Eonian Gait

「S」

第一章12 『Eonian Gait』

 走る、走る。
 息を切らし、降り出した大粒の雨など気にもせず、ただひたすらに駆け抜ける。


 不安を煽る天気。
 どんなに息が切れようと、乱れた呼吸で肺が痛くなろうと、構わず走り続ける。


 彼女のもとへ。
 その一心で足を動かす。


 嫌な予感がする。
 この冷たい空気が不安を煽る。




 まるで、あの時を彷彿とさせる――。




 急げ……急げ……っ!


 この3か月間、ずっと彼女と共にしていた。
 僕の日常は彼女なしでは成り立たないほどに、僕の心は、彼女との思い出で満ち溢れている。


 掛け替えのない存在。
 僕の心を豊かにしてくれた、大切な人。


 僕はっ……僕はまだ……っ!


 脈打つ心臓がうるさい。
 視界を阻む雨が、冷たくて目に染みる。


 頬を伝っていく感触が少し、涙に似ている。
 頭の中は、彼女との思い出と妹の影が重なって、掛けられた言葉が耳元を掠める。


 彼女と妹は似ている。
 でも今この瞬間だけは、似てほしくないと思った。


 目の前に不穏な空気が漂う。
 そこにあるのは、顔馴染みのあの場所で。
 目的地へと近づき、視界に入れた途端に浮かぶのは、先ほどのメールで。




 ――『サブ:病院にいます。
    本文:お見舞い、来て?』




      ※




 ――病院。




 エントランスで受付を澄ませ、乱れた呼吸を整えるべくゆっくりと歩く。
 這いずるように壁に寄り掛かり、彼女の病室を見つけては戸惑う。


 そこには見慣れた廊下があって、そのことに息は詰まって。
 ゴクリと唾を飲み込んで、ドアノブへと触れる。




「―――」




 妹と同じ病室。
 何度も訪れ、胸にはこの遣る瀬無い思い。


「なんか、因縁を感じるな……」


 嫌な予感が助長される。
 意を決して、ゆっくりと扉をスライドする。
 扉を開いた先に、彼女はいた。


「やあ」


 途端に聞こえる彼女の声。


「ごめんね?心配かけちゃって。ちょっと根詰めすぎちゃったかな」


 振り返った姿には、いつも通りの笑顔があって。


「大丈夫なの?」


「うん」


 気のせい、かな……?
 今の返答、予め用意していたみたいだなんて。


「聞いたよー?待田先生と白鳥先生のコンビと勝負するんだってね。編集長からさっき、直々に電話があってびっくりしちゃったよ」


「……うん」


 視線を逸らす僕。
 窓に目を向ければ、雨は止んで暗闇の広がる夜となっていた。


「……どうして、そんなことをしたの?」


 問われたことに、少し言いづらい。




 ――だってそれは、




「……君が、バカにされたから……」


 凄く、子供っぽい理由だったから。


「……君はもっと、冷めてるんだと思ってたんだけどな」


 小さな苦笑。
 きっと、気のせいだ。


 目の前にいる彼女。飾られる花。窓から差し込む月夜の光。
 それが全部、昔を思い出させるもので、君が妹に似ているからって、君も同じ道を歩むなんて……。




 そんなの、全部――、




「どうして、君はそんなのにも頑張れるの……?」


 君は今日まで頑張っていた。
 妥協せず、諦め悪く、必死に。
 ずっと隣で見てきた。


 君は凄い。
 誰に何を言われようと自分の信念を貫き通す。


 意見を曲げない頑固者。
 僕にない、強さを持っている。


 だからふと思ってしまう。


 君を突き動かす理由は何なのかと。


「どうしてって、そりゃあ……」


 暗がりの中振る舞う、明るい笑顔。


 その理由を僕はまだ、知らない。


「君に、認められたいから」


 静かな言葉だった。
 夏に差し掛かった病室で、雪のようにしんとした冷たい回答。


「僕はもう、君を認めている……っ」


 バカみたいな理由。
 君がどれほど頑張っていたのか、僕は知っている。


 傍から見れば天才。
 でもそこには、類稀なる努力があった。


 絵に全てを注ぎ込んでいた。
 僕にはとても真似できないほどの、積み上げてきたものがあった。


 刊行に間に合わせるための必死さ。
 締め切りを破ることの重み。
 君は普通とは違う。


 睡眠時間を削って、絵を描いていて。
 それは全部、僕のためで。


 編集部からの無理難題の締め切りを押し付けられても、君は弱音一つ吐こうとしない。泣き言一つ言わない。


 無理なら無理って言っていいのに。
 君は意固地になって、諦めることを許そうとしない。


 そんな君を認めることなんて、造作もないことで。
 僕は君をとっくに、認めているというのに。


「だって、バカにされたんでしょ?」


「……っ」


 君はまだ、頑張ろうとする。


 僕のため。自分のため。
 今にも折れてしまいそうな、ちっぽけな理由。


 君はどうしてそこまで頑張れるのだろう。


 それが僕にはわからない。


「それってさ、私がまだ、君にふさわしくないってことでしょ……?」


「それは……」


 途端に萎らしく、声を震わせる君。


「私は君の力になることも、支える事さえかなわない……。全然できてない……」


 溢す涙。
 掛ける言葉が見つからない。


 そうか……君も、そうだったんだ……。


「だから、今無理するのは、当たり前のことなんだよ……っ?」


 無理矢理つくる笑顔。


 君も、追い詰められていたんだ……。


「……っ」


 悲しそうで、苦しそうで、そんな君を僕は見ていられない。


 違う……僕は君に、そんな顔をしてほしいんじゃない……っ!


