的外れな催眠チート ~面倒臭がりが召喚されました~

山田 武

歓迎を受けよう



「悪魔と闘うのと、四天王と戦うの……どっちがいい?」

「いや、どっちも嫌だから」

 女魔王の提案を速攻で却下する。
 ちなみにだが、洗脳対策なのか俺にその姿すべてを晒しているわけではない。

 不思議だよな、眼の色や髪の色が認識できているはずなのに、顔などの容姿に関してはまったく理解できずにいる。

 まあ、別にユウキのようにハーレムが欲しいわけじゃないし、どうでもいいけどさ。

 嘘、とバレたのもそれが原因だな。
 相貌が分かっているわけでもないのに、可憐だの言われても信じられないだろう。

「なんで戦わないといけない? 面倒だ、やる気がまったく湧かない」

「異世界人が魔族にとって、どのような存在だと認識されていると思う?」

「……ああ、嫌われてるのね」

 そりゃあまあ、【魔王】討伐を目標とする異世界人たちだしな。
 さっきの話的に、魔王で逆玉をしようとした奴もいたみたいだし……嫌われるわけか。

「魔族は力を尊ぶ。他にもあるけど、基本的に力で証明することが大切なんだ。だから、私の召喚した悪魔か【魔王】の直属の部下たる四天王を倒す……これで証明できるよ」

「いや、別にやる必要ないよな? 【魔王】が命令すれば、あの国を故意に傷つける奴はほぼいなくなるし、条約は締結される……ほら、やらなくてもいいだろう」

「残念、そうはいかない」

 彼女が指を鳴らすと俺と、【魔王】の下に魔法陣が出現し、謁見の間から強制的に移動させられる。

 抵抗はできるのだが、今回は【魔王】の使う魔法陣が気になりそのまま受け入れた。
 何よりファンタジー的な展開だし、面倒ではあるが……嫌いではない。

  ◆   □   ◆   □   ◆

 そこは闘技場のような場所だった。
 完全に見世物感覚なのか、上の方に設置された観客席から歓声が上がっている。

 俺はその舞台、つまり剣闘士が居るような立ち位置に移動させられていた。

「俺を歓迎する声なんだけど、それが友好的なのかと訊かれれば……違うよな」

 異世界人が屈服する、そんな光景を観客たちは望んでいるのだろう。
 残虐とまではいかないが、それなりに痛い目を見てほしいと声色が物語っている。

「【魔王】様ー、俺はどうすればー!」

 観客席のその上、貴賓席っぽい場所に居る【魔王】へ向けて声を張り上げてみた。
 すると突然、観客たちの声が無くなり静寂が生まれる……なんでそんな急に?

「我の配下たる悪魔か、それとも四天王かを選ぶがよい」

「……面倒だな」

「貴様が選択できるのは、これだけだ。それとも……両方を選ぶか?」

 民たちの前だからか、一人称や口調を変えて話す【魔王】。
 威厳って、大切なんだな……。

「おいおい、他国からの使者をタダ働きさせるなんて……魔族ってのは遅れてるな!」

「無論、報酬は与えよう──貴様が勝てば、生をくれてやろうではないか」

 ワーキャーと盛り上がる魔族たち。
 ウザい異世界人が蹂躙される未来を脳裏に描き、実現することは望んでいるようだ。

 本当に、嫌われてるんだな……と実感したから、ついため息が零れてしまう。


「えー、それじゃあ四天王で」


 ピシッ、と再び場が凍る。
 そんなに変なことを言ったつもりはないんだけれど……なぜだろう、とてつもなく視線が冷たいものになってるな。

「そうか……まあ、理由は訊かぬ。その選択が愚かであったことを、その身を以って後悔するがよい」

 再び【魔王】が指を鳴らすと、四つの魔法陣が俺の近くに展開される。
 現れたのは四人の魔族、その誰もが強大な魔力を秘めていた。

『お呼びでしょうか、魔王様!』

 彼らはいっせいに【魔王】の居る貴賓席の方へ傅き、その頭を垂れ忠誠の構えを取る。

 そんな彼らの登場に魔族の皆様はさらに歓声を上げ、その様子を見た俺はげんなりとしてしまう。

「其方らに命ずる、そこに居る異国の使者を丁重にもてなせ。無論、魔族らしくな」

『ハッ、承りました!』

「……うわー、面倒」

 四天王ともあれば、【魔王】の素ぐらい把握しているだろうに。
 わざわざその演技に乗っている、という点も俺としては面倒臭さを上げている。

「あー、四天王の皆様? 特に自己紹介の必要は、ございませんよね? 俺が勝者、貴方がたが敗者と名乗ればいいんだしな」

「ずいぶんな物言いだな、異世界人」

「ん、ああ……だってせっかく楽な方を選んだんだから、さっさと済ませて休みたいんだよ。だからほら、すぐに始めようぜ」

 狼っぽい耳が生えた男から挑発が来たが、どうでもいいのでスルーして本題に進める。
 異空間から透明な弓と矢、それに矢筒を取りだして身に着けていく。

 それそのものに、強大な力なんて無い。
 あくまで俺みたいな奴が装備することで、その真価が発揮できるように仕組んである。

「いやいや、殺気を放つところじゃないだろうに。【魔王】様の命令は、俺を丁重にもてなすこと……なら、魔族らしくそれを実行するはず。いやー、どんな歓迎が受けられるのか今から楽しみだよ」

 殺気なんて、気にしない。
 さっさと始めろと言わんばかりに、矢を弓に番えて構えを取る。

「うむ、では──始めよ」

 そして、【魔王】の宣言を受けて、戦いの幕は開かれた。
 四対一、のままでもまあどうにかなるか。


「的外れな催眠チート ~面倒臭がりが召喚されました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く