話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 何もかも全て、奪いつくす。

 57話 何もかも全て、奪いつくす。

「ま、何と言われようと、お前は、必死になって、この状況をどうにかしようと、頭をまわすだろうがな。お前はそういう男だ。だからこそ、お前は、俺を超えることが出来た。だが、しかし、それがゆえに、お前は死ぬ。俺より強い程度のザコに、俺は負けないから」

 そこで、オメガは、

「ぶっちゃけた話……『どんな絶望を前にしても諦めない』という『その資質』は『この俺』にも、相当なレベルで備わっているものだが、しかし、お前は、そんな俺の一歩先をいった。正直、悔しいよ。根性だけは、この俺こそが最強だと思っていたからな」

 遠い目をして、

「ふざけた話だと思わないか? 俺、けっこう、頑張ったんだぜ? けど、お前は、そんな俺をアッサリと超えやがった。虚しい話だぜ。……いや、まあ、お前の視点だと、わずかも『アッサリ』ではなかっただろうが……けど、まあ、俺の視点・感情だと、ついつい、そう思ってしまう。命と命は、結局のところ……たとえ、どれだけシルエットが似通っていても、決して、わかり合うことはできない」

 などと、意味深なことを口にしてから、

「お前と俺の間にある『差』は、実際のところ、『微々たるズレ』ぐらいのものなんだろうが……感覚の上では、絶望的な絶対的差に感じる。ほんと、虚しい……」

 『痛みを伴う言葉』を使っていながら、
 しかし、その表情は、どこか『晴々』としていた。
 心のしこりが取れたような顔。

 ある種の諦めた顔でもあるが、
 しかし、ただの諦観とは、
 やはり、どこか、少し違う。

「センエース。お前は俺を超えた。だから、俺に負ける。お前が今まで、多くの『敵』に対してかましてきた『理不尽』を、今日だけは、俺が、お前に対して突き付ける。因果応報。まわるんだよ。業ってやつは。良くも悪くも。すべては円になっているから」

 その言葉に対し、
 センは一切、反応を示さない。

 『現状のヤバさ』を痛感し、
 激しく動揺している。

 ――実のところ、セレナーデの効果によって、
 存在値だけではなく、心にも多大な削りを入れられているのだ。

 『イタズラな領域外の牢獄』ほど露骨ではないが、
 セレナーデは、明確に、センエースの精神力に圧力をかけている。

 だが、そのことにセンは気づけていない。

 なぜなら、オメガは、
 そういった部分の『隠ぺい』にも、
 かなりの力を注いだから。

 オメガが、今日までに積み重ねてきた『永き時間』の中で、
 『センエースを叩き潰すために整えてきた全て』は、
 ある意味で酔狂だが、しかし、決して伊達ではない。

 ゆえに、センは気づけない。
 自分の精神力に『大きな負荷がかかっている』という事に気づけず、
 結果、
 『なぜか過剰に膨れ上がる焦燥感や動揺を抑えきれない』という、
 それまでの自分ではありえなかった謎の不可思議に対し、
 純粋に、慌てふためいている。

「ちなみに、もう気づいていると思うが、異空間も完璧に封鎖させてもらった。亜空間倉庫への接続も、固有世界とのリンクも、全て断たせてもらった。お前のセキュリティに対して干渉することは難しいが、『存在値1のカスでは触れないように壁を張る』だけなら、一ミリも難しくない。もう、ここまできたら、あとは惰性で充分。存在値1だと、本当に、何もできないからな」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く