最弱属性魔剣士の雷鳴轟く

アイズ

1話 悲劇は突然やってくる

「いってーーー」


俺は練習用の木刀をリックの首元に当てる。
リックは俺の小さい時からの友達。
茶色の髪がクルんっと丸まってるのが特徴だ。
若干抜けている所もあるが、俺の親友。


「リックもまだまだだな」


実際のところリックも十三歳にしてはかなり強い
倒れたままのリックに手を差し伸べる。
リックは俺の手を掴み立ち上がる。


「クロトが強すぎるんだよ
十三歳でお前より強いやつはこの村にはいないぜ?」


リックが言ったのはお世辞ではなく事実だ
リックも強いが、俺は小さい頃から帝国で働きたくてずっと訓練してきた。
やってる年数が俺の方が多いため俺のほうが強いが同じ年数だったら互角だっただろう。


「まぁな……俺はこの村を出てエルトリア帝国で名をあげる
そしてこの村を買うんだ」

「へへ その時は俺も連れて行ってくれよ?」

「ああ」

「ほほほ……やっとるのぉ」

「ローガン師匠!」

「ローガンのじいさん!」

「これリック ワシのことは師匠と呼べと言ったじゃろう!」


この人は俺やリックの師匠で、剣術を教えてもらっている。
見た目は少し逞しいおじいちゃんなのだが、俺達なんかよりもずっと強い。
若い頃はエルトリア帝国で兵士をしていたらしい。それも本当かどうかはわからないが、実力を見るに本当だろう。


「ところでクロトよ
帝国に出たいとよく言っておるが帝国で何がしたいんじゃ?」

「んー、まだちゃんとは決めてないけど、無難に兵士かな?
そして名を上げて圧税に苦しむこの村を買う それが俺の目標だ」

「そうかそうか
後悔せんようにな さて、そろそろ日が沈む
二人共帰りなさい」

「ああ」

「おう じゃーな!じいさん」


俺達は訓練所を出るとそれぞれ家に帰った


俺達の村、リブ村はエルトリア帝国からはるか東にある村で、人口は百六十人程の小さな村だ。
近くの森にはゴブリンやウルフといった三級魔物も生息しているが、村を襲ってくることはなく、比較的安全。


エルトリア帝国は大陸の中心に位置する帝国で俺だけじゃなく辺境の村々に住んでいる子供達みんなの憧れだ。
俺はそのエルトリア帝国で働くために小さい頃から村に唯一いる兵士ーーと言っても隠居した人なんだがーーのローガン師匠に師範をお願いしたんだ。


そのおかげで俺は村にいる子供達の中では頭一つ飛び出た実力を持っている。
徴兵に参加できるのは十七歳 あと四年だ。


「ただいま」


ドアを開けるといい匂いが漂ってくる


「おかえり〜
もうすぐご飯できるから!
お父さん呼んできてくれる〜?」


母さんが台所から顔を出し俺に言う。


「はいよー」


俺はもう一度家を出ると裏にある畑に向かう。
畑の真ん中で野菜の状態を見ているのが俺の父さんだ。


「父さん!ご飯だって」

「おう、今行く」


父さんは農家で野菜を作っては帝国に売りに行って生計を立てていた。
俺はローガン師匠やリックと訓練しながら近くの森に農薬となる薬草を取りに行ったりしている。
父さんは最初こそ心配そうにしていたが今では向こうから頼んでくるほどだ。


「さてと……ん?クロト そんな所に突っ立ってどうした?」


考え事をしていたら状態を見終わった父さんが声をかけてくる。


「いや、なんでもない 行こう」

「おう」






次の朝、俺はいつも通り訓練所に行こうと準備していたら父さんから声をかけられた。


「おい、クロト」

「ん?」

「悪いんだが、また農薬の材料が切れてな、
頼めるか?」

「ああ、わかった」

「すまないな、気をつけて」


おうっと返事して俺は森に向かう。
正直リックと模擬戦をしても俺が勝つし、もうローガン師匠に「お前に教えることはもうない」とも言われたから、農薬の材料を取りに行く方が訓練より楽しかったりする。
たまには気分転換もしないとな。


