Eonian Gait

「S」

第一章幕間 『永遠の誓い、永遠の歩み』

「……」


 気づけば、深い回想は終わって、自宅前の玄関に立っていた。
 明かりのついた家。見るからに誰かがいるのがわかる。




 ――あれから2年、高校1年生。




 今でも創作活動を続けている。




 今まで一人だった僕が――。




 それはきっと――、




「ただいま」


 ドアノブを掴み、帰宅する。


「おかえりなさい」


 優しい微笑みを浮かべて現れる『彼女』。
 だから僕も、微笑ましくも思ってしまう。


 あの日、誓い合った言葉。
 永遠の愛。永久とわの歩み。




 ――『Eonian Gait』。








 そう――。




 僕はもう、一人じゃない――。





「Eonian Gait」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く