異世界転移百鬼夜行

ルイ

プロローグ

「おはよう!樹!」
「ああ、おはよう錬乃助」
声をかけてきたのは、友達の欅錬乃助
だった。
「おいおい、元気無いなあ〜」
「なんか嫌な予感がするんだよ」
「そうか、お前のカンはよく当たるから
な」
「おっはよー!」
次に声をかけてきたのは、一ノ瀬葵
だった。
「2人で何の話をしてたのー?」
「今日樹が、嫌な予感がするんだってよ」
3人で話していると、教室の女子たちが
騒ぎ出した。どうやら学校1のイケメン
キャラの磯部勇士が来たようだ。
その後も3人で話していると、先生が
来た。
「ほら、席に付けー」
突然、床が光り出した。
「うわー!」
「ドアが開かない 」
「窓も開かない 」
「みんな落ち着け 」
ふむ、他世界からの干渉か楽しそうだし
放置する方針で行こう

そうしてこの日クラス全員が、失踪する
ということが起きた

「異世界転移百鬼夜行」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 如月

    自分は、良いと思います

    1
コメントを書く