幼馴染を追って異世界へ 〜3億課金した最強アカウント × 【超重力属性】を使って〜

甲殻類

17話 回復者

 
 俺は意識が戻る。


 が、手足が動かない。ここはどこかと見渡して見るとどうやら俺はシロネが張ったテントの中にいるらしい。
 日は沈んでいて、辺りが真っ暗だということがテントの布ごしでもはっきりと分かる。隣ではシロネがスヤスヤと寝息を立てながら寝ている。


 普通なら何らかのアクションを起こすべき事項なのだが如何せん体が動かせないのでどうすることもできない。


 そう、俺はあれから3体のスケルトンと夜、暗くなるまでずっと戦闘を続けていた。


 スキルポイント(SP)を使い果たしてからも、永遠とスケルトン相手に殴り続けていた。


 俺はステータス画面を見ようとしたが、明日にすることにした…また、眠気が襲ってきたのだ。


 1日目でこんな風になっているようじゃ明日以降どうなるのやら…


 落ちていく意識の中で俺は明日どうするのか最後まで考えるのだった。




**




 朝目覚めるとシロネの姿はもうなかった、俺は近くの川辺で顔と昨日洗えなかった体を洗いさっぱりする。


 そして、テントに戻るとシロネがスケルトンの準備を始めていた。




「シロネおはよ〜」


「ふわぁあ〜、うむおはようなのじゃ」


 俺が挨拶をすると、シロネは眠たそうにあくびをしながら挨拶を返す。


「昨日はありがとうな、テントまで運んでくれて」


「気にするでない、それくらいじゃないと意味がないからの」


 レベル上げは俺だけがしているわけではない実際のところ『和衷協同』でシロネのレベルも上がっている。




 俺は一旦テントの中に戻り、ステータスを開く。俺のレベルは15になっていた。1日で4も上がっている、このペースで行けばかなりいいとこまでいけると思う。


 新しく覚えたスキル、魔法もあるので今日からはなかなかいい戦いができそうだ。


 俺はテントから出ると、いつものルーティンをやりレベル上げを開始する。




 今日の相手はスケルトン5体。いきなり2体も増やして大丈夫かと聞かれると大丈夫ではないがそんなこと気にしている暇はない。
 俺は息を整えながらスケルトンの動きを観察する。昨日の3体の攻撃のパターンはだいたい覚えたので躱しきれるが、新しく追加された2体、これがまた厄介度を増している。


 今回追加されたのが大剣を持つスケルトンと片手剣を持つスケルトンだ。前衛が2体も加わり、攻撃に厚みがます。それにより後衛がこれまで以上に脅威となる。


 俺はもうすでに何発か被弾していた、前衛に意識を持っていかれすぎて後衛に対する対処がずさんになっているのだ。


 自分では分かっているのだが、それができないのは歯がゆい。


 俺は新しく覚えた『低級回復/ライトヒール』を唱える、するとさっきまでの傷が淡い緑色の光に包まれ少しずつ傷が修復されていく。
 まだ、低級なのですぐに回復とはいかないが今はそれでも十分すぎる程だ。これ意外としみる。


 大剣のスケルトンがおお振りの斬撃を繰り出す。大雑把だが当たれば大打撃を受けるけるので今は躱すしかない、そこへ左右から2体の片手剣スケルトンが俺めがけ剣を振り下ろす。 


 流石に躱しきれないので新しく覚えたスキル『重力圧縮波/グラヴィティウェブ』を俺は使う。両手を開き周りにある重力を圧縮するイメージで両手に貯め、それを一気に両サイドのスケルトンに放つ。


 真っ黒な重力の波動はスケルトンに直撃し、ギシギシと骨と骨が掠れる音が鳴り響く。


 左右のスケルトンは吹き飛ぶ。1体は木にぶつかり、もう1体は地面へ激突していた。


 このスキルは威力が大きいため次使うまで少し時間がいる。さらにSPも異常に消費するため今の段階では1日に打てて5発だ。


 俺がスキルを放った瞬間、3本の矢が俺に向かって飛んでくる。俺はそのまま2本をスキル『重力拳/グラビティナックル』で2本を撃ち落とすが1本避けきれず掠ってしまう。


 やはりかするだけでもかなりの激痛がはしる。元の世界ではこんな矢が掠るなんてなかなかない、てかない。生温い国だったよ、本当に。今になって思い知らされる。


 ステータスでダメージを軽減しないとこの痛み関係は和らがないか…


 そしてその間に杖を装備したスケルトンが『低級回復/ライトヒール』をすでに1体にかけている。




 今日もかなりの長丁場になりそうだーー








ーーーーーーーーーーーーーーー










 私は城内を早足で歩いている。下は真紅の絨毯が敷かれており、壁には魔法で永続的に照らし続ける松明が並んでいる、城内からは綺麗な街並みが見えており最初来た時は感動したものだ。


