『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 バロール、手ぇ貸して!


 56話 バロール、手ぇ貸して!

(流石に、回避タンク特化だけあって、殺し切るのがなかなかダルい……ここからは、時間をかけて詰めるだけの『作業』になる。作業は意味ねぇ……いい加減、オカワリを呼んでくれねぇと、無駄に時間を消費する事になっちまう……)

 内心では、少しだけ焦っているP1。
 イラっとしながら、

(九華の第九席レミングウェイ・カティ。……アホじゃねぇんだから、もう、理解できているだろ。俺は、お前一人でどうにかなる災害じゃねぇ。さっさと、オカワリを呼びやがれ)


 などと心の呟いているP1を見て、冷や汗を流しているカティは、


「くそっ……」


 一度、苦々しげに言葉を吐き捨ててから、
 通信魔法を使い、


「バロール! このバケモノ、バカみたいに強い! 手ぇ、貸して!」


 救援要請を出した。
 プライドのせいで、なかなか切りだせなかったが、
 アホではないので、プライドに押しつぶされはしない。
 妥協しなければいけない所では、ちゃんと一歩引く。

(……この程度のカスも、一人で殺せないのか、私は……くっ)

 自分の弱さに辟易し、ギリっと奥歯をかみしめるカティ。


 ――救援は、秒速で登場する。
 本当に、助けを求めてすぐだった。

 完全武装状態のバロールが瞬間移動で現れて、
 P1を睨みつけ、

「……アレか? ただのガキに見えるが……どういうビルドだ?」

「異常な自動蘇生スキルが使える。既に何度も殺されていながら、その性能は一向に落ちる気配を見せない……どころか、ますます性能が上がっているように見受けられる。その上、死んで蘇るたびに強くなっている」

「ほぉ……タルいな。……で、あのガキの目的は?」

「知らん。聞いてない」

「……となると、今回の案件は、事情聴取と、徹底除菌の二項目だな。――ミッション了解」

 そこで、バロールは、両手に握りしめている剣を構えながら、

「おい、ガキ。なんで暴れている? つぅか、誰だ、お前」

 その問いかけに対し、P型センエース1号は、
 面倒臭そうに、ポリポリと頭をかきながら、

「……オカワリのたびに、いちいち自己紹介するのは面倒だな……んー、どうすっか……んー、いや、まあいいか」

 ボソっとそう言ってから、クっと顎をあげて、バロールを睨みつけ、

「繰り返すことで、『俺』が『俺であること』をさらに強く自覚できるようになる……ような気もしないではないしな」

 などと、意味の分からない事を述べてから、


「俺はP型センエース1号。お前らゼノリカを終わらせる者だ」


「……センエース?」

 バロールのこめかみに、分かりやすく『怒りマーク』が出現した。
 なんとかイラつきをおさえて、事情聴取を続行する。

「その名前、どういうつもりで名乗っている? 本名だと言うのなら、まあ、改名させるだけで許すが、もし、我々に『その尊き名を名乗る意味』を理解した上で騙っているのなら……タダではすまさないぞ」

「騙る?」

 今度は、P1のこめかみに、分かりやすく『怒りマーク』が出現した。
 イラつきを抑えて、言葉を並べる。

「ふざけんな。俺はP型センエース1号。本物のセンエースになる男だ。それ以外の何物でもねぇ」

「……一から十まで、さっぱり意味がわからんが……まあいい。というか、もういい」

 面倒臭そうに、溜息をつきながら、ゆっくりと首を振って、

「ゼノリカに仇なしている時点で、どっちみち死刑は確定。死刑囚の戯言にふりまわされるなど無様極まる。事情聴取は終わり。さっさと殺して終わらせる事にしよう」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く