異世界に転移されたらチートで可愛い少女達に囲まれた

夕立

第七話  話

「ユウタです。」

「おう、待っておったぞ。」

「それで話とは何でしょうか?」

「実はなわしの娘をお前の婚約者としたらどうかと思ってな。」













「えっ」

「入ってこい、シェレール」

「はい」

 はいってきたのは、ユウタと同じくらいの女性。




……………………………………………………………………………………………………………この沈黙を破ったのは、シェレールだった。

「初めまして、シェレールと申します。」

「よろしく。」

「と言うことで、シェレール、お前はユウタの婚約者になれ。」

「かしこまりました。」

「ちょちょちょっと待ってください。もし僕が婚約者になるとして、発表したら大変な騒ぎになりますよ!」

「心配ない。ちゃんと貴族には説明しておく。」

「はあわかりました。」

「明後日、パーティーを行う予定たがお前はくるか?」

「きますよ 」

 そう言って部屋を出ていった。






スミマセン!

中総体は終わったんですが、優勝して県大会に行くことになったので、七月まで不規則ですが、よろしくお願いします。次回は裕太郎の過去の事を話します。

「異世界に転移されたらチートで可愛い少女達に囲まれた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く