話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 強情なセンエース。

 21話 強情なセンエース。

「あんたは、俺にとって大事な人間じゃないから、俺は、あんたの感情よりも、自分の欲望を優先したい。だから……悪いな」

「そうか、まあ、だろうな。立場が逆だったとしたら、おそらく、俺も、同じ結論にいたっただろうから」

 などと、本音を吐露してから、

「……じゃあ、悪いが、力ずくでいかせてもらう。お前に怨みはないし、人間的に嫌いではないが……お前は俺にとって大事な人間ではない。だから、俺も、俺の欲望に従わせてもらう。両足両腕を骨折してしまえば、休まざるをえないだろう」

「……そんなことしたら、普通に傷害で捕まると思うんだが?」

「覚悟はしてきた」

「……うわ、マジな目だな」

 センは、普通に呆れて、

「警察の厄介になんかなったら、あんたの家名にキズがつくだろ。となれば、結果的に、ボスである紅院家にも迷惑がかかるんじゃ?」

「心配無用。俺一人が勘当されて終わりだよ。大した問題じゃない。デカい家には、デカい家なりのケジメの付け方ってのがある。名家にも、クズが生まれる可能性はある。その確率からは逃れられねぇ。だったら、『どうしようもないことに悲観する』よりも『処理方法を考える』方が建設的」

 優秀な血と血を掛け合わせても、
 『サイコパス』が生まれることはありえる。

 そんな、『当たり前の可能性』によって、
 『家名が傷つけられること』を無意味に恐れるよりも、
 『勘当のマニュアル化』を徹底した方が合理的。

「つまりは、マニュアル通りに、俺の存在が消されて終了。ぶっちゃけ、別に、それでもいい。いや、むしろ『そっちの方が色々と楽になれる』とすら思うな」

「……」

「最後の警告だ。当日は休め。それだけでいいんだ。簡単だろ?」


「だな……すげぇ簡単だ。逆に、俺は、なんで、こんなに抵抗しようとしてんのか、マジでわからなくて草も生えない」


 そんなことをつぶやいてから、

「……別に、遠足に一緒にいったからって、何がどうなるってワケでもねぇのに……」

 ブツブツと、

「……ほんともう……なんつーか……」

 色々と、考えたすえ、
 センは、


「確率的に、来年はほぼ確定で、違うクラスになる……ウチの学校は、バカみたいに、生徒の数が多いからな……」


 自分の考えを、丁寧に並べていく。


「今後、一年間の間で起こるイベントの中で、あいつらと、何かができることってのは……おそらく、もうない……」

「ああ、だろうな。今回で最後だろう」

「バカバカしいと思っているよ。自分でも……けど……」

 そこで、センは、佐田倉の目をジっと見つめ、

「ここで引いたら、なんか、すげぇ後悔するような気がするから、だから……悪いな」

「……そうか」

 一言だけ、そうつぶやいてから、
 佐田倉は、
 パァンと、両手で、『自分の両頬』を叩いて、

「さて、それじゃあ、家を捨てようか。オヤジ、オフクロ悪いな……俺は、あんたらの自慢にはなれなかった」

 そう言いながら、
 佐田倉は、センに掴みかかった。

 ものすごい力と速度で、
 センの両手両足を折ろうと、
 襲い掛かってくる。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く