「おーい、クロト!」

「ん?なんだリックか」

「なんだとはなんだ
で、今日はお父さんの手伝いか?」

「ああ、そうなんだ
ちょっと森まで行ってくる」

「そっか!気をつけろよ!
俺は先に訓練所で待ってるぜ」

「おう!すぐ行く」


リックと別れ、俺は村を出た。
村を出て左を向いて十分程歩くと着く森に農薬となる薬草が生えている


「おっと…………行ったか」


森に入ってすぐゴブリンを見つけたのだ。
ゴブリンと一対一なら勝てるとは思うが、もしもの事があったら困るから普段から隠れてやり過ごすようにしている。


森に入るといつもの場所まで向かう。
そこは良く薬草を取る場所で、比較的魔物も少なく安全な場所だった。


が、今回はいつもと違った。
木の根本に白い物……いや、物じゃない。
三級魔物ウルフだ。


どうやら足に怪我をしているらしく白い毛並みに赤い血が滲んでる。


「おい、大丈夫か?」

「グルゥゥ」


精一杯の威嚇をするが弱っているのか全く怖くない。

「待ってろ、すぐ手当してやる」


俺は近くに生えていた怪我に効く薬草を素早く取り潰して傷口に塗った。
本当は包帯とかあればいいんだけど、持ち合わせてないからこれで応急処置だ。


薬草をロープのようになっている蔓で縛り、応急処置を終える。


「あとは体力を回復させないとな
……………………お、あったあった」


俺は近くになっていた握りこぶし程度の木のみを食べさせてやる。
本で読んだきのみ全集に載っていた。
俺の記憶が正しければ体力回復には効果覿面なはずだ。


「グルゥゥ」


ウルフはゆっくりと起き上がる。
お、すごいな。こんな即効性があるとは。
小さく頭を下げると森の奥にフラフラと消えていった。
大丈夫だろうか……


その後一時間ほど薬草を採取し森を出た。


ん? なんだか違和感を感じる。


薬草が生えてる場所は結構深い場所でそこから村の様子は見えないので気づかなかったが、村の様子がおかしい。


叫び声や家が崩れる音がする。どう考えてもおかしい。


俺は村に走る。
村のはずれの方はまだ無事だが、人が全くいない。
俺はそのまま走り抜け村の中心にある広場へ急ぐ。


「はぁはぁ……!? こ、これは……」


広場近くまで走っていくと、そこに地獄が広がっていた。
身長2mを越える牛頭の一級魔物ミノタウロスが手に持った大太刀で人を切り裂き、家を叩き潰している。
しかも一体ではない。軽く十はいる。


「な、なんだよこれ……」


こんな、魔物……ゴブリンとはレベルが違う。
そうだ……母さん…父さん…………
俺は目の前で殺されていく村人たちに心の中で謝りつつ自分の家に走る。


角を曲がると家が見えてきた。


が、既に崩れた家の中に母さんの首を掴んだミノタウロスがいた。


その足元にはミノタウロスの大太刀によって上半身と下半身が斬り離された父さんの姿。
目に涙が滲む。


ゴトッ


母さんを助けに行こうと震える足を踏み出すと何かが足元に当たった。
ローガン師匠がいつも護身用に持っていた剣だ。
なぜこんな所にあるのかと周りを見渡すと体をグチャグチャに踏み潰されたローガン師匠がいた。


こ、怖い…… 皆死んでる。これが、死。
足がガタガタ震える。 すると母さんを掴んでいたミノタウロスが母さんを離す。
困惑と恐怖が入り混じった表情でミノタウロスを見る母さん。
助けないと……助けないと…………


