『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 才能という理不尽。

 10話 才能という理不尽。

(魔法のメニューは……あ、あった、あった。とりあえず、スライムは属性魔法に弱いから……火矢を獲得して、あのクソスライムの顔面にたたきこ……ん? 20000?!)

 スライムを倒すべく、
 魔法を習得しようとしたゲンに立ちふさがった難問。
 それは、『才能』という名の狂気的な理不尽!!

(雷属性の魔法は比較的安いけど……それでも、最低1500は必要……もしかして、俺、魔法の才能がない?)

 必要となる『初期ポイント(トリックレベル0の状態)』は『その人間の先天的資質』によって変動する。
 その知識をWRB小説で得ているゲンは、

(WEB小説の主人公と比較すると……魔法だけじゃなく、全体的に、必要なポイントが高い。確か、あの主人公って『才能的にはそこそこ』って扱いだったよな……)

 決して『才能がある』という扱いではなく、
 平々凡々よりは少しマシという程度だった。

 数値だけに焦点をあてた『比較の話』でいくと、
 ゲンの才能は、平々凡々を大きく下回っている。

(……俺、どんだけ才能ねぇんだよ……泣きたくなるな……俺には『突出した才能が一つもない』って事実には、前世の幼児時代から、うっすらと気づいていたが……こうして、数字で目の当たりにすると……ただただつらい……)

 幼いころから知っていた。
 自分には才能がないってこと。
 『才能』とは、ようするにブースター。
 『同じ努力』を積んだ時に『どれだけの差』が生まれるか――それが才能。

 ゲン(センエース)には、それが全くない。

(……まあ、才能がないなら、努力で補ってやるだけだがな……これまでずっとそうやってきた……)

 その結果『とんでもない変態的ド天才』に圧倒的敗北をくらい、一度心がベッキリとへし折れたわけなのだが、しかし、いつまでも折れっぱなしではいられないのがセンエース最大の先天的資質。

 そして、それこそが、ほかのすべての才能をぶっちぎって見せた、至高の資質。

「しかし……まいったな……現状だとスライムの一匹も殺せないのか……まあ、そうだよな。俺、まだ二歳児だし……手とか、こんなちっさいし……」

 自分の両手を見つめてタメ息をつく。
 あまりにも小さいおてて。
 プッシュアップをしようにも、一回とて体を支えることができない細すぎる腕。
 ちょっと本腰を入れて動こうとすると、簡単に転倒するバランスの悪い体躯。

「しかし、だからって、ノホホンと子供時代を過ごすわけにはいかない……『不老不死のスペシャル』さえ獲得できれば、それ以降は焦る必要なんか無いが、不老不死が取れないと、90歳前後で死んでしまう……」

 『不老不死のスペシャル』を獲得するのに必要な努力ポイントは、
 なんと、驚愕の15億ポイント。
 ノホホンと生きていては届かない数字。

「不老不死さえ獲得できれば、あとはいくらでも時間を使える。よって、最優先は、不老不死をとること……しかし、15億というボッタクリ的数値である以上、ダラダラ生きていたら、取れるわけがない……今のうちから、計画的に、かつ、貪欲に、努力ポイントをためていかないと、間違いなく、獲得する前に死ぬ……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く