『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

75話 紙一重。


 75話 紙一重。

 岡葉は、
 ダっと地面を蹴りあげて、一気にミシャとの距離をつめると、
 『右手に召喚した剣』を振り上げ、

「うらぁあああああ!」

 血走った目でそう叫びながら、振り下ろした。
 迷いのない、まっすぐな、力強い一刀。

 その剣を、ミシャは、

「主の命だから、投げる気はないけれど……『これ』の相手をしなければいけないというのは……正直、気が滅入るわね……」

 ゆるやかに、紙一重のところ、
 スっと、半身で、剣を避ける。

「っ……ぃ、一撃じゃ終わらないぞ!」

 避けられたからといってひるみはしない。
 その程度は想定の範囲内。
 岡葉は、体を回転させて剣をブンブン振りまわす。

「くっ! うらぁあ! ぬん!」

 けれど、

「……はぁ……はぁ……マジかぁ……全然、あたる気がしない……」

「そのノロすぎる剣には『当たる方が難しい』わね。寝ていても当たるのは難しそう」

「……それが本当だとしたら……ボクじゃ、あなたに対して、何もできそうにないんだけど……」

「当たり前の話をしないように。あなたと私では存在の次元が違うのよ」

「……そ、そうですか……」

 絶望のあまり、顔をヒクつかせることしかできない岡葉。

 ――と、そこで、

「岡葉、さがれ。ワシがやる」

 トウシが、トランスフォームをしながら、前に出て、

「ワシの場合でも、殺しはせんって約束してくれるんかな?」

「ええ、もちろん。私からすれば、あなたも、そこの少年も大差ないもの」

「……あんた、そんな高い場所におんの? ……それ、ほんまやったら、お手上げなんやけどなぁ……」

 トウシは、ボソっとそう言ってから、

「フルチャージ!!」

 全スペックを上昇させるスキルを使い、
 全身を躍動させて殴りかかった。

 岡葉とは比べ物にならない速度だったが、

「ふぁ~あ」

 ミシャは、岡葉を相手にしていた時とさほど変わらない、ゆったりとした動きで、トウシの攻撃をヒラヒラと避ける。

 十秒ほど、攻撃を完全回避された事を受けて、
 トウシは、

「ちょっ、待ってくれや……ぇ、ホンマに? マジで、このレベル? ウソやろ……」

「サービスタイムはまだ残っているわよ? ほらほら、色々な攻撃を試して、私の対策を考えないと」

「……」

「ちなみに、次のイベント内容だけれど、まず、前哨戦として、30000のガキどもと、あなたたち全員で、ガチンコの携帯ドラゴン戦争をしてもらうわ」

「「「「「……」」」」」

「その戦争に生き残れたら私と闘える……という2部構成よ。どう? 楽しそうでしょう?」

「「「「「「……」」」」」」

「さて、『攻撃を避けるだけ』だと、私の力がよく分からないと思うから、少しだけ、攻撃してみるわね。大丈夫、心配しなくても『寸止め』するから、死にはしないわ」

 そう言った直後、ミシャの体がシュンと消えた。

 直後、ザラっと音がした。
 グニャリと頭部が歪む音が確かに聞こえた。
 『頭蓋骨が砕け、同時に、中の脳味噌がひねりつぶされた』と間違いなく理解できた。




(――死――)




 脳の深部が、己の死を受理した。
 『死んだ』という、完全で絶対的な認識に包まれたトウシ。
 しかし、

「……ぇ、あれ?」

 トウシは生きていた。
 いまだ、死の感覚は心の深部にこびりついているが、
 体は死んでいない。
 殺されたのは心だけ――

「寸止めをすると言ったはずよ」

 気付けば左隣に立っていたミシャが、
 その小さな拳を、一度、コツンと、トウシの側頭部にあてて、

「さっきの攻撃が……こうやって、ちゃんと当たっていたら、あなたの頭は爆散していたわ。よかったわね、私が本気じゃなくて」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く