『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 P型センキー、降臨っっ!!


 33話 P型センキー、降臨っっ!!


「真・究極超神化6!!!」


 真・究極超神化6を使ったP型センエース2号の姿を見て、
 センエースは、ボソっと、

「確か、絶死を積んでいないP型センエース1号の出力は、素の究極超神化6程度が関の山だったはず……ふっ、なるほど、確かに、お前は、P型センエース1号の上位互換だ」

「出力だけではない。絶死を積み、お前と闘った事で、戦闘力も飛躍的に向上した。Pセルを想像するといい。アレが今の俺だ」

「へぇ」

「できれば、究極超神化7に変身したお前とも闘い、最後の最後まで戦闘力を底上げして欲しかったんだが……あの糞ヘタレが……」

 吐き捨てるようにそう言うP型センエース2号。
 しかし、すぐに、表情を戻して、

「まあ、仮に、あいつが究極超神化7を使ったお前と闘っていたとしても、最終的な結果にたいして変化はなかったがな。所詮、P型センエース1号の役割は、器をつくることだけ……というより『受け皿』をつくることだけだったから」

「受け皿ねぇ。……ちなみに、それは、どういう意味だ? 幼稚園児にでもわかるよう、かみ砕いて説明してくれ」

「悪いニュースはまだ終わっていないということだ」

 ニっと笑い、
 P型センエース2号は、

「本当の絶望を教えてやる。これまでに、お前が食らってきた絶望とは比べ物にならない。本当の絶望……」

 言いながら、右手を地に向けて、

「――【ソンキー・シャドー(マニアクス)】召喚――」

 宣言すると、
 地面に浮かび上がったジオメトリから、
 圧倒的に神々しいオーラを放っている神の影が召喚された。
 ケタ違いに静寂な神気を纏うワンダフルなイケメン。

 P型センエース2号は、ソンキー・シャドー(マニアクス)を召喚すると同時、
 ソンキー・シャドー(マニアクス)に両手を向けて、

「はぁああ……」

 オーラを極限まで練り上げてから、



「――スピリット・ファンクション、強制執行っっっ!!」



 【1 OUGP】という『凶悪な単位』のGODポイントを必要とする謎の技。
 スピリット・ファンクションが強制執行されたことにより、
 ソンキー・シャドー(マニアクス)の全身が、神々しい光に包まれた。

 それを確認すると、
 P型センエース2号は微笑んで、

(よし……無事、本物とほぼ同じ存在値&戦闘力と、プライマルプラチナスペシャル『共鳴融合』を顕現させることに成功……あとは……)

 そのままの勢いで、
 続けて、


「ミラブルース・アマルガメーション!!」


 『召喚獣と融合できる魔法』を使用する。
 P型センエース2号と、ソンキー・シャドー(マニアクス)の両者は、
 互いに、神々しい光を放つ粒子となって混ざり合う。

 目がくらむような、荘厳な輝きが放出され、
 カっと、まばゆく世界が光る。

 その光が収束した時、
 そこには、


「……成功……完璧……」


 すさまじいオーラに包まれながら恍惚の表情で天を仰いでいる『歪な神』が顕現していた。

 歪な神『P型センキー』は、スゥと息を吸ってから、
 センエースをにらみつけ、

「俺は、P型センエース2号でも、ソンキー・シャドー(マニアクス)でもない。俺は貴様を倒すものだ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く