話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 格下。

 5話 格下。

 心臓の鼓動が次第に大きくなっていく。
 張り裂けそうなほどの爆音。

 そんな心臓音の向こうで、
 マリスは確かに聞いた。

『――なんと素晴らしい肉体か。褒めてつかわす。貴様は美しい。貴様と私が一つになれば、アウターゴッドになりえる』

 そんな言葉の直後、
 マリスの全身を、闇色のオーラが包み込む。

 ほとんど一瞬で、マリスの全てを奪ったソレは、


「……ぷはぁ……」


 我がモノ顔で、マリスの体を操り、

「本当に素晴らしい。これほどの器を得られるとは夢にも思っていなかった」

 ニタニタと笑いながら、

「何より素晴らしいのは、相性が完璧という点。……『ディマイズ・マリス』よ、貴様の資質は、私の潜在能力とピッタリとマッチしている。くくく……はははは! いい! いいぞ! もはや、私は、アウターゴッドになったといっても過言ではない!」

 そんなマリスの様子を横目に、
 カンツが、

「貴様、コスモゾーン・レリックだな? 名前はなんだ?」

「……この私に対して、偉そうな口をきくな、醜い猿め」

「がはははは! ワシの美しさが分からない時点で、貴様は三流以下よ!」

 豪快に笑ってから、
 カンツは、

「ちなみに、ワシは、カンツと言う。栄えあるゼノリカの天上、九華十傑の第十席序列14位カンツ・ソーヨーシ」

「……14位? くく……どうやら、ずいぶんな格下のようだな」

「まあ、確かに、上位勢ではないな! がははは!」

 格下扱いされていながら、
 豪快に笑うカンツに対し、
 マリスは、怪訝な顔で、

「……神の御前である。控えよ、格下。私はニョグタ。この世界を統べる神の一柱、グレートオールドワンのコスモゾーン・レリック」

「神を名乗るとは業腹だな! まあ、ワシも、一応、神族を名乗ってはいるがなぁ! そういう意味では、同類か! がははははは!」

「貴様のようなゴミと私を一緒にするな。私は、領域外の超越者『アウターゴッド』にすら届きうる異次元の神。貴様のような虫けらとは比べ物にならない高みにある者」

「いいねぇ! 気高いねぇ! がはははは!」

 豪快に高笑いを決め込んでから、
 カンツは、ニィっと不敵な笑みを強めて、

「さてと、それじゃあ、さっそく見せてもらおうか! 偉大なる神ニョグタ様の実力とやらを!」

 そう言いながら、両手にハンドガンを召喚するカンツ。

「ンーフーフー♪」

 と、愉快に鼻歌を奏でながら、
 『なんの策もない特攻』をかましていく。

 猪突猛進。
 『まっすぐいってぶっとばす』の精神。

 べらぼうな速度で、両手のハンドガンを乱射しながら、
 全速前進の暴走を決め込むカンツ。

 その、キチ〇イじみた速攻を受けて、
 ニョグタは、



「――どばぁあっっ!!!」



 速攻でハチの巣になった。

 全身穴だらけになったニョグタに、
 しかし、カンツは休む事なく弾丸を叩き込み続ける。

「あだだだだだだだっっ!!」

「がはははっ! もっと歌え! 泣き叫べ! がぁーはっはははぁあああ!」

 うたうように、踊るように、
 カンツは、数えきれない弾丸を、
 バカみたいに撃ち続ける。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く