話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】

愛楽優人(創作研究所)

■「愛楽優人の小説講座」について

■「愛楽優人の小説講座」について

愛楽優人の小説講座は、「初心者向け」になっています。


「小説やラノベを書いてみたいけど、どうやっていいのかわからない」
「文章を書くのに、ルールとかあるの?」
という、これから始めてみたい人に向けた講座です。


初心者さんにも、わかりやすい内容にしていますので、少しづつ、ゆっくりと楽しみながら、学んでいってくださいね。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■この「小説講座」ができた経緯

元々は、愛楽優人が小説の書き方を勉強していた時に、「小説の参考書」や「ライトノベルの書き方」の本を、図書館でたくさん借りて読んでいて、忘れてしまっても思い出せるようにするために、「覚え書き」として、自分なりの言葉でノートにまとめたものでした。


創作をしていると、「やってみたいけど、難しすぎてできない」という話をよく聞くので、初心者さんが見て、最初の一歩を踏み出せるようになったらいいなと思い、わかりやすくなるように考えて、この小説講座を作りました。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■この小説講座の活用の仕方

たくさんの「小説の参考書」や「ライトノベルの書き方」を読んで、どの本でも書かれているような、「基本になる知識」や「覚えておくと良い知識」を中心に構成しています。


なので、「参考書を買おうと思ってるけど難しそう」「買ったけど難しすぎた」という人は、予習としてこの小説講座を見ると理解しやすくなると思います。


内容が難しい場合は何度も繰り返し見たり、月日が経って忘れてしまった場合も見直してみたりと、構えずに気楽な気持ちで、この小説講座を活用してくださいね。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

「文章を書くための基本」は、知っておく必要はありますが、「必ず、そうしないといけない」というものではなく、「基本を知った上」で、あえて「基本の形を崩す」というのも良いと思います。


人気作品にも、「基本をしっかり守った王道作品」と「基本の形をわざと崩した、独特な作品」がありますので、「創作とは自由なもの」と考えて、楽しさ重視でやっていきましょう。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■学んだ後は、軽く実践してみましょう。

小説講座を見て学んでいるだけだと、「やり方はわかったけど、難しそう」という気持ちのままになってしまいますので、クオリティーは気にせずに、実際にやってみてくださいね。


すると、やる前はすごくハードルが高く見えますが、やってみると「意外とできるもんだな」という気持ちになります。


「意外とできるもんだな」を増やしていくと、いつの間にか、気軽に創作できるようになります。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■最初の内は、気楽にやってクオリティーを求めないようにしましょう。

「できなかった」が「簡単にだけど、できた」という、「始めの一歩」はとても大きな変化です。

「始めの一歩」は、ハードルを上げすぎないようにするのがコツです。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■自分の成長を実感して、自分を褒めるようにしましょう。

自分に厳しい人は、結果を得るまでは自分を褒めない事もありますが、できなかった事が1つでもできるようになったら、大袈裟に自分を褒めてあげましょう。


そうする事で、ちゃんと自分の成長が実感できて、がんばる力になります。


逆に、全く褒めないでいると、ちゃんと成長しているのに、「自分はずっと変わっていない」と思ってしまって、がんばる気持ちがなくなってしまいます。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■他の人と比べないようにしましょう。

SNSや投稿サイトの作品を見てしまうと、「自分は下手だ」「やっぱりうまくない」と思ってしまいますが、

「自分が持っていないものを持っている人」を、目にしてしまうために、どんな人でも「やっぱり自分はまだまだだな」という気持ちにさせられます。


なので、創作は人と比べないようにして、書いて楽しむ、見て楽しむを分けて考えましょう。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■創作の評価は、「好き・普通・嫌い」の世界です。

作品を評価する時に、「うまい・へた」という言葉が良く使われますが、実際の評価は「好き・普通・嫌い」が大きな要素になっています。


「カッコイイものが好きな人」 → 「カッコイイ作品に高評価」
「可愛いものが好きな人」 → 「可愛い作品に高評価」
「恋愛モノに興味がない人」 → 「恋愛作品に普通の評価」
「ギャグが嫌いな人」 → 「ギャグ作品に低評価」


なので、創作は、「自分が好きなものを、楽しみながら作る事」と、「喜んでくれる人に、作品を見せる事」が大切です。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■愛楽優人からのメッセージ

●「創作を楽しみましょう♪」
楽しさを感じて創作をしていると、工夫する事が楽しくなり、上達が早くなります。

楽しくなくなってしまったら、楽しくなる方法を考えてみましょう。


●「自分の創作を好きになってくれる人に、ひとりでも多く出会いましょう♪」
あなたの作品に触れて、「この作品、すごく好みだ!」と思ってくれる人は必ずいます。

まだ出会っていないその人に、作品を届けるにはどうすればいいのか、いろいろと行動してみましょう。


―――――――――――――――― ――――――――――――――――
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

■小説講座の「応用編」について

この「小説講座」で学んだ後に、「もっと実践的な事が知りたい!」と思った場合は、愛楽優人の他の作品も参考にしてみてくださいね。

基本に忠実な部分を見習ったり、ワザと基本からはずれて独特な事をしている部分では、こんな事をしても構わないんだと感覚を掴んだり、いろいろと活用してみてください。


もし、小説講座に需要があった場合は、新しい内容を追加する可能性があります。


この小説講座がお役に立ちましたら、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。
また、お友達に興味がありそうな人がいたら、この小説講座を教えてあげてくださいね。


「【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • もり フォレスト

    私も小説を書きたかったけど、勇気がなかった人間です。でも、これを読んで勇気をもらいました!ありがとうございます!

    1
コメントを書く