話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 1001倍。

 60話 1001倍。

 希望も、可能性も、すべてを失ったセン。
 あまりの絶望に、さすがのセンも、一瞬、クラっとする。

「こんな……メチャクチャ……」

 つい、声がこぼれた。
 ひどすぎる現状に対し、当たり前のグチをこぼすセン。

 そんな彼に対し、
 オメガは、

「そうメチャクチャだ。あまりにもひどい。俺も、お前と同じで、バカじゃないからな。ちゃんとわかっているさ」

 たんたんと、

「さっきも言ったが、これほどのムチャクチャを通そうと思えば、当然のことながら、『積まなければいけない前提』の『量』と『質』は膨大になる」

 オメガは、遠い目をして、

「気が遠くなるほどの時間と覚悟を積んだ……本当に……大変だった……」

 感慨深そうに、そうつぶやいてから、
 センに視点をあわせ、

「センエース。ちょっと、本気で想像してみろ。『現状』を成すために、どれだけの重荷を背負う必要がありそうか。頭をフル回転させて、一度、真剣に考えてみろ」

「……」

「想像できたか? では、心して聞け。俺は今日までに、『お前が、今、想像した地獄』の『ザっと1001倍ほどの絶望』を積んできた」

「……」

「今回の発言は、戦闘開始前に俺が言った『1000倍強い』発言と違って、ゴリゴリのマジだ。ウソは一つもない。むしろ、ちょっと謙遜しているぐらいだ」

「……」

「センエース。お前の知らない世界の裏側で、これまで、何度も、何度も、何度も、何度も、『無数の実験・検証』が行われ、『高水準な絶望』が果てなき渦をまいた。そこで得た観測結果をもとに、幾度となくリハーサルが繰り返された。すべてはお前を殺すため」

「……」

「そうやって、無数の地獄を乗り越えて、たどり着いたのが『今』なんだ。すべての絶望が結集した『今』の底で、俺たちは、こうして向き合っている」


「……」

「だから、お前は死ぬ。三人の女も死ぬ。それで、すべてが終わる」

「……」

「この期に及んで、しかし、いまだ、わずかも諦めていないな、センエース。お前の根性は、本当に、この世に存在する『命全て』に匹敵する世界の宝物だと思う。けれど――」

 そこで、オメガは、
 センの胸部に、
 右腕を伸ばした。


「――がはっっ!!」


 センの胸をえぐり、
 心臓をワシ掴みにするオメガ。

 オメガの腕を伝って、赤い血がポタリと地に流れた。
 センの裂かれた細胞が悲鳴をあげる。

 存在値1の肉体。
 ソレの、なんと脆いことか。

「――終了だ。お前は頑張ったが、しかし、結局のところ、『ここまで』が限界だった。超えてほしかったのは『ココ』なんだが、しかし、ダメだった」

「ぐっ……ぁ……」

「ムチャを言っているのはわかっている。こんな、絶対的理不尽にまみれた絶望を超えられるはずがない。だが、しかし……『お前ならば、あるいは』と期待した」

「っ……ぁ……」

「お前は、間違いなく頑張ってきた。この俺すら超えてしまった、ハンパじゃなくスゴい男……なんだが……しかし、ここで終わるなら、他の主人公たちと大差ない。いわゆる一つの『100点でなければ意味がない理論』だな。特定の視点で見た時には、99点も0点も同じ。100点以外は全部ゴミ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く