話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 欲しいものがあったから。

 51話 欲しいものがあったから。

 セリフにオプションを背負わせて、
 今、美しく、咲き誇る閃光。

 解放されたセンの神気が、世界を暖かく包み込む。

 神の最果て。
 輝きの頂点。

 命の王がたどり着いた、
 この上なく尊き姿。

 ――そんな『神の最果て』を目の当たりにして、
 オメガは、

「さほど時間は経っていないはずなのに、P型センキーに殺されかけた時よりも、はるかに強くなっているな。今のお前なら、ルナがなくとも、『イタズラな領域外の牢獄』をブチ破るくらいのことはできそうだ」

「……どうだろうな。そうなりたいと思いながら訓練を積んできたが」

「たった数日で……過剰なほど強くなるな、お前は」

「この世界にきてから遊んでいたワケじゃないし、そもそも、事前に積んできた下地がシッカリとしているからな」

 そう言いながら、
 センはゆっくりと目を開けて、
 自分の状態をチェックしつつ、

「膨れ上がった力を受け止めるだけの器を磨いてきた。決して折れることなく、今日という日まで、自分の足で歩いてきた」

「そうだ、センエース。お前は、『覚醒した』から『強い』んじゃない。『覚醒できるくらい強くなった』から『多くの絶望を乗り越えること』ができた」

 ありえない話だが、
 仮に、『下地のない者』が、
 運だけで、『究極超神化7』に覚醒したらどうなるか。

 膨れ上がった力の暴走を制御しきれず、
 パーンと、爆発して終わり。

 『神化』までならば、『コスモゾーンの法則』の、
 『正式な管理下』に置かれるため、
 運だけで覚醒しても死ぬことはないが、

 ――『究極超神化』は話が別。

「センエース、お前は強い。『なぜ、そこまで』と『真剣な疑念』を抱かざるを得ないほど、お前の魂は強すぎる」

 そう前を置いてから、

「一つだけ聞かせてくれ、センエース。お前は、どうして、そこまで自分を強く律することが出来る?」

 オメガの質問に対し、
 センは少しだけ迷う。

 『答え』は決まっているのだが、
 『答え方』に悩む。

「それは、たぶん……」

 ジックリと、考えてから、
 センは言う。

「欲しいモノがあったから」

「欲しいものねぇ……ちなみに、それは、なんだ?」

 オメガの質問に対し、
 センは、もう迷わなかった。
 まっすぐに前を見る。


「決まってんだろ?」


 そこで、センは、ニっと、
 太陽のように微笑んで、
 右手の人差し指で天を、左手の人差し指で地を指しながら、



「かわいい女子の前で、とことんカッコつけられる度胸だよ」



 ビシっと、そう言い切った。

 普通に受け止めれば、
 この上なくダサい発言だが、
 しかし、

「……なるほど……」

 オメガは、至極マジメな顔で、
 強く頷きながら、

「だったら、折れるわけにはいかないよな」

「そういうこと」

 などと、
 終始フワフワした会話をしながら、
 両者は、ゆったりとした歩みで、
 『手を伸ばせば触れられる距離』まで近づく。

 その場で、数秒だけ、にらみ合ってから、

「俺からいくぞ」

 オメガが最初に、右の拳をギュっと握りしめ、
 魔力とオーラを、これでもかと込めてから、
 センの顔面(左頬)に、ガツンとたたきつける。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く