 そんな感動はとっくの昔に置いて来てしまった今私には向かうところがある。


 途中何人かの兵士とすれ違う、兵士達は私を見ると道の端に寄り頭を下げる。はじめの方は恥ずかしかったが人間というのは不思議なもんで毎日何処かしらでやられていると慣れてしまった。


 それにしても城は無駄に大きくて移動が手間すぎる、城には魔法やスキルに対する障壁が何枚も展開しているため中で空間魔法を使っての移動はできない。私はうんざりしながらも目的の場所に到着する。


 私はある1室の扉の前に立つ。早足で来たので若干乱れている髪を整え直し扉を3回ノックする。


 使用人が扉を開く。


 部屋の中央で優雅に座っている女性がいる、それが今回私が会いに来た相手。


 純金に引けを取らない金色の髪艶をしており、少しウェーブがかかった長い髪を両サイドで結んである。
 凛とした雰囲気があり、今は真っ白なドレス姿で紅茶を飲んでいる。


 綺麗、可愛いでは言い表せない美しさがあり、真っ白な肌にほんの少し頬に赤く塗っているチークがよりその白い肌を強調させる。




 初めてみる人は皆目を奪われる存在である。


 こちらを振り返ると、にこやかに笑って手招きしてくる。


 その合図にしたがって私はその人の元まで足を運ぶ。そして相席を求められ私は一切の迷いもなく席に着き紅茶とお菓子を使用人の人が持って来てくれる。


 そして、私が一口紅茶を飲むと口を開く。


「久しぶりね。『戦闘芸術品/バトルアーティスト』」


 また、懐かしい二つ名を…いい加減恥ずかしいからやめてほしい。
 私はお返しする。


「ああ、久しぶりだな『超越回復者/バーサクヒーラー』」


 そう言うとふふふと笑う。まったく恥ずかしいと思っていないのだろうこいつは。


「懐かしいわ…またあなたと戦いたくなっちゃった」


 こいつは、キサラギ・ネル。セイルド聖王国最強の「回復者/ヒーラー」であり、最強の前衛でもある。


 なぜ最強の前衛と呼ばれていたのか。それは、死なないからである。キサラギは攻撃スキルや攻撃魔法を持たず全て耐性や防御、回復系魔法やスキルの能力を高め、最強のエクストラパッシブスキル『超越回復/ヒーリング』を持つ。頭を吹き飛ばそうと心臓を貫こうとも直ぐに回復してしまうのだ(まぁまずそこまですることすら難しいのだが…)


 前線で倒れた仲間を回復させその際にどんな隙が生まれようとキサラギには関係ない。そして後ろにすぐ回復してくれる人がいるとわかれば士気も高まり強くなる。


 兵士は倒しても倒しても起き上がり、聖王国の兵はゾンビ兵と呼ばれるようになった。


 一時期はそれを真似し他国でもそういったヒーラーを作るべく研究していた。
 だが、大抵のものは発狂し、精神が崩壊して使い物になる人は誰一人生まれなかった。


 そりゃそうだろう、なぜなら受けた攻撃の痛みまでは消せない。腕を切られたりすればその痛みは感じるのだ。


 キサラギはそこら辺の頭のネジが飛んでいるからこそ出来る芸当なのだ(究極のドMだ)。


 キサラギを止めるためにはキサラギを相手に出来るものを当て回復に手が回らないようにするしかない。


 そこで、私は聖王国との戦争時こいつとよく対峙したものだ。


 大抵戦争が終わるまで永遠と戦闘を続けていた。


 最近は戦争も昔に比べれば減っておりこうやって私たちが会うこともできる。




「こちらは願い下げたい」


 その答えが分かっていたかのようにキサラギは何も言わず外を眺める。
 私は紅茶を一口嗜む。まぁまぁかな…よくわからん。








 そして、少しの静寂の後キサラギは本題に入る。


「またこの季節がやって来たわね」


 この季節とは、そう魔導学園の入学試験だ。どの国も多数の学園を持っており、戦力を育成しているのだが、入学試験の時期はだいたいどこの国も同じである。


「面白い子がいるといいけど……」


「最近はなかなか面白い奴がおらんからな」


「あなたの弟子が最後じゃない?良かったの」


「確かにそうかもしれんな」


 やはり、もう少し入学試験の内容を見つめ直すべきだろうか……


「この時期は入学試験を狙う輩も出るからそのあたりも考えないとね……」


 私の弟子の入学試験の時もそうだったが、ほんとに迷惑な奴らだ。ただ、毎回来るわけじゃないからいつも教師に注意喚起しているだけだがーー




 それからは、試験内容や今後について色々話し合いその日は御開きとなった。



「幼馴染を追って異世界へ 〜3億課金した最強アカウント × 【超重力属性】を使って〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く