『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 完全支配。

 34話 完全支配。

「コスモゾーン・レリック……正式に装備してみると、その性能がよくわかった。なるほど、破格のアイテムだ……『虹気』を使えるようになるってだけで十分破格だが、そもそものスペックが極めて高い」

 握りしめている斧を見ながら、ボソっとそうつぶやいたバロールに、
 ミシャが、

「どうやら完全に支配できたようね」


「はっ。すでにシアエガは、完全に、私と『一つ』になっております」


 そう言いながら、バロールは、シアエガを自分の『中』へとしまいこむ。
 今後、バロールは、いつでもシアエガを召喚し扱うことができるようになった。

 バロールが理解したコスモゾーン・レリック『シアエガ』の利点は2点。
 ・『武器』としてのスペックが極めて高い。
 ・『虹気』がつかえるようになる。

 基本的にはこの2点だが、
 しかし、バロールは思う。

 このコスモゾーン・レリックというアイテムには、
 まだ、『何か』がある、と。

(……だが、その『何か』がなんなのか、いまのところわからないな……もっと、とてつもない力を引き出せそうだが、そのトリガーは不明……んー……)

 と、心の中でつぶやいていると、
 ミシャが、

「で? 『情報』は引き出せそう?」

「試みてはおりますが……シアエガは『特に有用な情報』は持ち合わせていない様子でございます。われわれが事前調査で得た情報に、多少プラスアルファがある程度でしかありません」

「――コスモゾーン・レリックとはいえ、この世界の深部に関する知識はない……と」

「そのようでございます」

「ふむ……まあ、でも、それはそれで重要な情報ね」

 言いながら、ミシャは、天を仰ぎ、

「今回のミッションで、ずいぶんと情報が集まったわ。この世界の中層以下は、そこまで脅威ではないということ。深部の情報は、もっと踏み込まなければ入手できないということ」

 ウムルは強大な敵で、
 ラスボスも強大な敵。

 だが、現時点で判明している『目がくらむほど強大な敵』はその程度。

 コスモゾーン・レリックは確かに脅威。
 『全ての力』を発揮されると、なかなか厄介――だが、
 しかし『ゼノリカの天上』ならば対処できる範囲だし、そもそも、コスモゾーン・レリックも、そこらにゴロゴロ転がっているというわけではない。

 ゼノリカが散々調査した結果、
 所在が判明したのは、今回のシアエガだけだった。

 具体的には、
 『シロアリが所有している可能性がある』
 『コスモゾーン・レリックは、【強者】が使用すると【魂魄を喰われる可能性】がある、ある種の呪われたアイテムだから、トップが所有しているのではなく、部下に持たせている可能性もある』
 という二点の情報を掴んだ。

 ガタラ程度なら、コスモゾーン・レリックも興味をしめさないので、
 『厄介な条件』を満たすだけで使用できるが、
 『シロアリの代表級』の力があると、奪われる可能性がある。
 だから、シロアリでは、『頭と武、両方、もろもろちょうどいいガタラ』がコスモゾーン・レリックを所有していた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く