話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

遺書。

KOTO

1日目 #6

?「次は30分差し上げます。
人を殺せる人が出てきてくださいね?全員死ぬ前に」
淡々と語る声の主に無性に腹が立った何が目的でこんな事をしているんだろう?いや、目的なんてどうでもいい。どんな目的でもこんな事許されない…

「なぁ、みんなで推薦しようぜ誰なら人を殺せそうか、俺は荒木だと思う」
「確かに!」サイコパスっぽいし!」
誰かの一声に誰もが賛成の意を表した。
「荒木! 荒木! 荒木!」
荒木「……。」
荒木は何も言わなかった。いや、言えるはずがない。諦めていた…荒木は確かに少しサイコパスなのかとは思う。
昔冗談でからかったらハサミを向けてくるような奴だ。でも…だからと言って…
城戸「そんな理由で押し付けるなんておかしい!!……あっ、」
咄嗟に口を押さえた。でももう遅いこれで私も行かされるだろう…

「遺書。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く