「ごめん……困らせちゃったよね……」




 ――『ごめん、ね……?』




 ぎる光景。重なる言葉。ちらつくあの涙。
 君を見ていると、妹を思い出す。




 ――だから、




「ぇ……」


 体は自然と、吸い寄せられるように彼女を抱きしめていた。


「君は、いなくならないでくれよ……っ」


 漏らす言葉は、繰り返すようなあの頃を思い出して、頬には君と同じ涙が伝っている。
 そんな中でも君は、僕を受け入れるように抱きしめ返してくれる。


 傷をなめ合うように泣きじゃくるこの瞬間。




 悲しいはずなのに、なぜか不思議と暖かかった――。




      ※ 『独り善がりの想いほど傲慢なものは無いけれど――、』




「それで、勝負の内容は?」


 落ち着いて、恥じらう素振りを誤魔化すように君は話題を変更する。


「とりあえず、小説で賞を取った方の勝ちって感じかな……」


 だから僕も、そこに合わせる。


「何を賭けるの?」


「君への謝罪と僕の復帰」


 これはもう、決定事項。
 彼らの承認も、北村さんや編集長の許可だってもらっている。


 僕が勝てば君への謝罪。
 僕が負ければ、『竜胆』としての復帰。


 ここのどこに、彼らの願いが込められているのかはわからない。
 けれど、わかっていることはある。


「そんなことのために、勝負を挑んだの?」


 呆れ顔の君。
 でも、嬉しそうに笑っている。


「うん……」


 僕が物語を描くのは、僕が物語を紡ぐのは、全部君のため。


 いや、違うな……。
 君であって、僕のためだ。


 見つけたんだ、揺るぎない信念を。
 真に思った、自分が描く理由を。


 お金のためや描きたいからというのとは、少し違う。
 自分のためであって、そうじゃない。


 独り善がりの想いほど傲慢なものは無いけれど、決めたんだ。


『君のために』って、そう、決めたんだ。




 ――なのに、




「私ね、手術することになったの」




 途端に君が見せる表情は、何かを諦めているような冷めたものだった――。




      ※




「手、術……?」


「うん……」


「それって、難しい手術なの……?」


「どうだろ」


 取り繕った笑顔。




 ――なんだよ……なんなんだよ……っ。




 握り締める手。困ったような苦笑。
 君も、不安なんだ。




 ――やめろ……やめてくれ……っ。




 妹の影がちらつく。
 今の君の姿は、妹と重なる。




 ――あの時もそうだった。




 いつも通り花を手向け、笑顔を見せていたユキ。
 病状が悪化していく中で、それでも耐えず笑みを溢していた。




 僕に心配を掛けまいと――。




 もしかしたらユキは、自分はもう長くないのだと予感していたのかもしれない。
 気づいて、わかったうえで、作り笑いを浮かべていた。




 ――ごめん……ごめんよ……。




 何度謝罪の言葉を並べようと、ユキには届かない。
 申し訳なさでいっぱいだったあの頃。
 今もまた、同じことを繰り返そうとしている。




 ――お願いです神様……。




 何度訪れたことだろう。
 毎日のように、この病室にお見舞いにやって来た。
 学校が終わって、宿題なんて帰ってやればいいとほっぽって、面会時間ぎりぎりまでユキと一緒にいた。


 帰ったらすぐに執筆と原稿。
 それが当たり前の毎日。
 最低限の睡眠で、普通は耐えられないと誰もが思ったことだろう。


 いろんな人に支えられていた。
 でも僕は、それを裏切ってしまった。
 ユキの希望も、支えてもらった皆の期待も、抱かせるだけで僕は何もできずに終わってしまった。


 僕は、酷い奴だ。




 ――お願いだから……。




 お見舞い帰り、毎日あの神社に通った。
 ユキの病気を治してくださいと、お願いをして。
 助けるための力をくださいと、何度も願った。


 ユキにそっくりなあの白猫。
 会う度に、涙が出そうになる。




 ――彼女を連れて行かないで。




 そう、何度思ったことだろう。


 君と出逢って、僕は帰って来れた。
 これからって時にまた、僕は君を失うの?


 そんなの……嫌だよ……。


 もっと一緒にいたい。
 もっと話をしたい。
 もっと、君の傍にいたい。




 もっと、もっと、もっと――。




 だから、さ。
 そんな諦めたような顔、しないでくれよ……。


 そこに僅かでも希望があるなら、飛び込むのが君じゃないか。
 今の君は全然、君らしくないよ……。


 どうして僕の前から皆、いなくなろうとするの?


