『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 センエースの前に立つ資格がない。


 7話 センエースの前に立つ資格がない。

 ドコスの死を目の当たりにして、
 まるで、リモコンのスイッチでも押されたみたいに、
 カルシィとエーパの脳内で、
 ドコスとの思い出が走馬灯のように流れていった。

 寂寞(せきばく)とか、
 沈鬱(ちんうつ)とか、
 憂患(ゆうかん)とか、
 真正面の虚無感とか、
 純粋な悲痛とか、
 色々なものが、
 溢れて、弾けて……

 心が凍結したみたいに、
 全身が冷たくなって、

 ただ、ただ、涙がこぼれた。
 理性と感情がないまぜになって、
 彼女達の『中』がいっぱいいっぱいになって……



「その悲しみごと殺してやるさ」



 言って、
 ボーレは、先ほどと同じように、
 いっさいの迷いもためらいもなく、
 エーパの首から上を、無残に吹き飛ばした。

 痛みを感じる余地すらない瞬殺。

 残されたカルシィは、

「……ぁ……」

 喉が詰まっていた。
 こぼれる涙と、
 震える体。

 脳内がグチャグチャになっていた。
 現状がまったく理解できない。

「……なんで……」

 なんの意味もない問いかけ。
 もし、仮に、答えを得たところで、本当に無意味な問い。

 ドコスとエーパは死んだ。
 その現実は変わらない。
 そして、
 直後、

「なんで、か。きわめて愚かな問いだな」

 カルシィの体が、グラリと倒れた。
 あまりに一瞬の出来事すぎて、気付かなかったが、
 首から上がなくなっていた。

 ドサリと、肉が地に落ちる音だけが静かに響いた。

 転がっている三つの屍。
 そんなゴミに、一瞥をくれることもなく、
 ボーレは、ピーツに、

「何か言いたいことはあるか?」

 そう問いかけながら、掴んでいる手を離した。

「ぶはっ!」

 解放され、思いっきり空気を吸い込んでから、
 ピーツは、

「てめぇえ! ふざけんなぁ、ごらぁあ!!」

 特に魔力もオーラも込められていない、ただ力一杯握っただけの拳を、ボーレの顔面に向けて叩きこむ。

 バキッッっと、重たい音がして、
 ピーツの手の骨が折れた。
 前腕の骨にもヒビが入っている。
 神経が悲鳴をあげた。

 激烈な痛みだったが、
 溢れ出るホルモンのせいか、
 余裕で我慢できてしまう。

 涙は流れたが、痛みにへたれこむことはない。


「何がしたいんだよ! なんで、あの三人を殺した! 意味がわからない!」

「邪魔だから、鬱陶しいから、だから、掃除した。それ以外の理由はない」

「……ふざけ……っざっけんあぁああ!」

 二度、三度と、
 ピーツは、ボーレに殴りかかった。

 もちろん、ボーレにダメージなど通らない。
 ピーツの行動は、ただただ、自身の骨をいじめているだけ。

 携帯ドラゴンを失ったピーツは、本当にただの落ちこぼれ。
 魔法のセンスゼロで、現状では剣もろくに扱えない、
 本当の本当に、なんの力も持たないただのガキ。

「……絶望を前にして……知人の死を前にして……しかし、一向に『開く気配』すらなし……だめだな……本当に貴様は使い物にならない。センエースの前に立つ資格がない」

「何言ってんだよ、てめぇ! さっきから、ほんと、なにひとつわけわかんねぇんだよ! てめぇ、何がしてぇんだよ!!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く