話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 喜劇悲喜劇。

 38話 喜劇悲喜劇。

 『バケモノを軽く投げ飛ばしてしまった』という事実に対し、
 センが軽くプチパニックになっていると、
 そこで、

『――ナビゲーション・グールの撃破を確認。転移のワナを発動します』

 奇妙な声が、頭の中で響いた。


(……ナビ……転移……え?)


 センの混乱が収まるのを律儀に待ってくれたりせず、
 ワナは、無慈悲に発動する。

 キュインキュインと耳を刺すような音が鳴り響き、地面に奇怪なジオメトリが広がった。
 と、同時に、センの体が、不穏な青白い光に包まれていく。


「うぇえっ――」


 シュンッッ、
 と、一瞬でその場から姿を消すセン。

 ――その様子を、
 『ここではないどこか』で観察していたオメガは、

「くくく」

 と、心底楽しそうに笑ってから、

「さあ、見ものだな……センエース、お前なら、その絶望を、どうさばく? くくく……」

 などと、そんな言葉をつぶやいた。






 ★





 ――転移が終了した直後、
 グルグルとしている頭を、
 強靭な精神力で無理矢理抑えつけ、
 ゆっくり目を開くセン。

(ここは……シャワールームか? ……え、マジで転移した? すげぇな、おい……この世界って、ガチでテレポートできるんだ……ていうか、転移って、どういう転移だ? 世界を移動した? それとも、空間を――)

 などと、心の中でつぶやきつつ、
 周囲を確認しようと、ゆっくり、振り返ったところで、

「……ぬおっ」





「「「「「え?!」」」」」」





 今、まさにシャワーをあびていた『全裸で固まっている美少女五人』が、
 センの声と気配に気づき振り返った。

 しっとりと、お湯に濡れている柔肌。
 全員、例外なく美しいが、やはり、飛びぬけているのはミレーとトコとツミカ。
 三人とも芸術的な女神。

 一糸まとわぬ状態になる事で、より露わになるその天元突破した美貌。
 きめ細やかな肌は、まるで天使が編んだ絹糸のようで、
 その楚々と整った顔立ちは、まさしく神のオーダーメイド。

 ――この華麗なるCMFNの中、
 数秒間、互いに硬直していたが、


「……どぅぇぇ……マジかよぉ」


 センは憎々しげに舌を打ちながら、
 バっと顔をそむけ、目を閉じ、

(おいおい、おいおいおいおい、なんだ、このアニメ・マンガ・ラノベで200億回は見てきたような、テンプレエロ展開は……ふざけんなよ、クソったれがぁ……)

 心の中で呪詛を吐きながら右手で顔を隠すように頭を抱えるセン。

 この、クリティカルな状況下において、
 女性陣の中では一早く現状を『誤解』した紅院美麗が、
 さほど慌てた様子もなく、優雅にバスタオルで体を隠しながら、

「私達を覗こうだなんて……いい度胸しているわね。褒めてあげるわ、閃壱番」

 紅院の言葉により、他の女性陣も、思考停止状態から回復し、行動を開始しはじめた。

 薬宮と黒木は、慌てる事なく、ササっと手早くバスタオルで体を隠す。
 南雲は慌てて体をバスタオルで隠しながらアワアワと惑乱(わくらん)しており、
 その向こうで、罪華はポケーっとしている。

 トコが、悲しそうな顔で、

「昼間に話してみた感じやと、悪いヤツではないような気がしてたんやけど……どうやら、勘違いやったようやな。やっぱ、人の内側ってヤツは、ちょっと話しただけやとわからんもんやなぁ」

 ボソっとつぶやく。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く