『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 俺は、P型センエース3号。


 8話 俺は、P型センエース3号。

「俺に敗北を認めさせない限り……永遠に、リーン・サクリファイス・ゾーンが解放されることはない」

 そんなことを言い出した。
 ゴートは、少しホっとしながら、

「急に説明してくれんのか。『唐突すぎてワケがわからない』って現状に変化はないが……けど、まあ、助かった。さあ、もっと、いろいろと教えてくれ。『敗北を認めさせる』ってのは、殺せってことか? それとも、287期ハンター試験の最終試験みたいに、殺したらアウトか?」



「俺は……ゴート・ラムド・セノワールの剣……」



「ぉ、ぉお……」

 まったく会話になっておらず、
 だから、ただひたすらに困惑するしかないゴート。
 しかし、リーンの命がかかっているため、
 投げ出すこともできず、
 だから、ゴートは根気よく、

「んー、え~っと……うん、OK、OK。なるほど、わからんけど、まあ、うん……お前は俺の剣。オールオッケーだ。さあ、次の情報に行こう。できれば、もう少し、かみくだいて説明してほしいな。さあ、深呼吸してぇ……ゆっくり、丁寧に……『この面倒ごと』の『処理方法』について解説してくれ」

「俺はP型センエース3号……それ以上でも、それ以下でもない……」

「おい、急に投げやりになるなよ。もう少し頑張って――」

 と、そこまで言った時点で、
 P型センエース3号の視線がキっと強まって、

「俺は! ゴート・ラムド・セノワールを倒す者!!」

 そう叫びながら、
 両手にオーラを込めながら、殴りかかってきた。

「……おいおい……お前は、俺の剣じゃなかったのか? 俺の剣なのか、俺の敵なのか、別にどっちでもいいんだが、しかし、せめて、どっちかにはキャラを決めてくれや」

 鬱陶しそうな顔をして、
 ゴートは、P型センエース3号の拳をよけた。

 プロパティアイでステータスを見ることも、サイコイヴ‐システムで解析することもできなかったが、しかし、一度でも殴り合えば、だいたいの力量くらいはわかる。

(存在値的に言うと……『10』くらいか……なんで、こんなカスを解析できないのかわからないが……)

 と心の中でつぶやきながら、
 ゴートは、P型センエース3号の攻撃を、ササっといなしていく。

 P型センエース3号の存在値は10前後。
 つまりは、本気で相手をするまでもない虫ケラ。
 だが、ゆえに、

(こいつが、本当に、リーンを開放するためのカギなら……おそらく、『殺害』は悪手……なぜならば、『こいつを殺すこと』はあまりにも簡単すぎるから。ここまで手の込んだ『いやがらせ』を仕掛けてくるヤツが、そんな簡単な条件を課すわけがねぇ……つまりは確定でワナ)

 そう深読みしてしまう。
 そして、だからこそ、ゴートには手がなくなってしまう。

(敗北を認めさせる……キチンと実行しようと思うと、なかなか手段が難しいミッション……『ゴ〇さん』みたいに、ボコボコにしようがどうしようが頑として『認めない』と言い張られてしまうと手がなくなる……こんな完全にイっちゃっているようなヤツに拷問したところで、おそらく効果はないだろうし……やべぇな……このミッション、意外と前提で詰んでるぞ……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く