話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

遺書。

KOTO

1日目 #1

ピコン!
ライムの通知が来た。誰だろう?
                 〜ライム〜
?「なぁ、今日の小テスト範囲どこ?」
?2「145〜150だけど、まさか堀井今から勉強するの?」       
堀井「当たり前だろなんなら城戸が教えてくれても良いんだぜ?」
城戸「ジュース一本?良いよ!」
堀井「考えとく(嘘)」
                 〜ライム〜 
本当に堀井とのくだらないやり取りは楽しい。こいつはゲーム友達でいつも楽しく話してる。中1からの片思いだ。でもこの関係を崩したくないから絶対に言わないけどね。
?「あー、また堀井とライムしてる!仲良いね早く付き合っちゃえ!」
あー、うるさい。周りはいつもそう言う特に唯香は …
城戸「うざっ!てか遅っ!遅刻したら唯香のせいだから!」
そんな事を言い合いながら学校に行った。
こんな日々がいつまでも続くと思っていた。

「遺書。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く