『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

124話 俺は究極超神の序列二位……


 124話 俺は究極超神の序列二位……

「俺は間違いなく天才だ! ガチャは裏技で鬼引きしまくった! なにより、俺は、究極超神ソンキーの手ほどきをうけたんだぞ! あれだけ強い神様から武を学んだんだ! 才能があって、裏技も使って、神の贔屓も受けたのに!! なのに、なんで! なんで、こんな! こんなのゲームとして成立してねぇ! 不条理なんてもんじゃねぇ!」

「上には上がいて、貴様は、その領域に届いていない。それだけのこと。わめくほどのことじゃない」

 そこで、アダムは、鼻で笑い、

「そもそも、ソンキーなど、たいしたことがない。元最強神と肩書は大層だが、しょせんは、主上様に敗れた数多くのザコの一つに過ぎない……それだけの話」

 と、そう言い切ったその時、







 ――謳(うた)うじゃねぇか――







 声が響いた。
 天上の詩。
 凶悪なイケボ。

 ふわりあそばせ、そよと届く。

 その場にいる誰もが、天を仰いだ。
 空には、亀裂が入っていた。

 亀裂は、二つ。
 十字に刻まれて、バチバチと電流を纏っている。


 十字の亀裂は次第に膨らんで、
 その中心から光が降りた。





「この俺をザコ扱いとは……豪気だな、伊達女……」




 降りた光は、驚くほど端正な顔立ちをした神だった。
 ジャミも相当だったが、一つ次元が違った。
 狂気すら感じさせる極上のイケメン。

 あまりに神々しい、その姿を目の当たりにしたトウシは、

(あれは……ソンキー……いや、違う……オーラが違う……ワシが知っとるソンキーとは、輝きが……全然……まさか……)

 そこで、
 トウシは、
 彼に問う。

「あんたは……もしかして……本物の……」

 トウシの問いを受けて、
 彼は、瀟洒に口を開く。





「俺は究極超神の序列二位。神界の深淵に巣食う宵闇。自縛を司る修羅にして、乱れ咲く銀の流星。彷徨(さまよ)う冒涜(ぼうとく)、ソンキー・ウルギ・アース」





 ソンキーの名乗り口上を受けて、
 アダムが、

「ふん……次元を裂いてまで介入してくるとは……ぶしつけな男だ。どうやら、主上様から聞いていた通りの、空気が読めない大バカ野郎らしい」

「ハシャぐじゃねぇか。俺を相手に、それだけナメた口をきける命知らずはそういない。流石は、あの『ド変態』の側仕え。イカれたやつの側には、イカれたヤツが集まる」

 言葉の殴りあいを経て、
 二人は視線で殺し合う。
 バチバチと、天上の睨みあい。

 ――数秒を重ねた後で、アダムが言う。

「で、何しにきた? 見ての通り、私は子守りで忙しい。貴様のような戦闘バカの相手をしている暇はないのだが?」

「俺のソウルレリーフとレアなシナジーを魅せているそのガキを見て、わずかに……しかし確かな可能性を感じた。長く、俺を煩わせている『巨大な壁』を壊せる可能性。だから、きた……そのガキは俺を開くかもしれない。まあ、とはいえ……」

 そう言うと、ソンキーは、ゆっくりと、トウシの目の前まで歩き、
 トウシの目をジっとみつめ、

「あの酔狂女ごときに負けているようでは話にならない。というわけで、乗り越えてみせろ。そうすれば、お前という可能性を正式に認めてやる」

「……か、勝てんよ、今のワシではアダムには。……まったくもって力が足りん……」

「そんな事は知っている。お前という概念は、まだ、『究極』の域に達していない。そして、その壁は、今日・明日という短い時間で破れるものではない。100年や、1000年、あるいは、万や億といった永き時を積み重ねた先に辿りつける最果ての領域。それが、『この俺』や『そこにいるイカれ女』や『噂のド変態』が立っている異次元」

「……なら、今のワシでは到底……」

 弱さを口にしようとするトウシを、
 ソンキーは制するように、
 その輝く右手を、トウシの胸にあてて、


「一度だけだ」



「……え」



「一度だけ、お前の強化パーツになってやる。誇るがいい。お前は、この俺に、その『ありえない決断』をさせるほどの可能性を示した。それは、他の誰にも成しえないこと。お前は不可能を可能にしてみせた」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    本当に、もうしわけない!!
    大事なところなのに!
    本当に、もうしわけございません!!

    それと、たくさんの感想、本当にありがとうございます!

    ここのサイトでは、心が痛くなる辛辣な暴言を浴びることが多く、
    感想を見るのが怖いのですが、
    キャベツ太郎さんは、いつも、うれしいお言葉をくれて、
    本当に感謝しております(*´▽`*)

    ほんとうに、ほんとうに、ありがとう!!

    1
  • キャベツ太郎

    あれ?順番ミスってた?

    1
コメントを書く