話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 対話(肉体言語)。

 11話 対話(肉体言語)。

 豪快な魔力とオーラに包まれる二人を見て、
 それまで静観していたアルキントゥが、

「――『コスモゾーン・レリックのスペックを確認する模擬戦』ならともかく、九華同士での、本気の殺し合いなど、許容できるはずがないのですが?」

 そう言って、両者の間に割って入る。

 そんな、アルキントゥに対し、
 マリスは、きわめて冷静な口調で、

「……本気の殺し合いなどするはずがない。私たちは、ただ、少し派手な対話をするだけだ」

「がはははは! そのとおり! アルキントゥ、野暮なマネはしなくていい! これから行われるのは、純粋で、無垢な、男同士の話し合い! それだけの話だ!」

「現状は、上から命じられたミッション中ですわ。関係ない私語は謹んでください」

「……関係はあるさ。これから私は『カンツ・ソーヨーシという圧倒的超人との高次戦闘中でも、コスモゾーン・レリックを『意識の奥』へと封じ込めておくことが出来るかどうかの検証』を行う」

「そのとおりだ、アルキントゥ! これから、ワシらは『コスモゾーン・レリックがなんだかんだの検証』をおこなう! 邪魔しないでもらおう!」

「……」

 しぶい顔をするアルキントゥだったが、

「……あまりにも無茶がすぎるようでしたら、すぐに止めに入りますからね」

 そう言ってから、後ろに下がった。

 邪魔がなくなったところで、
 マリスは、

「……カンツ。ついでだから、言っておくが……私は、あなたの『状況次第ではゼノリカと敵対することもありえる』というスタンスに対しても、それなりに憤りを感じている」

 そう言いながら、
 カンツの腹部にガツンと重たい右フックをいれた。

 わずかも避けることなく、
 真正面から受け止めたあと、
 カンツは、

「がはは! もっと、気合を入れて殴ってこい! かゆくもないぞ!」

 そう言いながら、
 マリスの腹部に、
 同じように、右フックをいれた。

 ガツンと、全身に響く強力な一撃。
 耐久力的には、さほど高いわけでもないマリスは、

(――っぐ)

 普通に大きなダメージを受けたが、
 それを表に出すことはなく、

「……あなたのことは尊敬している。だが、あなたは、考え方が、極端すぎるところがある」

「組織には、そういうヤツも必要だ! 全員が同じ方向を見ていたら、不意打ちに気づけない!」

 遠慮なく、言葉と拳をぶつけあう両者。
 まったく高次戦闘ではないが、
 一発一発の火力はハンパではない。

「……その意見に異論はない。それは、ゼノリカの理念でもあるから! しかし、神を冒涜するのは許せない! それは、また話が違う!」

 肉が軋む。

「冒涜と捉えるかどうかは、お前の考え方の問題だ! ワシは自分の視点が間違っているとは思っていない! というか、マリスよ、少し反応が過剰すぎるぞ! 貴様も、センエースという概念は偶像だと思っていた口だろう!」

 骨が唸(うな)る。

「……迂遠な回り道はやめて、ド直球の本音で話そう。あの日、P型とかいう、変態みたいなヤローとの闘いで、私の魂魄に、神が宿った」

 ズガンと響く。

「神化とかいう変身技を会得した件か? 話には聞いているが、使い勝手は悪そうじゃないか! 特定領域内でしか使えない限定的な覚醒技……正直、魅力はあまり感じないな!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く