話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】

愛楽優人(創作研究所)

■作品を完成させる

小説は、完成させて始めて「良い作品・悪い作品」と評価する事ができます。

途中までの作品は、評価する事ができません。
最初や途中が良くても、締めくくりが悪いと評価が変わってしまうからです。


初めて小説を書いた場合、途中からどう書いて良いのかわからなくなり、その作品を放置して、新しい作品を書き始めてしまうという事が良くあります。


長編小説を書こうとして何度も未完で終わらせてしまうよりは、短編小説を1つ完成させる方がしっかりとした勉強になり、上達していく事ができますので、初めて書く場合は、短編小説をオススメします。


「【小説の書き方】愛楽優人の小説講座【2020年改訂】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く