 一人は嫌だよ……。
 寂しいよ……。


 僕を、一人にしないでくれ……っ。


「ねぇ」


「……っ」


 どす黒い感受が渦を巻く。
 嫌なことばかり、考えてしまう。


 また一人に戻るだけ。
 そう考える自分もいる。




 ――でも、




 戻れるわけ、ないじゃないか。


 君は僕に、たくさんのものをくれた。
 忘れられない思い出ばかりが増えていって、君といることが当たり前となった日常。
 それは何とも心地よくて、僕は君に惹かれていた。


 こういう感情をなんて言うかわからない。
 けれど確かなのは、君を失うのが何よりも嫌で、怖くて。
 君は何よりも大切な人で、それを失うのが何よりも怖くて。
 怖くて怖くて、仕方がない。


 君は僕よりも不安なはずなのに、怖いはずなのに、弱気にならないように頑張っている。
 ここでも自分を押し殺している。
 今にもまた零れそうになる涙を、必死で堪えている。


 僕はバカだ。
 君は強くなんかない……普通の女の子なのに……。


 僕は、君に掛ける言葉が見つからない。
 声に出そうとしても、何を言えばいいかわからない。
 だから必然と黙ってしまう。


 頑張ってとか、大丈夫だとか。
 そんな無責任な言葉は掛けられないよ。
 僕はただ、君と一緒にいることしかしてあげられない。


 僕は、どうしたらいい……?
 なんて言えばいい……?




「―――」




「……っ!」




 途端に紡がれる彼女の言葉に、耳を疑う。
 君のその言葉が、僕の胸を突き刺す。


 鳴りやまぬ鼓動。
 その笑顔に魅せられる。


 綴られていく言葉に、何度も勘違いしそうになりながら。
 渦巻く感情に押し潰されそうだった僕を、解放するように投げ掛ける。


 その暖かな言葉が身に沁みる。




 そうやって、僕はただ不思議な感情に抱かれながら、ただひらすらに君を見つめていた――。




      ※ 『リナリアの実り』




 手術の話を持ち出してから、君は落ち込んだまま。
 そこに気まずさがあるから、私は目を逸らし、からかうように君にこの言葉を投げ掛ける。


「今日は、月がきれいだね」


「……っ!」


「ふふ」


 君に届くだろうか。
 いや、きっと届くはずだ。




 君も同じ、『創作家』なら――。




 でもやっぱり、ちょっぴり不安だから、


「そんなに心配なら約束、しよ?」


「それ、したら死亡フラグなんじゃ……」


「もう!こんな時にだけそう考えるんだから!」


「……?」


 小指を立て、手を指し出す。


「私の手術が成功して……」


 成功するかもわからない手術。
 未練が無いと言えば、嘘になる。


「君が賞を取ったら……」


 どうしてこんなことになるんだろうと、何度も自分を呪った。
 君のために必死で、無茶しすぎた代償。


 その付けを払えってことかな?
 たぶん、そういうことだ。


 酷いな~神様。
 凄く、意地悪だ。




 ――でも、




 そのため、ここに誓いを立てよう。




「私がその物語の絵を担当する。そして――」




 だってまだ、君に私が傍にいる理由を伝えていないんだもの。




 ――だから、




 徐々に顔を近づける。
 ちょっぴり恥ずかしいけれど、私は勇気を振り絞る。






 顔を背けようとする僕。


 ――でも、


 月に照らされる君が美しく、それを許してはくれなかった。
 そしてそっと、彼女の唇が額に触れた。






「それが叶ったら、私と付き合ってください」


「……っ!」


 君もバカじゃない。
 だからきっと、届いたはずだ。


「ずっと一緒にいさせてください」




 それでも訴えかけるのは――、




「ずっと隣にいさせてください」




 それでも言葉を紡ぐのは――、




「ずっと愛を誓ってください」




 それでも君を思うのをやめないのは――、




「大好き」


 君が、大好きだから。






 その言葉と行為は、僕を虜にする。
 ずっと一緒にいたいと、傍にいたいと、そう思わせる。




 月夜に輝く君は、何よりも儚く、美しい――。




「……って、卑怯だよね――――――……っ」




 だから僕も、お返しをする。
 奪うように、誓うように、形にする。


 間近で見る君は、可憐だった。




「全然、卑怯なんかじゃないよ――――僕も、君が大好きだ」




 驚きの表情。
 すると彼女は、涙を溢しながら笑みを浮かべる。


「うん……」


 そうか……この気持ちを『恋』って言うんだ。


 掛け替えのない存在。
 ずっと隣にいてほしい、大切な人。


 この瞬間、僕は君に永遠の愛を誓った。
 君の隣にいること。永遠とわの歩み。




 『Eonianイオニアン Gaitゲイト』――。





「Eonian Gait」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く