『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

83話 当たり前のように。


 83話 当たり前のように。


「こんだけ色々を注いだ異次元砲を、ここまで簡単に受け止められて、今、俺は、猛烈にショックを受けている」


「うぐぐぐ……うぐぐぐぐぐぐぐ!」


「……だが、さすがに、もう、そろそろ、この茶番も終わりそうだな。いやぁ、本当に鬱陶しかったよ、ミシャンド/ラ」

「うぐ……ぬぅう!」

 P型センエース1号の異次元砲を、己の異次元砲で受け止める事で、どうにか必死に耐えているミシャ。
 気を抜けば、そのまま、影すら残らず、オーラの渦に飲み込まれてしまうだろう。
 そんな中で、
 ミシャは、
 想いを叫ぶ!

 『P型センエース1号の呪縛ごときで動けなくなっている者達』に向けて、

「私の声が! 聞こえているか!」

 心の奥から湧き出る言葉を投げかける!

「立ちあがり方を忘れたとは言わさない! 『諦める』という弱さの忘れ方は、誰よりも知っているはずだ! もし、まだ『本当には理解できていなかった』というのなら、ここで、きちんと、心に刻め! これほどの絶望的状況下でも! 当たり前のように勇気を叫ぶ! それが! この上なく尊き神の意思を……セン様の意思を継ぐと言うことだ!!」


 だんだんと押し負けてきているミシャの異次元砲。
 あとちょっとで飲み込まれてしまう。
 ――そんな絶望の中でも、ミシャの目は、わずかも光を失っていない!



「苦しくて、辛くて、暗くて、恐くて! だから、もう一歩も動けなくて! そんな時! たった一人! 最後まで、私達の前に立ってくれていた王! 『助けてくれ』って悲鳴を! 『もう無理だ』って慟哭(どうこく)を! 全部、まとめて、引き受けてくれた神の王!」

 ミシャの魂魄の最奥で、『センエース』が強く輝く。

「誰もが明日を諦めて! 終わりのない暗闇に沈みそうになって! そんな時、誰よりもボロボロになって! 誰よりも前に立って! だから、当然、誰よりも苦しくて、辛くて、暗くて、恐いはずなのに! それでも! 歯を食いしばって立ちあがってくれた、大きな背中! その強き意志を! 『その尊き想い』を『継承する』という事の意味を!! 思い出せぇええええええええ!」



 そんなミシャに、P型センエース1号は言う。

「はっ……『ただ誰よりも現実が見えていないバカ』ってだけのくせに、ずいぶんと、上から偉そうな事をほざくじゃねぇか。お前みたいな『勘違い女』が俺は大嫌いだ」

「貴様に好かれたいなどと思っていない! ミシャは、セン様が愛してくれれば、それだけでいい!」

「お前の意見なんか聞いてねぇよ。『お前みたいな勘違い女は嫌いだ』と言っているだけだ。ほんとうに、ただ、それだけの話」

 そこで、P型センエース1号は、黒くニっと笑い、

「お前がいくらハッパをかけたところで、あいつらは動けない。これは、ほとんど算数の話。3より2は小さい。2は1よりも大きい。その程度の話でしかないんだ。あいつらじゃ、俺の呪縛には抗えない。至極、単純な話」

 言ってから、さらに注ぎ込む魔力を増やす。
 もはや、ミシャでは耐えられない。
 飲み込まれるしかない。
 そんな『臨界点』に達した。

 その事実を、ミシャも理解した。
 肉体が、心が、魂が、自分の終わりを感じ取った。

 キチンと理解している。
 殻は『もう無理だ』と嘆いている。
 心も折れかけて、
 魂が潰れかけて、

 ――なのに、
 まだ、ミシャの『命』が、勇気を叫び続ける!


「これからもゼノリカを名乗る気があるのなら! 無様に寝転んでいないで立ち上がれ! 希望が必要だというのなら! この私が! 貴様らの希望になってやる! 私はいつだって、ここにいる!」


 いつまでも、最後まで、
 どこまでも、とことん、

 ミシャは、己の『全部』に抗い続けた。
 別に、ミシャは、精神力がハンパないというワケではない。
 ただの弱い命。
 たまたま、異常な能力を持って産まれ、狂ったような業を背負わされたという、
 ただ、それだけの小さな小さな命。
 だから、
 『これ』は、
 『特別な性質』なんかじゃない。
 『心が鈍感』なわけでもない。

 これは、
 ただの――





「ヒーロー見参!!」





 絶対の終焉を目の前にして、
 それでもミシャは叫んだ。
 想いは膨れ上がり、
 ミシャの器から溢れた。

 そして、積み重ねてきたすべてに注がれていく。
 足りなかったピースは埋まった。
 膨れ上がる!
 ミシャが積んできた全てが暴走する!
 だから!
 ミシャは!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    すごく楽しみにしていただけているというのが伝わってきました!
    すごくうれしい!
    本当にうれしいです!
    いつも、いつも、ありがとう!!


    1
  • キャベツ太郎

    早く0時にならないかなー?

    2
  • キャベツ太郎

    最近思うけど、センのことを信じない九華が増えてたのは三至とかのセンの存在(明確に)を知ってる者達が勘違いしやすい言い方をしてるからかとw
    だって今回で見てもミシャが言ってた『意思を継ぐ』っていう言葉は、あたかも、本当に存在しないものの意思だけを継ぐみたいに聞こえてくるから

    2
コメントを書く