『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 ようやく、ようやく、ようやく、一次試験開始!


 25話 ようやく、ようやく、ようやく、一次試験開始!

(これでも隠せなかったら、もう、直接交渉で黙らせようと思っていたが……)

 『俺も参加しているってことは、他の人には言わないでね、神様との約束だぞっ☆ 約束やぶったら、針1000兆本、マジで飲ぉますっ☆』
 で乗り切るしかないか、とも思っていたが、

(これならなんの問題もないな。おそらく、シグレの目は、ランク1000までのフェイクオーラは見破れるが、それ以上は見通せないってところかな……)

 ホっとしていると、
 ――ちょうど、そのタイミングで、


「時間じゃな。では、これより、冒険者試験を開始する」


 かなりの御高齢と見受けれれる爺さんがあらわれて、そう言った。
 あまり張った声ではないのに、なぜかよく通る。

「私は、第一次試験・試験官のメービーという」

 メービーは、こぎれいな老人だった。
 白い髪とヒゲで、背が低い。
 シワだらけだが、クシャクシャという感じではなく、丁寧に掘られた年輪といった感じ。
 あまり腰は曲がっておらず、枯れた感じはしない。

 メービーは言う。

「長い前置きなどはなしで、サクサクいくぞい。冒険者試験、一次試験、開始」

 メービーの宣言を受けて、ホール全体に緊張が走る。

 受験生たちの張り詰めた空気を割くように、
 メービーが、パチンと指を鳴らした。
 よく響く指の音。

 ――すると、受験生全員の手に、一枚の紙が出現した。
 センは、自分の手の中にある紙をジっと見つめながら、

(2……か)

 センの手の中にある紙には、細字で、
 『2』と記されていた。
 それ以外には何も書かれていない、簡素な紙。

(アダムは1で……シューリも1……ん、ゼンたちも全員1か……)

 視線を周囲に向けてみると、知っている者たちは、全員が『1』と書かれていた。
 『2』と書かれた紙を持っているのは、仲間内だと、センエースただ一人のみ。

(俺だけ数字が違う……か)

 全体で見れば、2と書かれた紙を持っているのは、センだけではなかった。
 ザっと見渡してみた感じ、2と書かれた紙を持っている者の割合は半分くらいだった。

(……さぁて……この数字は何かな)

 などと考えていると、メービーが、

「全員の手に、『1』か『2』と書かれた紙が配られたはずじゃ。紙が配られていない者は? おらんな」

 全体をグルっと確認すると、

「よし、では、1と書かれた紙を持っている者は、合格じゃ。お疲れさん。帰ってよいぞ。来週始まる二次試験までゆっくり休みなさい」


 その言葉を受けて、全体がザワついた。
 疑問を含んだ声が八方から漏れ聞こえてくる。

 ――当然の話。
 だが、彼らの懐疑になど興味はないようで、
 メービーはたんたんと続ける。

「2と書かれた紙を持っている者。不合格じゃ。来年、また挑戦しなさい。以上。これにて一次試験終了」

 メービーがそう言い終えた瞬間、
 2と書かれている紙を持っている者たちが、ほとんどいっせいに、

「はぁ?!」
「なに言ってんだ?!」
「ちょっと待てよ、おい!」

 と、騒ぎ始めた。
 騒ぎ声は次第に大きくなって、ホールを揺らすようになっていく。

「こんなの試験じゃねぇだろ!」
「紙をくばって、はい終了だぁ?! こんなもん、認められるか!」

 騒ぎ方に際限がなくなっていく、『2の紙を持っている不合格者』たち。

 『1の紙を持っている者たち』は、一応、『合格』と言われているので、
 なんというか、『様子をうかがっている』といった感じ。
 『帰っていい』とは言われたものの、
 色々といきなりすぎているため、動き方を見失っているといったところ。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー333870

    キチンww

    1
コメントを書く