異世界に転移されたらチートで可愛い少女達に囲まれた

夕立

第三話  ステータス

「知らない天井だ。」

 異世界転生でおなじみの言葉を言ったあと、俺は黒雪姫が気になってしょうがなかった。

「ユウタさまァァァァァ、お目覚めになったんですね。さっそくお母様を呼んだきます。」

 俺は知らない名前を聞いて、少し動揺した。名前を検索するまえにステータスを確認しようとステータスを開いたら意識を失うほど、唖然とした。

名前  ユウタ

称号  ダイチの子  貴族   転移した者

Lv   1

体力  50/50

魔力  100/100

スキル  鑑定  創成魔法  隠蔽  転移
     経験値ボーナス10倍  片手剣
     
エクストラスキル  異世界からの眼力
                  
種族 人間【異世界人】

称号  神の使途
    貴族の子

「す……すげぇ…」

 俺は言葉を失った。すると、さっきお母様を呼びに行った人…いやメイドが戻ってきた。

「ユウタ心配したんだよ。もうすぐお父様が帰ってくるから、それまでまってて。」

「はい。承りました。」

「まあ、久しぶりに目覚めたんだから。休んだ方がいいよ。」

 そう言ってお母様はでていったがメイドは戻らず、不思議に思った。鑑定を使いメイドを見てみる。

「やあ、久しぶり黒雪姫。」















































































ペシッ














「バカ、裕太郎のバカァァァァァ」













 


















そこからしばらく記憶が途絶えた。













長らく投稿できなくてすみません。ストーリーを考えていました。

言い訳ですけど。

本当は、ティックトックを出していたら、自分が小説を書いていることを忘れていました。

毎週日曜日の、午前9時くらいに今後は、投稿します。

これからもよろしくお願いします。

よければ、ティックトックのほうも見てくださるとうれしいです。名前はこれと同じく異界です。


「異世界に転移されたらチートで可愛い少女達に囲まれた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く