話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世は皆に恐れられた優しき英雄、今世は出来損ないの英雄

ゲームギア

9話 アラクネ

 海との勝負が終わった後すぐに僕は姿を隠し保健室に向かった。
「今日は保健室に誰もいないから、着替えるのにはいいところだな〜」
なぜ僕がわざわざ着替えるためだけに来た理由は、もちろん海と戦って一応海が勝ったとしても出来損ないのはずの僕があそこまでできたことがおかしいと思われるからである。ちなみにに何故保健室に先生がいないかと言うと模擬戦で怪我や魔力の使いすぎで体調が悪くなってしまった生徒のために訓練場に待機をしているからだ。
(一応誰か来る前に着替えよう。)
念のため保健室のベットを隠すためのカーテンを使い着替えを始めた。
(ふぅ〜......一応誰も来なかったけどもう少し保健室で休んで行こう)
そんなことを考え改めてベットに横になった。
——————————————————
「ふぁ〜あ、眠い」
保健室で寝た後海たちが起こしに来た。目をこすりながら時計を見ると、もうとっくに下校時刻をまわっており急いで帰り仕度をして校門を出た。そして現在いつもの駅で電車を待っている中僕はあくびをしながら言った。
「あんたまだ寝足りないの?」
春風があきれた目を向けて言った。
「今日はいつもより早く目が覚めたから眠いんだ」
素直にそう言うと、ため息をしながらあきれられた。そんないつものようにたわいもない話をしていると電車が来た。
「それにしても、今日の模擬戦はすごかったな。海はいつの間にか強くなっててびっくりだったぜ!」
八雲がそんな事を言ってびっくりしている。
「あ〜、実はあれ勝てたんじゃなくて、勝たせてもらったんだよ。実際は僕の負けなんだ」
海が八雲の言葉を訂正するためにそう言った。
「えっ!じゃあ、本当は勝ててないの?」
春香がその言葉にびっくりする。
「じゃあ、まだ負けてないわけだ。最初に勝つのは俺だからな!」
などと誰が一番に僕に勝てるかを少しの間言い争っている中僕は、微笑ましくそれを見ていた。そしたら突然電車が揺れた。電車の中でかすかに悲鳴が上がり僕達は瞬間的に視線を前に移した。そこには車ほどの大きさの蜘蛛がおり今朝僕が倒した蜘蛛より一回り小く本来なら目や口が付いている部分に女性の上半身が付いており顔は整っており胸まで髪は伸び根元は黒く先端にかけて黄色に変わっていた。目は猫のような目であり血に飢えているかのように真っ赤な目をしている。その蜘蛛....改め蜘蛛型の魔物は、蜘蛛型の魔物の上位種アラクネだと一目でわかるわかりしかもおそらく変異種だと思われた。普通のアラクネは、髪の色は一色であり瞳も本来黒色をしているからである。そんな事を思いながら油断なくアラクネを見ていると、何かを探すように鼻を動かした。
「な、なあ.....あのアラクネ何か探してないか」
僕の隣にいた八雲が、僕が思ったことと同じ事を言った。その瞬間アラクネは、鋭い目つきで僕達.....いや、僕を睨んだ。
(ん?僕.....?なんで....?もしかして....今朝の蜘蛛の魔物の親か子供か!?)
完全に当たりと思われる考察に内心大きなため息をした。

「前世は皆に恐れられた優しき英雄、今世は出来損ないの英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く