ミノタウロスは大太刀を腰に添えるように構えるとそのまま母さんの頭を切り落とした。
赤い血が弧を描くように飛び、母さんの頭が地面に落ちる。


その瞬間俺の中で何かが切れた。


足元に落ちていたローガン師匠の剣を掴み抜く。
本物の剣を持つのは初めてだし、かなり重いような気もするが全く感じない。


「うぉぉぉぉぉぉぉぉ」

「……? ふぅぅ ふぅぅ」


叫びながら剣を振り上げミノタウロスに切りかかる。
それを余裕の表情で構えるミノタウロス


俺の剣とミノタウロスの大太刀がぶつかる。が、力の差は歴然。
俺はそのまま吹き飛ばされ体が飛ぶ。


一瞬で視界が青く染まる。
なんだ……何が起きた……


次の瞬間体が落下を始めた。
そのまま村のはずれの家に落下し屋根を突き破る。


く…くそぉ……俺は……俺は…………


体中が痛い。やっとの思いで体を起こし、窓の外を見る。
すると家々をなぎ倒しながらミノタウロスがこっちに向かってくる。


だめだ……殺される……


恐怖で体が全く動かない。


ミノタウロスは俺が倒れている家の上半分を吹き飛ばすし、俺をじっと睨む。
大太刀を地面に刺し、俺を掴むと拳をぎゅっと握りそのまま俺の腹を思いっきり殴る。
メキメキと溝うちに拳がめり込む。骨の折れる音がする。


その勢いで俺は家の壁を突き抜け再び宙を舞う。


ミノタウロスの拳が溝に入り、気を失いかける。
ここで気を失ってたまるかと意地だけで飛びかけた意識を戻す。
すると突然視界が暗くなり耳が聞こえなくなる。と、同時に口から、鼻から水が入って来て肺をいっぱいにする。
村の近くを流れる川に落ちたらしい。俺の記憶はそこで途切れた。
最後に見えたのはミノタウロスの群れによって破壊の限りを尽くされた悲惨なリブ村の姿だった。






この日、帝都よりはるか東の地で、一級魔物『ミノタウロス』が大量発生。
東の地に点在する村の一つ『リブ村』がただ一人を除いて全滅するという傷跡を残し『ミノタウロス』は姿を消した。

生き残った少年の名はクロト・アルフガルノ
後に『雷撃ライトニングボルト』と呼ばれる少年




ーあとがきーーーーーーーーーーーーーー
どーも皆さん!
「最弱属性魔剣士の雷鳴轟く」1話を読んで下さりありがとうございます!
この作品はかなり設定をしっかり作りましたので楽しんでいただけたらなぁと思います!

毎回2500〜5000文字は書きたいなと思ってます!
今回ので4000弱ぐらいです!
また、これぐらいが読みやすい等々あればコメントにて教えてください!

この作品のみの設定が多数ありますので、その辺も分かりやすく書けたらなぁとは思ってます!
感想や不明点はどしどしコメントしてください! 一つ一つ返したいなとは思ってますので!



クロト「1話読んでくれてありがとうな」

リック「良かった!って人もここどうなってんの?って人もグッド&コメントよろしく頼むぜ!」

クロト「2話で会おう」

リック「じゃあな!」

「最弱属性魔剣士の雷鳴轟く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アイズ

    youkiさん!アドバイスありがとうございます♪
    確かに!と思ったので修正しておきます!
    ありがとうございます♪

    0
  • youki15

    Twitterからきました。
    まだ途中までしか読ませてもらってないのですが

    一文にある『もうローガン師匠に教えることは無いと言われた』の部分を『ローガン師匠にお前に教えることはもう無いと言われた』の方があってるかな? と個人的に思いました。

    後は、『兵士ーー』や『なんだがーー』の部分を『兵士……』や『なんだが……』に変えた方が読みやすいと感じました。

    設定などは、僕が好きなもので、リックとクロトの関係も好きです。

    これからも頑張ってください

    1
コメントを書く