『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

89話 救援要請。


 89話 救援要請。


 一次試験が始まってから既に2時間以上が経過していた。
 センからすれば、本当に、ただ立っているだけに等しい、このクソ試験。

 『面倒臭い事』と言ったら、『神としてのマナーで、苦しそうな演技をしなければいけない』というその一点のみ。

(かったるすぎるな……)

 センが心の中で、アクビをかみ殺していると、

 そこに、


(――ザザザザザザザ――ザ――ぁあっ、ん、あっ――ぉ、お爺様! よかった、やっと繋がった……)


 銃崎心理から、通信が入って、センは、意識を傾ける。

(心理? どうした? 何かあったのか?)

(はい。実は――)

 そこで、簡単に事情を聞いたセンは、

(はぁ? バカな……そんな事があったなら、俺が感知できないワケ……)

 そこで、センは、禁域にアクセスしようとしてみた。
 しかし、

(っ)

 何をしようとしても弾かれてしまう事に、ようやく気付く。
 少し踏み込んでみれば、今まで、『禁域』に意識が向かないように指向コントロールが施されていた事にも気付いた。

 これらすべて、センに対する明らかな敵対行為。
 それも、おそろしく超次の――

(なるほど、理解した……つまり、今、お前らは、俺の『意識』を弾くほどの相手と闘っているってワケか……)

(はい……お爺様の御手を煩わせるのは、大変心苦しいのですが、この敵は、われわれだけではいかんとも――)

(そのカスは俺の敵だ。『お前らが相手をしようとしている』というのが、そもそも間違っている。ぁ、いや、そんな『前提について』なんか、今はどうでもいい。そんなことより、お前の話だと、まだ全員、生きているんだな? 誰も死んでいないな?)

(はい、どうやらやつは、我らを支配下において、力を吸収するつもりらしく――)

 そこからも、数秒ほどで、ある程度の説明を簡単に受けると、

(理解した。すぐに行く)

 試験中であることなど完全に忘れ、
 センが瞬間移動をしようとした、
 その時、



(センッッ!!)



 心に響いた大声。
 名前を呼ばれて、センは踏みとどまる。
 『心を殴られたんじゃないか』と錯覚するほどの、超大声での通信。
 声の主は、もちろん、シューリ・スピリット・アース。
 センを呼び捨てに出来る者は限られている。

 空間が痺れる大声で、脳内がグワングワンしているセンに、
 シューリは言う。


(動いちゃダメでちゅよぉ。こんなクソ試験を来年もまた受けるなんて、冗談じゃないでちゅ)

(……動くなだと? はぁ? ふざけたことぬかすな)

 センは、若干切れ気味の声で、

(そのP型とかいうワケわかんねぇクズが暴れている場所は、俺ん家の庭だぞ。家主の俺が、ここで『動かない』なんて選択肢はありえな――)

(オイちゃんがシメてきまちゅから、試験を続行してくだちゃい)

 その発言を受けて、センは、

(……ま、マジで言ってんのか……ウソだろ……お前が、そんな雑用をやるわけ――)

 心底から驚愕した声を出したセンに、
 シューリは言う。

(来年、また、このクソ試験を受け直すよりは、アホを殺す作業の方が、まだマシでちゅ)

(……ほ、ほんとうに頼んでいいのか、シューリ)

 すがるような声で、そう言われて、
 シューリは、少しだけ、だらしなく口元を緩ませて、

(はっ……ほんと、世話の焼ける男でちゅねぇ。基本、オイちゃんがいないと、何もできないんでちゅから。やれやれ)

 そう言うと、瞬間移動で、その場から消えた。

 ――それを確認してから、センは、

(アダム)

(――はっ)

(悪いが、シューリと一緒に、禁域での面倒事を処理してきてくれ。ありえないとは思うが、もしもの時は、あいつを助けてやってくれ。頼む)

(御命令、しかと承りました。しかるべく対処してまいります)

(頼んだぞ)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    やっと、ていうか一応は動いてないんだけど気づいた。P型はシューリに勝てるのかどうかってずっと悩んでたけど、神闘が出来ないけど(それはP型もだけど)存在値だけなら、シューリやセンよりも高いアダムのことは考えているのか…

    2
コメントを書く