話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

遺書。

KOTO

1日目 #9

体育館の入り口付近に様々なナイフ、槍、ハンマー、剣などがあった。
これで、これで人を… 1番使いやすそうなナイフを手に取った。そして中に入った。

?「みなさーん準備はよろしいですか?今から10分以内に1人も死ななかったらさっきの二の舞ですからねー?それではスタート」

ついに始まった、、どうしよう。不安と恐怖で足が震えている。だれか早く殺してよ…… 生きる事をもう諦めていた。

うわぁ…キャー
遠くで悲鳴が聞こえてきた。誰かが誰かを殺したのだろうか?なら、私も…

「死ねー!」
そんな声が聞こえてふと我に帰ると目の前でナイフを振り下ろそうとしている人がいた。あぁ、ここで死ぬのか。そう思って強く目を強く閉じた…

「遺書。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く