Eonian Gait

「S」

第一章14 『花束の告白/《メッセージ》』

『続いて、次のニュースです。ライトノベル小説――「君と共に」、通称「キミトモ」が業界史上類を見ない、あの『竜胆』先生の記録を塗り替える速度で、刊行僅か1ヶ月にして百万部という数値を出しました。皆さんはこの小説をご存知ですか?』




『もちろんですとも。二人の創作家、男性作家と女性絵師との純愛物語。何度読み返しても感動で涙が留まりません……!』


『小説なのに細かい描写は一切省き、主人公やヒロインの感情的描写・視点的描写という最低限の一人称でのみ描くというアイデアは、とても斬新ですよねー』


『そんな「キミトモ」は、今では売り切れする書店が続出で、ネットオークションでは高値がついているそうですよ』


『アニメ化にドラマCD化、実写映画化なんかも早くも決定しているそうですね』


『凄いですねー』




「ちっ」


 舌打ちと共にテレビを切る青年。
 胸には苛立ちと敗北感があるのに、頬が緩んでいた。


「凄いですね『竜胆』先生」


 背後に目をやれば、そのわけの物をもった白森がいた。
 彼の持つ本。そこには全ての理由がある。


「やっぱり、『星型』先生は『竜胆』先生だったんですね」


 感慨深い表情。
 物思いに耽っている。


「ここにある物語が全部、フィクションじゃないなんて……。先生の凄味を垣間見た気がします」


 持っているその本が、一人の人生を書き記している。
 それはとても重く、感動的。


 ただ、勝負をしていた身としては、釈然としない。


「……ぁ」


 本を取り上げ、適当にページを開く。
 そこには案の定の描写ワンシーンがある。






『僕が物語を描くのは、死ぬためだよ』


『ぇ……』


『3年後、僕は死のうって考えてる。あの物語のように』


『……っ!』


『生きることに疲れたんだ。未練なんて特にないしね……早く、楽になりたいんだ』


『何を言っているんですかっ⁉命を粗末にしないでください!命は尊いんですよっ』


『そんなの、人が思いあがってるだけの幻想だよ。人はそんなにいい生き物じゃない。命の持ちようなんて、皆の捉え方次第だ。価値観の違い。皆違って皆良い、だよ』


『それでも!あなたの考えはバカげています!どうしてそんなに全てを投げやりに諦めてしまっているんですか……っ」


『……この世界は何よりも美しく、広いと言うけれど、僕にとっては何よりも窮屈で、息苦しく感じる。それが何故だかわかるかい?』


『それは……』


『……世界が残酷で、人が感情のままに生きる獣のようだから』


『……っ』


 君はそうやって、いつも僕に悲しみの目を向ける。
 僕は君を、何度突き放せばいいのだろう。何度悲しませればいいのだろう。




 ――何度、君を好きになればいいのだろう。




 君は酷いです。
 私を何度もかき乱して、身勝手にもこの世を去ろうと言う。
 全く、君は酷い人です。
 そんな君が、私の心を『好き』という二文字で何度も埋め尽くしていく。




