話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】

愛楽優人(創作研究所)

■「最初に決めた設定」を変更する必要性

■「最初に決めた設定を変更する必要性」とは

最初に決めた設定を元に物語を書き始めても、物語の途中や後半になると、
「もっとこうしたいのに、設定の制限があるからできない」という場面が出てきます。

その場合は、2つの選択肢があります。


――――――――――――――――

●設定(ルール)を守りながら物語を作る。

この場合は、囲いが狭いまま物語を書く事になるため、
うまくやらないと物語がこじんまりとしてしまう可能性があります。


――――――――――――――――

●設定(ルール)を変更して物語を作る。

この場合は、最初にさかのぼって変更後の設定でも矛盾がないように、
矛盾している箇所を修正していく必要があります。

修正に手を抜いてしまったり、修正せずに書き進めてしまうと、
読者に「こんなのがあるなら、前の時に使ってたら良かったのに」など、
違和感を感じさせてしまいます。


「【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く