話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢になった私は、死にたくないので、フラグ折りを頑張ることにした。

あおい

前世の記憶

目が覚めると、私は、ベッドの上にいました。汗で体がグチョグチョです。

自分の体に違和感を覚えました。私の体は、こんなに小さくなかったはずです。てももっと大きかったです。そもそも、こんな服は趣味じゃありません。

鏡を見てみることにしました。その鏡には、幼児といっていい小さな金髪金眼の美少女が写っていました。

つまり、さっき夢の中で見ていたものは、前世の記憶で間違いないのでしょう。

私は、前世では、竹椿 真弓という名前で、女子高生をやっていました。自分で言うのもなんですが、成績優秀で、運動が得意なスゴい人だったんですよ!

まあ、双子の妹を愛しすぎるがゆえに、敬遠されていましたが・・・。

私は、いつものように、妹たちとご飯を作っているとき、醤油がきれていることに気がついたので、最短ルーとで買いにいっていました。普段は通らない暗い路地裏を走りました。妹たちの料理を早く食べるために!

思えば、それが運のつきだったのかもしれません。もう少しでスーパーにつく。そう思ったとき、後ろから大きなクラクションが聞こえました。

私の意識は、そこで途絶えています。

つまり、これは、よくある転生物というやつです。
このゲームは、妹たちがすごくはまっていたので、よく覚えています。私自身は、そこまでプレイはあまりしなかったのですが、帰ったら妹たちがいつもこのゲームをしていました。そのため、攻略キャラくらいなら覚えています。

私は、まだ死にたくありません。死ななければいつか、もう一度妹たちにあえるかもしれませんから。

ということで、フラグ折り頑張ります!

「悪役令嬢になった私は、死にたくないので、フラグ折りを頑張ることにした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く