話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 この上なく尊き、命の道標。

 13話 この上なく尊き、命の道標。

「センエースという概念そのものを嘲弄したわけではない!」

 そこから、カンツは、丁寧に言葉を紡いでいく。

「ワシにいわせれば、センエース至上主義は、むしろ、酷い『甘え』だ! 『何もかも全て神のおかげ』という考え方は、見方をズラせば『何もかもすべて神まかせ』という責任放棄にもなりうる!」

 実際に『センエース至上主義が、そういう観点でモノを見ているかどうか』――その点については、議論の余地がある。

 ただ、カンツの視点だと、
 『そう見えてしまうこと』が、 
 『あまりにも多い』というのも、
 また一つの事実。

 これは、個々の『考え方』の違い。
 『捉え方』の違いである。

「――『どんな絶望を前にしても、あきらめずに弱い命を守るために戦い続ける』――その概念・理念は、ワシの正義にも合致する! その覚悟は極めて尊い! それは認める! だが、しかぁし! そんな概念の『擬人化』でしかない『センエースという偶像』を必要以上に崇め奉る行為は、むしろ、『崇高な概念に対する冒涜』だと、ワシは考える!!」

 カンツは、感情でセンエースを否定しているわけではない。
 自身の中に『どんな絶望を前にしても、あきらめずに弱い命を守るために戦い続ける』という概念が、確かな信念・正義として根付いているからこそ、『概念によりかかっているだけ』に見える『聖典信仰』に対して、強い反発心を抱いてしまう。

「センエースという概念は『志(こころざ)すに値する道標』ではあっても『すがりつく逃げ道』ではなぁぁい!」

「……その意見にも、何の異論もない! 全面的に同意する! 『宗教的観点上の神という概念』に、ある種の『駆け込み寺的な側面』があるのは事実! しかし、尊き主は、決して『逃げ道』ではない! 神を逃げ道にするなどゆるさない! 神は、私に、進むべき道を示してくれた光! この上なく尊き、命の道標!」

 マリスは、魂を込めて叫ぶ。
 『論破しよう』と思っているのではない。
 ただ、ただ、純粋に、
 自分の想いを叫び続ける。

「カンツ! あなたの覚悟と『献身』は尊い!」

 マリスは、カンツを認めている。
 合わない相手だし、苦手ではあるが、
 決して『嫌悪感』は抱いていない。

 ――『カンツが積んできた想い』だって、
 マリスの未来を照らす道標の一つ。

「あなたが積んできた全ては、とてつもなく美しい! わずかも弛(たゆ)むことなく、何千年もの間、自身を磨き続け、頑なに、愚直に、真摯に、『正義の化身』で在り続けたあなたのことを、心から敬愛している!!」

 マリスはカンツを知っている。
 カンツの狂気を知っている。

 というか、ゼノリカにカンツの狂気を知らぬ者はいない。

 狂気的な信念に身を投じ、
 武を磨き続けた男の事を知らぬ者はいない。

 彼が、ゼノリカの中でも、最強格の実力を持っている理由は、
 決して、『冗談みたいなスペシャルを有しているから』ではない。

 彼が圧倒的に強い理由は、
 『休まないウサギしかいないゼノリカ』の中でも、
 一・二を争うほどの卓越した努力家だから。

 確かに、優れたスペシャルを持っている。
 確かに、先天的に優れた肉体を有している。

 しかし、そんなものよりも、
 彼が積んできた覚悟の方が、はるかに尊い。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く