二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

15話 教会で…

俺は今日ようやく教会に来れた。
ここで神様に会えるかもしれない。
聞かなければならない事がたくさんあるからな。

そして、教会に来るのは俺だけではない。
今日または最近5歳になる子供達もいるみたいだ。
ただ、平民と貴族が別れているのか、今日が珍しいのか貴族だけしかいない。

さて、もう始まる時間だが…おっ!始まった!

「ようこそ。我が国の未来を作りし子たちよ。
君達は神に祈りを捧げ、力を手に入れる。
だが、その力は神の力。悪用する為ではなく、良き事をする為に使うよう祈っている。
さぁ、若き鳥達よ。その翼を使い、羽ばたく準備をしよう。まずは……」

ここからはよく覚えていない。長ったらしいし、難しい名前ばっかな為、記憶を排除した。
必要性はあまりないだろう。

「……アルス・テギシュ。ここに。」
お!俺が呼ばれた。
「はい。」
「さぁ、祈りを捧げよ。
そしたら、力と加護を授けよう。」
俺はもう貰っているからいらないが、とりあえず祈ろう。そして、会えるか検証だ。

そして俺は膝をつき、手を組み合わせた。
そして祈った。というか、呼んだ。
『神様?いますか?いたら返事して下さい。』
と。
その瞬間に光に包まれた。
気がついたら、白くて広いところにいた。
ここは間違いない。
俺が死んだ時に来た「この世とあの世の境目」というところだ。

「覚えていたのですね。」

後ろから聞き覚えのあるそんな言葉がかけられた。
後ろを向いたらそこにはやはり自称神様がいた。
ただそれは1人ではなかった。
何人かいた。
「ええ。それは勿論ですよ。それで?そちらの方達は?」
「あぁ。この人達も神に値するのですが、あなたを一目見て気に入り、力を貸したい。と言ってきた為連れて来ました。」
「よぉ〜!」
「こんにちは!」
「やっほ〜!」
「新しい人柄だな。」
「ども。」
「左から(上から)、武神・時空神・恋愛神・邪神・魔法神です。」
「初めまして。俺は…ってもう知ってますよね。で、力を貸したいというのは?」
「簡単に言うと加護です。それによりあなたが出来る事が増える事でしょう。」
あぁ…なるほど。う〜ん…また変な力がつくなぁ。
特に恋愛神とか。
「嫌でしたら言ってください。帰しますので。強制的に。」
「「「「「え、酷くない(ですか)(か)!?」」」」」
「いえ、嫌という訳ではないので。」
これは本心だ。力がつくというのは悪くない。
「では加護を与えたいと思います。
………はい、終わりました。」
早っ!なんか全然加護受けました!って感じが無いんだけど。大丈夫かな?
「ではまた会いましょう。」
あ、また強制帰還だ。
そして俺は気が遠くなったと思ったら元に戻っていた。
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
どうも。コロナです。
え?テンションが低いって?
んな訳無い無い。アハハハ。
さて、いろいろありまして、投稿が遅れたことをお許しください。
次回も読んでくださいね〜。

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く