話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

近距離魔法使いの異世界冒険記 ~妹と二人で転生しました~

駄菓子オレンジ

第3話 いざ、異世界

 朝目が覚めて、私はいつも通りに髪をリボンでポニーテールにする。すると、隣で寝ていた妹も起きて、私と色違いのリボンを使い、ポニーテールにする。しばらくすると、母が呼びに来た。

「朝ごはんできたわよ。早く食べにおいで」
「「はーい」」

 私たちは同時に返事をする。そして、寝室を出ようとして、同時に足を止めた。

「えっと、愛百合……じゃなくて、エイリー、おはよう」
「うん、おねえちゃん……じゃなくて、エンシー、おはよう」

 私たちは、記憶が戻ったことに気が付いた。つまり、今日が5歳の誕生日だ。
 そして今は、私がエンシー、愛百合がエイリーという名前になっている。
 そして、記憶が戻ってすぐに驚いたこと、それが……

「何してるの?二人とも今日から5歳なんだから、今までよりシャキッとしなさい」

 双子だということだ。



「いやー、今日から二人は5歳か。早いものだな」

 今話しているのは、父親のガルダ。元・王都の騎士。

「そうね。まだ、二人が生まれた日のことが、昨日の事のように思い出せるのに」

 こっちが、母親のミエン。元・冒険者。
 二人とも「元」をつけてはいるけど、現役でも十分に通用する。

「あと2年で、お前たちもスキルを貰えるんだ。どうだ、楽しみか?」
「うん」
「楽しみ」

 スキルというのは、7歳になると、神様から授けてもらえる力のことだ。その時に同時に、職業も与えられる。
 その2つが上手く噛み合えば、世界最強も夢ではない。
 ちなみに、職業は、与えられたものとは別のものになることはできるが、それほど力を発揮できなくなる。うまく噛み合えばというのは、職業に合ったスキルであればということだ。

「父さんのスキルは『音速斬撃おんそくざんげき』だ。その衝撃波さえ起こる斬撃で、いくつもの魔物の軍団を……」

 父の動きが止まる。母のスキル『口封くちふうじ』の効果だ。本来は口を動かなくさせるスキルだが、魔法で効果範囲を広げることで、身体全体を動かなくしている。

「その話は2人も聞き飽きてるから。自慢話は、まだ言ったことの無い人に言いなさい」
「……すまん」

 そう言いながら父は、チラリと私たちの方を見た。

「魔物の軍団を倒して、魔王軍の幹部の頭も取ったっていう話でしょ」
「聞き飽きてるよ。スキルのことが話題に出る度に話してるじゃん」
「……これからは気をつける」

 そう言って、私たち3人に頭を下げた。
 でも、実際に凄いことだ。その幹部の頭を取ったことで、一度王国から表彰されている。それほどまでに難しいことなのだ。ついでに言うと、その表彰の際に貴族に認定され、名字をもらっている。私たちの名字はホーマ。

「さて、そろそろ誕生日らしいことをするか。どこか行きたいところはあるか?」
「王都!」

 エイリーが真っ先に答える。そういえば、元の世界にいた時に、お城を見てみたいとか言ってたな。

「王都か……すまないが、遠すぎるな。他に行きたいところはないか?」
「うーん…無い」
「私も」

 王都はここから馬車で丸2日かかる所にあるらしい。行けないのも無理はない。着いた時点で誕生日は過ぎてるんだから。

「そうか……なら、代わりに、何か欲しいものはあるか?大体のものは買ってやれるぞ」
「じゃあ、包丁が欲しい!料理がしたい」

 エイリーが先に言った。

「私は本が欲しい。暇だから」

 本当はゲームがいいけど、そんなものはこの世界にはない。

「ふむ、いいんじゃないか?包丁は少し危ないが、子供用なら大丈夫だろう」
「なら、私はエンシーについていくわね。刃物なら、お父さんが選ぶものが一番だわ」

 というわけで、私と母、エイリーと父という組み合わせで買い物に行くことになった。

「近距離魔法使いの異世界冒険記 ~妹と二人で転生しました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く