話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 しょうもない概念の擬人化。

 10話 しょうもない概念の擬人化。

「大きいなぁ! 大きいぞ、ニョグタ! 三至以外で、それほどの大きさを見たのは初めてだ! 強いのか?! 強いんだろうなぁ!!」

「――さあ、センエースよ。私の全てを受け止めてくれ」

 ニョグタは、そう言うと、
 迷いなく、
 カンツの懐に飛び込んだ。

 ニョグタは強かった。
 大きかった。

 ――けれど、その領域に至って、なお、

「……全てを賭して……それでも、届かないのか……」

「貴様は強いよ、ニョグタ。間違いなく、べらぼうに強い。だが、ワシの方が、もう一歩、イカれていた。結局のところ、現状は、それだけの話だ」

 カウンターの背負い投げをくらい、
 豪快に血を吐き出すニョグタ。

 ニョグタの攻撃を、カンツは、真正面から受け止めた。
 つまりは、受け流したう上でのカウンターではなく、
 全てを包み込んで、投げ飛ばしたのだ。

「本当に、信じられない強さだ、センエース」

 ニョグタは、しみじみと、

「貴様ならば、あるいは、この世界の真理に触れられるやもしれん……センエースよ、貴様の器は、私に、そう思わせるほど美しい」

 自身の感想を述べていく。

「何度も言わせるな。ワシはセンエースじゃない。そんなしょうもない『概念の擬人化』と、ワシを一緒にするな」

 そんなカンツの言葉を受けて、
 とうとう、
 ニョグタの『中』にいる者に、
 『限界』がきた。


「……その発言は看過できないな、カンツ・ソーヨーシ」


 九華十傑の第七席ディマイズ・マリスは、
 『その瞬間まで自分の肉体を支配していたニョグタ』を、
 秒で、自身の『奥』へと、引きずりおろすと、
 怒りをあらわに、

「……ニョグタ、貴様もいい加減にしろ。私の主をナメるな。カンツは確かに、とんでもない超人だが、しかし、私の主は、そんな領域にとどまっていない」

 『奥』に封じ込められたニョグタに向かって、
 たんたんと説教をかましていく。

「……愚か極まりない貴様に、主の偉大さを少しだけ教えてやる。私の中で、黙ってみていろ」

 力強く、そう宣言すると、
 マリスは、カンツに、意識と視線を向けて、

「……主を信じるか信じないかは、当人の自由。そこに文句を言う気はさらさらない。しかし、尊き主を『しょうもない概念の擬人化』などと揶揄されていながら、黙っていることは、さすがにできない」

「がははは! だったらどうする? 言っておくが、ワシは、何を言われようと、自分の意見を変えることはないぞ! ワシの頑固さは、ハンパじゃないからなぁ!」

「……知っている。あなたの強情さは、ゼノリカでもトップクラス。だから、話し合いで、現状をどうこうする気は微塵もない」

「つまり?」

「つまりは……」

 そうつぶやきながら、
 マリスは、魔力とオーラを練り上げていく。

 その様を見て、カンツは、

「がはははははは! 本気だな、マリス!」

 豪快に笑ってから、

「ふんっっ!!」

 自身も、魔力とオーラを解放する。

 先ほどまでとは、まったく質の違う輝きに包まれるカンツ。

 豪快な魔力とオーラに包まれる二人を見て、
 それまで静観していたアルキントゥが、

「――『コスモゾーン・レリックのスペックを確認する模擬戦』ならともかく、九華同士での、本気の殺し合いなど、許容できるはずがないのですが?」

 そう言って、両者の間に割って入る。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く