話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 まいったか!

 22話 まいったか!

「要領をえないな。結局、お前の行動理由はなんだ?」

「不条理な暴力を振りかざすお前のことが嫌いだから、ぶっとばしたい。以上」

「……ふん。なるほど。ようは、たまにいるサイコか。いかれた正義感に身を投じるキ〇ガイ……愚か極まりない」

「俺の行動原理は、決して、正義じゃないけれど……まあ、自分でも、自分の事を愚かだとは思うよ。俺は、間違いなく、とんでもない大バカ野郎だ。こんなバカ野郎を過剰に持ち上げるのは、マジで頭おかしい行為だから、ほんと、やめてほしい。まあ、だからって、シューリみたいに、ボロクソ言われるのは腹立つけどね。頑張ってきた自覚はあるから、『お前、やるじゃん』ぐらいは言ってほしい。けどそれ以上のレベルで褒められると、気恥ずかしくて、しんどい。わー、俺、めんどくさーい。きらーい」

「……ワケのわからんことをグダグダと……」

 クリミアは、イライラを隠さず、

「とにもかくにも、罪帝にたてついた以上、貴様が有していた人間としての権利は、全て失ったと同義。安い死刑で終わると思うなよ。私は、貴様から全てを奪う。命も、誇りも、尊厳も、愛も情も、すべて! 親も、友人も、恋人も! 全て、八つ裂きにして殺す!!」

「ふはーはっはっはっはぁ!」

「……なにがおかしい? 気でもふれたか?」

「バカめぇ! 俺に親はいない! 母は、とっくに死んだ! 親父は生きているかも知らんけど、俺にとっては、あんなもん、最初から死んでいるみたいなもの! 友人もいない! いたことがない! 恋人?! ヘソで茶がわく!! よくみろ! 俺だぞ! いると思ったか、バカめ!」

「……」

「俺の『人間失格っぷり』をナメるなよ。イカれたクズボッチの俺から奪えるものなど何もない! どうだ! まいったか!」

「……そ、そうだな……生まれてはじめて、まいったかもしれない」

「ふふん! さもありなん!」

 なぜか得意げなセンと、
 普通に困惑しているクリミナ。

 センエースという存在の『あまりの奇抜さ』に、
 一瞬、奇妙な空気が流れたが、
 しかし、クリミナは、

「ご……ごほん」

 重たいセキをはさむことで、
 いったん、変な空気を流して、

「と、とにかく……貴様は終わりだ。どんな理由があれ、私に敵意を示した時点で終了。お前は死ぬ」

 そう言いながら、
 クリミナは、一瞬で、センとの間合いを詰めて、

「見るがいい。これが、王族の力だ」

 宣言してから、
 センの腹部に、右の拳を叩き込む。

「ぐふっ!」

 くの字になって、血を吐き出すセンに、
 クリミナは、嗜虐的な笑みを浮かべて、

「唸り声が鈍い! もっと声高に泣き叫べ!!」

 連打を叩き込んでいく。
 なかなか練度の高い武。

 悪くない資質を持ち、
 おそらく、そこそこ努力もしている。

 そこらの一般人だと、手も足も出ない強者。
 それは間違いない。

「わかるか、カス野郎! これが、生まれの違いだ! 貴様のようなカスでは、何十・何百、何千の時を積もうと超えられない壁! 私は、その壁の向こうにいる! なぜならば、貴様と違い、選ばれて生まれてきたからだ!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く