『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 久しぶりの彼。


 10話 久しぶりの彼。


(ぁ、ありえ……ねぇ……な、なんだ、あの虫……)



 その中型犬サイズの羽サソリは、観察するように、『光を反射している真っ白な五つの目』でゴートを見ていたが、襲ってきたりはせず、数秒後、ゴートから距離を取るように、ゴートから視線は外さないまま、どこかへ飛んでいった。

(……ぉ、おい、これ……もしかして、ヤバい事になったんじゃ……)

 血の気がひく。
 心が、はやる。
 だから、

「リーン……」

 そこからゴートは、青い顔になって、
 必死に、リーンの行方と出口を探しまわった。

 走り回った先で見つけた大きな階段を駆け上がり、
 長い廊下をまっすぐに進んだところで、
 ゴートは、巨大な広間に出た。

 そこで、ゴートは、
 『ヤツ』から声をかけられる。





「やあ、センくん。そんなに慌てて、いったい、どうしたのかな?」





「……蝉……原……」

 巨大な広間の最奥で、玉座に腰かけて、優雅に足を組んでいる男が一人。

 蝉原勇吾。
 センエースの同郷で幼馴染(中学が同じ)。
 この世に二人しか存在しない、『ゴートを折った男』の一人。
 一つの世界を崩壊させた宇宙一のヤクザ。

 そんなヤクザの周囲には、
 先ほどの『異常な存在値を持つ虫』が、



 ――山ほどいた。



 10や20じゃない。
 存在値『1000億』を超えているバケモノが、
 全部で『10000体』!


「もしかして、この子を探していたのかな?」

 言いながら、蝉原は、足下に転がっているリーンの顔を踏みつける。
 ミシリと圧力がかかる音。
 呻き声をあげるリーン。

 その光景を見て、グワァっと熱くなったゴートは、

「蝉原……言いたい事は色々あるが、とりあえず、まずはリーンを離せ」
「君の命令を聞かなきゃいけない理由がなさすぎる」

「では、言いかえよう。殺されたくなかったら、リーンを離せ」
「君じゃ俺は殺せない」



「……これを見ても、同じ事が言えるか?」



 言ってから、ゴートは全身にオーラを充満させる。
 一気に膨れ上がる生命の炎。
 内包されている『ケタ違いの輝き』を、惜しみなく御披露目(おひろめ)。
 『EXレベル9兆』を超えている強大なオーラ。
 ステータスカンストの絶大な力!

 ――しかし、蝉原は、悠然としたまま、



「ソレを見ても、同じ事が……言えるんだなぁ、これが」



 言いながら、蝉原は、指をパチンと鳴らした。
 すると、それまでは蝉原の周囲でジっとしていた虫――『バグ』たちが、
 ブブブブッと、音をたてて、いっせいに飛び上がり、
 ゴートを、その真っ白な五つの目で睨みつける。


「もしかして、そいつらが……お前に、『あのふざけた力(故郷を狂わした力)』をあたえた『バグ』ってやつか?」


「んー、違うね。こいつらは『究極完全態グレート・バグ』。俺に力を与えたバグのスーパーサ〇ヤ人3バージョンって感じだよ」

「……」

「こいつらが『俺に力を与えている』って点に関しては、その通り。こいつらは、なぜか、俺に対して、無尽蔵に力を与えてくれる。……ああ、そうそう。これは、最初に言っておかないと」

 そこで、蝉原は、コホンとセキをして、

「あのね、センくん。――実のところ、俺は、今の自分の状況を、あまり理解していないんだ」

「あ? それは……どういう意味だ?」

「あの日、バグの暴走で『全てが消えた』と理解できた直後、気付けば、俺はここにいた。そして、いつか、こうして『君がここにくる』ということを、なぜか『理解』していて……その時をジっと待って……で、今に至る。それだけなんだよ。だから、俺に質問とかはしないでね。意味ないから。何を聞かれても、知らないから答えようがない。こいつら『グレート・バグ』に関しても、『超絶強くなった』って情報以外は持ち合わせていない」

「……それが事実だと仮定して」

「完全な事実だけど……まあいいや。『信じる・信じない』なんて、いつだって、個々の自由。で? 俺の話が事実だと仮定して、なにかな?」

「お前の目的はなんだ?」



「君を殺す事だよ、センくん」



「……なんでだ? 『俺を殺す事』を目的にしている『理由』はなんだ? 『俺』が『お前を恨む理由』は山ほどあるが、『お前』が『俺を恨む理由』はないはずだ」

「そうだねぇ。確かにその通りだ」

「じゃあ、なんで……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く