話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

遺書。

KOTO

1日目#2

キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン
やばい。チャイムが鳴った。小テストの最終確認したかったのに!先生が来ちゃう。

しかし5分経っても10分経っても先生は来なかった。いくらなんでも遅くない?
そんな事を考えていたその矢先ある放送が流れた。
?「おはようございます。この学校は我々が乗っ取りました。これから体育館で殺し合いをしてもらいます各クラス最低1人最大4人が10分以内に来てください。運動ができない人嫌われてる人が来る事をお勧めします!」
そう言って放送は切れた。は?意味が分からない。殺し合い?乗っ取った?何を言ってるの?まるで頭が追いつかない。もし誰も行かなかったら?
誰もが困惑していた。

「遺書。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 如月 薊

    続き投稿されたらまた読みに来ます♪

    これからもお互い頑張りましょう!

    あともし宜しければ僕の作品も読んでください!

    1
コメントを書く