『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

72話 誤審。


 72話 誤審。

「対峙したワシには分かる。その神様の圧力は次元違いや。ワシは、この距離……18メートルも離れとるのに、ビビって動けんようになりかけた。それにくらべて、お前は、ゼロ距離やのにガツンと抵抗してみせた……カッコええやないか」

 熱量が跳ねあがった。
 押された背中、受け取ったエール、そして、湧き上がる敬意。
 『独(ひと)り』では得られない『全部』を背負って、
 トウシはグっと足をあげた。

「いくぞ、神様ぁあああ! これが、ワシの! 全部じゃぁああああ!」

 背負った全部を指先に乗せた。
 ビリビリと、全身に謎の電流が走った。

 全てが一致したような気がした。

 放たれた入魂の一球は、


 ギュンッッッ!


 と、凶悪かつ暴力的に加速して、





 ズバァアアアアアアアン!





 と、ミットに収まった。

 文句のない、ど真ん中のストレート。
 完全なる見逃しの三振。

「しゃあああああ! どうじゃ、ごらぁあああ!」

 歓喜を叫ぶトウシ。
 その衝動に押されて、神話狩りのメンバーも大声で歓声を上げた。

 ――その状況を受けて、
 虹宮(モンジン)は、


「……ボールだな」


 ボソっと、そう言った。

 それを聞いたトウシは、

「はぁ?! なに言うてんねん! 完全にど真ん中やないか!」

「ぃ、いやいや、何言っているんですか、トウシさん。ボールですよ。そ、そうじゃなきゃ、俺が見逃すわけないじゃないですかぁ。いやだなぁ、ははは。さ、というわけで、仕切り直しといきましょうか、トウシさん」

「なに、目ぇ泳がせながら、ナメたことほざいてんねん。ふざけんなよ、おい」

 怒鳴るトウシから視線をそらして、
 虹宮(モンジン)は、審判であるアダムに、

「な、ボールだよな? ボールだったろ? ボール以外のナニモノでもなかったよな? お前は見間違えたりしないよな? だって、俺の配下だもんな? お前は、神の王である、この俺の、配下だもんな? な?」

「徹底して配下に圧力かけていくスタイルとか……きたなすぎるやろ! そんな、理不尽が――」

 と、文句が止まらないトウシだったが、



「主上様……申し訳ございません。貴方様の、『贔屓はするな』という命令を破ることはできません……」



 アダムのその発言で、トウシはピタっと黙った。

「入っていました。……三振です……」

 アダムの発言を受けて、
 虹宮(モンジン)は、

「アダム……心して答えろ。お前は、『誰』の『何』だ?」

「貴方様のシモベでございます」

「……なら、答えは決まっているはずだ」

「はい」

 返事をしてから、アダムは、グっと顎をあげて、虹宮(モンジン)の目を見つめ、

「貴方様の命令に、私は絶対に背きません。……主上様の……負けでございます」

 その強い視線を受けて、
 虹宮(モンジン)は、

「はぁ……」

 と、一度、深く溜息をついて、

「まったく、とんでもない誤審だな。誤審とかナイわー。けど、まあ、誤審だから、しかたない……あーあ、勝っていたのになぁ。余裕で勝っていたのに……こんなところで、ド級の誤審をくらうとはなぁ……」

 やれやれと首を振ってから、
 虹宮(モンジン)は、トウシを指さし、

「いいか、トウシ。俺が負けたワケじゃない。これは、ただの誤審。そこのところ、勘違いするなよ」

「……」

「なんだ、その目は。何か言いたいことでも?」

「いえ……なにも」

 そこで、トウシは、これ以上、虹宮(モンジン)の神経に触れないよう、慎重に言葉を選び、

「誤審とはいえ、勝ててよかったです」

 そう言った。
 その態度を受けて、虹宮(モンジン)は、
 期限良さそうに、ニっと微笑み、

「わかっているじゃないか。くるしゅうない。その殊勝な態度に免じて、俺に対して調子こいた件は忘れてやろう」

「……………………あざーす」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    いや、センさん今回はどんなハンデ自らに課せていたのか気になりますなぁー。

    1
コメントを書く