近距離魔法使いの異世界冒険記 ~妹と二人で転生しました~

駄菓子オレンジ

第0話 プロローグ

「早く帰ってネトゲしたい……」

 私、白城しらき未加みかは今、校舎裏の日陰にあるベンチで暇をつぶしている。下駄箱に「放課後、校舎裏で待っていてください」と書いてある紙が入っていたので、破り捨てて、律儀に待っているところだ。
 しばらく待って、そろそろ帰ろうかと思ったころ、ようやく人が現れた。

「待たせちゃってごめんね、委員会が思ったより長引いちゃって……」

 たしか、同じクラスの男子生徒で、学校中の女子(私は除く)から人気がある、所謂いわゆるイケメンというやつだ。図書委員だったと思う。
 ……なぜ委員会が無い日にしなかったんだろう。とは思ったけど、口には出さない。

「ううん、ぼーっとしてるのも楽しいし」
「そっか。ならよかった」

 嘘。ぼーっとしてるくらいなら、その間ずっとゲームをしていたい。
 だけど、学内で「秀才で優しい美少女」と言われている私は、そう答えるしかない。いいイメージはそのまま残したいし。

「それで、さっそく本題なんだけど……僕と付き合ってくれませんか!」
「っ……ごめんね。うれしいけど、中学生の妹の世話をしなくちゃいけないから」

 驚いたのは、驚いたふり。あんなことを書いてある紙を置いていかれたら、だれでもこう言われると想像するだろう。
 もちろん、うれしいというのも嘘。妹の世話をしないといけないというのは本当だけど、ゲームをする時間を持っていかれるのはもってのほかだ。

「そっか、未加さんのお父さんとお母さんは……いや、ごめんね。それじゃあ、僕は帰るよ。また明日!」
「うん、また明日」

 できれば会いたくない。良い性格はしているけど、裏では気に入らない相手をいじめているという噂もあるし。
 さっき彼が言いかけたのは、私の両親が既に死んでいるということだと思う。旅行の最中に高速道路で逆走している車に出くわし、運悪く正面衝突。私と妹は気を失っただけで大きな怪我はなかった。けど、両親と相手は……ということらしい。
 さて、それはいいとして、さっさと帰ってネトゲしよう。

「近距離魔法使いの異世界冒険記 ~妹と二人で転生しました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く