 ――本当に酷いのは、私の心の中かもしれませんね。




 少年は死に飢え、少女は抱く感情を持て余す――。






「僕たちの完敗ですね」


 仕方ないというように吐き捨てる彼。




 ――でも、




「バカかお前。やっとだろうが」


「……?」


「あいつは今まで、俺たちの事を見向きもしない奴だった。だが、今は違う。だから、こっからだ。俺たちの勝負は、こっからなんだよ」


 暑苦しい言葉を並べ、自分らしくないと、そう思う。
 けど、それは仕方のない事だ。




 何故なら――、




「『俺たちの戦いはこっからだ』、ですか。打ち切り展開まっしぐらですね」


「うっせ」


 笑い合う二人。




 思う事があるとすれば、『やっと』という思いただ一つだった――。




      ※




 ――病院。




 やっとの思いで、勝負という名の試練を潜り抜け、君はそれに応えるように手術を受ける。
 和らいできたはずの不安は、元通りのように再発している。


 君を信じているのに、この信頼がまた、裏切られそうで怖い。


 君が、妹にそっくりだから。


「そんな顔しない。こっちまで不安になるでしょ」


 ストレッチャーに乗せられ、手術前の最後の会話。
 不安気な僕に、君は諸共しないように振る舞っている。


「君は賞を取った。今度は私の番。だから、退院祝いは君の祝勝会と一緒に、パァッとやろ。ね?」


 ただその理由は、とても単純なもので、君はこんな時にもその笑顔を見せる。


「うん……」


 そのおかげで、僕は苦し紛れの今できる最高の笑顔をつくる。


「じゃあ……」


 運ばれる君。
 手術中のランプが灯り、北村さんと二人、彼女の生還を祈る。




 ――ただ、




 何度も、何度も、これでもかと言うほど、彼女を見ていると妹がぎる。


 創作家は、人に夢や希望、踏み出す勇気を与えることができる。




 ――でも、




 人の命を救うことはできない。




 ――だから、




 こんな時ほど、自分の無力さを痛感したのは初めてだった……。


「北村さん……」


「何だい?」


「妹は、僕を恨んでいたんじゃないでしょうか……」


 彼女が妹に似ているからなのか、ふとそう思ってしまう。


「……そんなこと、あるはずないじゃないか」


 その質問に対し、少しの沈黙が流れると、北村さんはとある手紙を差し出した。


「……っ!」


 渡された手紙。




 それは、もういるはずの無い妹――『雪』からのものだった。




「雪ちゃんはきっと、このことを予感していたのもかもしれないね」


「どうして、これを……」


「雪ちゃんに頼まれていたんだ」




『私がいなくなって、お兄ちゃんが創作に走ったとき。そしてお兄ちゃんが、大事な人と結ばれようとするとき。きっとお兄ちゃんは、私のことを思い出して悲しむから。だって、お兄ちゃんは私の事、大好きだから』




「……だってさ」


「……っ」


「……ちょっと、飲み物買ってくるね」


 その言葉を置いて、離れて行く北村さん。
 僕はゆっくりと手紙を読み始める。


 そこにあったのは、花言葉でまとめられた花束の告白メッセージだった。




  『お兄ちゃんへ』




『実りのある人生』                  (ブルーベリー)
『悲しみを超えた愛』                  (ヒヤシンス)
『あなたと一緒なら心がやわらぐ。心のやすらぎ』     (ペチュニア)
『いつも幸せ。あなたは私の安らぎ』            (ルピナス)
『とても幸せです』                    (クチナシ)


『特別な存在』                 (オドントグロッサム)
『夢でもあなたを想う』                  (サギソウ)
『あなたを信じているけど心配』            (アスター《青》)
『大切なあなた』                     (ミセバヤ)
『幸福、願い続ける』               (ブライダルベール)


『幸福を告げる、たくさんの小さな思い出。あなたを守る』 (カランコエ)
『あなたとなら幸せ』                (カランコエ《黄》)
『あなたに愛されて幸せ』               (アザレア《白》)


『君を忘れない』                      (シオン)
『私を忘れないで』                  (ワスレナグサ)
『変わらぬ心、途絶えぬ記憶』              (スターチス)
『永久不変』                 (スターチス《ピンク》)
『愛の喜び』                   (スターチス《黄》)


『祈り。いつまでもあなたと一緒』           (アングレカム)
『君ありて幸福』                  (ゼラニウム《赤》)
『君を離さない、旅立ち』                (イカリソウ)


『はかない恋、恋の苦しみ』                (アネモネ)
『君を愛す』                     (アネモネ《赤》)
『あなたを愛してます』               (胡蝶蘭ピンク
『永遠の愛、不滅』                    (アイピー)




                  ――『Eonian Gait』




「そうか……そうか……っ」


 並べられた花の数々。それは全部、お見舞いの時に頼まれた物。


 妹は花が大好きだった。
 花言葉をノートにメモを取っていて、その全てに意味があった。


 熱烈な告白。愛されていたことへの実感。顔は涙でぐしゃぐしゃ。
 こんな顔じゃ、彼女を迎えることができないな……。




「……ね。そんなこと、なかっただろ?――――君は、愛されていたんだ」




 影から見守る北村さんの声。
 その言葉を僕は知らない。




 ――そして、




 時間は過ぎて、手術中のランプが消えて――、




 それで、彼女は――。





「Eonian Gait」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く