」

「……は? なにそれ?」

「おそらく、俺がさっき殺したグールの正式名称。あいつを殺した直後、脳の中に、誰かの声が響いた。『ナビゲーション・グールの撃破を確認。転移のワナを発動する』……みたいな感じの声。そういう、脳に響く声に覚えは?」

「……ない……」

「……マジか……そうすると、お前の視点では、俺が本当のことを言っているのか、それとも嘘ついているのか、まだ微妙な感じになるな……」

 などとつぶやきつつ、センは、

(俺が軽蔑されるだけで終わるなら、最悪それでも別にいいが……『俺の犯罪履歴が確定することによって、薬宮の心に傷が残ってしまう』って話になると、さすがに、『それでもいい』という処理の仕方は通せねぇ……)

 『センエースのプライド』の『異常さ』が、
 今回の件を例にするとよくわかる。

 センは、紅院の『脅し』を聞くまでは、
 『まあ、最悪、ノゾキ魔あつかいでもいいか』
 ぐらいの覚悟が決まっていた。

 『実際に性犯罪に手を染める』のと、
 『誤解をくらう』の間には大きな齟齬がある。

 その前提を踏まえて、センのプライドを分析すると、次の通りになる。

 『身の潔白を、必死になって喚き散らす』ことは、
 センの中では、みっともない行為。
 もちろん、正統な自己弁護は、まったくもってみっともなくはないのだが、
 『センの中』では、なぜだか、みっともない行為と判断されてしまう。
 //意味不明//

 『誤解だけど、そう思いたけりゃ、そう思ってろよ』
 『お前がどう思うかは、いつだって、お前の自由さ』
 『確固たる前提として、俺は何も悪い事はしてねぇ』
 『俺自身が、俺の無実を知っていれば、それでいい』

 この思考形態こそが、センのプライド。
 プライドというか……キ〇ガイの妄言。
 もっと言えば、センの中に根付く『中学二年生』の大暴走。

 ――だから、センは、
 最終的には『誤解されたまま』で、
 この件が収束することも覚悟していた。

 しかし、薬宮トコの精神面という厄介な前提が加わったことで、
 センは、プライドを遠投して、
 『状況に応じた最善』を徹底的に追及するハメになった。

 センは、時にプライドをへし折ることもいとわないプライドも有している。
 そんな、極めて歪な資質の持ち主――それが、究極超凡人センエース。

(俺の人間性と、グールどうこうを並べ立てるだけじゃ、決定打にかける……もっと、何かないか……何か……)

 どういうべきかを悩んでいると、
 そこで、
 着替え終わったトコたちが、
 シャワールームに入ってきて、

「ミレー、見張り、かわるから、着替えてきぃ」

「トコ……ちょっと」

 そう言って、
 紅院は、トコにボソボソと耳打ちをする。

 トコは、怪訝な顔をしてから、

「ほう……わかった。とりあえず、着替えてきぃ」

 そう言って、紅院をシャワールームから出すと、

 センの背中に、

「とりあえず、その体勢やと、こっちとしても話し辛いから、こっち向けや」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く