話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 ただのワガママお嬢様じゃない。

 13話 ただのワガママお嬢様じゃない。

 一限目の『倫理』は、
 そのまま、主体性遠足の話し合いに使われることになった。

 それぞれ、班ごとに集まって、
 『とりあえず、どこに行くか』を話し合っていく。

 クラスの最後尾の窓際に集合した紅院たちは、
 まず、最初に、

「まず、今回の遠足における、この班の『代表』を決めたいのだけれど」

 という紅院の発言によって、
 代表決めジャンケンが行われることになった。

「文句なしの一回勝負。はい、ジャーンケーン……」

 というわけで、
 普通にジャンケンが行われ、
 結果、

「ぐおおお……あたしかい! くっそめんどくさぁああ!」

 代表は薬宮トコに決定した。

 どう考えても一番面倒くさい役割である『主体性遠足のグループ代表』というポジションを引いてしまったトコは、普通に頭を抱えて、唸り声をあげる。

「もう、マジでイヤ! ツミカ、かわってぇや!」

「前向きに検討する方向で善処するにゃ」

「断るなら、ちゃんと、真摯に正面から断れ! 意味なく迂遠(うえん)にすんな! 政治家の娘か! ウザいのう!」

「政治家のトップを独走しているオッサンの娘ですが、にゃにか?」

「おどれみたいな変態を育てた男が、国のドンやっとるかと思ったら、血の気が凍るのぉ!」

 本音を吐露しつつ、
 トコは、頭を抱えて、

「あー、ダルい、くそがぁ……」

 と、心底からイヤがっている様子を見て、
 センは、

「……へぇ」

 と、感嘆の声をもらした。

 その声にピクっと反応を示すトコ。
 スっと、視線を、センに向けて、

「なんやねん。なんか言いたいことでもあんのか?」

 声をかけられたセンは、
 軽く動揺したものの、

「……いや、別に……ただ『俺に押し付けないんだなぁ』と思っただけだ」

「はぁ?」

「社会的地位という視点で見た時、この中では、圧倒的に、俺がドンケツだからな。『そこの庶民、あとは任せたわ』みたいな感じで、雑用を全て押し付けられることも覚悟していたんだが……」

「そういうんは好きやない。てか、どんなイメージやねん。あたし、そんな暴君に見えるか?」

「……お嬢様はワガママなものだろ。別に、全員がそうだっていうつもりはないけど、世間様のイメージ的には」

「まあ、マンガとか、アニメとかのイメージ的には、確かにそうやな。実際、クッソワガママな『バカお嬢』も、ここにおるし」

 そう言いながら、ゴミを見る目で、紅院を見るトコ。
 その不愉快な視線に対し、
 紅院は、普通にムっとして、

「私のどこがワガママだと言うのよ」

「どの口がぬかしとんねん。我の強さ、すさまじいやないかい」

「それはワガママとは言わないわ。芯が強いというのよ」

「……言いようやなぁ……」

 呆れ交じりにそうつぶやくトコに、
 センは、

「――『俺が、お前らのグループに混ざっている』という事に対して、もっと嫌がられると思っていたが……案外、俺にも普通に接するんだな」

「そっちから近づいてきたなら、そら、払わせてもらうけど、今回の場合は、むしろ、そっちが被害者みたいなもんやからなぁ……あたしらの事情に巻き込まれて、厄介な状態になっとるんは理解できとる。逆の立場やったらと考えたら、しんどぉて、しゃーない」

 その言葉を受けて、
 センは、トコに対する認識を改める。

(……ほう。『相手の立場になって考える』ってこともできるのか)

 これまでは、ただただ『ワガママを吐き散らかすだけのキ〇ガイお嬢』だと思っていたが、ここで、センは、彼女のことを、『正常な人間』だと認めた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く