話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 ポンコツ、ニョグタ。

 15話 ポンコツ、ニョグタ。

 カンツ・ソーヨーソは、
 『ゾメガのエニグマミーティアをその身に受けても、立っていられる自信がある』
 という不遜な自惚れを抱いている。

 ――しかし、そんなカンツの膝を、
 マリスは、たった一発の拳で、へし折ってみせた。


「……ディマイズ・マリス……お前の『信仰』は認めよう。存在しない神を認める、ということは、さすがに出来ないが……お前の想いは認めてやる……」

 マリスの拳を、
 カンツは認めた。

 ――カンツの『意地』は『己(おの)が言い分を守るため』に存在するのではない。

 『最後の最後まで、悪の敵として、弱い命の盾で在り続ける』
 という、断固たる決意の結晶。

 そこにギャグ要素は一つもない。

 ――しかし、センエースの『主人公補正(影響力)』は、
 そんな決意すら飲み込んでしまうほどに大きい。

「なぜ、そこまで神を信じるようになったのか知らんが……とにかく、すさまじい狂信ぶりだ。おそれいる」

 その言葉の直後、
 マリスの『奥』にいるニョグタが、



「――なるほど、貴様こそがセンエースだったのか。カンツほどの超越者をも一撃で屈服させてしまうとは……見事だ。さすがは、命の王と言ったところか」



「……だから、違うと言っているのに!」

 そんなマリスの否定を、

「認めよう。センエースよ。貴様は美しい」

 ニョグタは、完璧にシカトして、

「私はニョグタ。コスモゾーン・レリックのニョグタ。この私に、大いなる可能性を示したバケモノよ……」

 そこで、ニョグタのオーラが、
 マリスの奥底で淡く瞬いて、



「――強者は華。堅陣な魂魄は土――」



 ゆらゆらと、
 光が強くなって、


「――審判のアリア・ギアス発動――」


 宣言の直後、
 ニョグタの圧力がグっと深くなった。

 ――鮮やかな虹色。
 研ぎ澄まされた、狂気の虹色。

 狂気の虹色は、重たい粒子となって具現化する。
 『クナイ』の形状になったニョグタは、
 マリスの右手におさまる。


「もはや、審判は下された。テストは不要。貴様は私にふさわしい。貴様こそが、私のパートナー。共に、外なる神を目指す運命共同体」

「……お前のような『勘違いバカ』は、私にふさわしくないけどな」


 冷めた声で、マリスは、ボソっとそう言いながら、
 自分の手の中にあるクナイの具合をチェックする。

「……インテリジェンスの部分には、多大な問題点があるが……アイテムとしてのスペックは、事実、とてつもなく凄まじい。パートナーになる気はないが、悪くない装備品として使いつぶしてやる」


 などと会話している間、
 アルキントゥが、カンツに回復魔法をかけながら、

「マリスの閃拳……あれほどの輝きを目の当たりにしていながら、しかし、いまだ、わずかも主を信じようとはしない『あなたの、その頑なさ』には、もはや、むしろ、畏敬すら感じますわ」

 そんな、深みのある呆れに染まった言葉に対し、
 カンツは、

「なんだ、アルキントゥ、お前もか。いったい、いつのまに、狂信者にクラスチェンジしていた?」

「主が、その尊き輝きで、P型を屈服させてからですわ。あの日までは、わたくしも、主を信じておりませんでした。しかし、主は……美しかった。あれほどの輝きを、わたくしは、他に知らない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く