Eonian Gait

「S」

第一章9  『リナリアと星型乃蘭』

 外へと出て、コンビニへと寄った帰り道。
 冷蔵庫になかったおやつを買って、帰ろうとしたのだが、


「……」


 裏山の神社が目に移り、立ち寄ることにする。




 誰もいない、小さな神社。
 階段へと腰を下ろし、コンビニ袋に入ったアイスキャンディを手に、風景を眺める。


 静寂のひと時。
 シャリシャリと口の中でアイスが溶けていく。


 物思いに耽っていると、何やら背中を撫でる暖かいものがある。
 振り返ってみれば、そこには顔馴染みの子猫たちがいた。


 和ましい光景。見る度に何度も癒される。
 なんとなく、立ち寄ることを見越して2個ほど買っておいた猫缶を取り出す。


 開けてやると、現れた5匹が、むしゃむしゃと仲良く食べていく。
 あっという間に完食され、食べ終わった猫たちは「ニャー」とお礼でも言っているのか、擦り寄ってくる。


 背中をよじ登り、頭へと太々しくも乗ってくる黒猫。
 膝の上を独占し、丸くなる灰色猫。
 顎を撫でれば、「ごろごろ」と気持ちよさそうな顔をする茶トラ。
 「僕も撫でて」と言わんばかりに腕にしがみつく三毛。
 背中に頬ずりをして、どうしようかと目の前をウロウロする白猫。


 そんな皆が可愛らしくて、構ってあげたくなる。
 けれど時計を見れば、時刻は3時40分を示しており、「じゃあね」と挨拶してダッシュで帰宅した。




      ※




「ただいま~……」


 そろりと覗き込むように玄関の扉を開く僕。


 自宅なのに、なんで僕が怯えないといけないんだ?


 そんな疑問に囚われるも、彼女が起きていないことを確認し、胸を撫で下ろす。


 階段を静かに登っていき、自室のドアノブにそっと手をかけ、ゆっくりと開放する。
 案の定、未だ物静かだったため、小さな漏れ息と共に、何事もなかったかのように席へと着く。


「バカ……」


「……っ!」


 不意に隣から声がして、そちらへと目をやれば、涙目でこちらを睨む彼女の姿があった。


「急に一人にしないでよ……っ!寂しいじゃない!」


「いや、その、ごめん……」


 理由が可愛らしすぎる……。


「どこ行ってたの……?」


 半泣き状態の君。
 今にも泣きだしそうに頬を赤らめている君に、僕は慌てながらに口にする。


「ちょっとコンビニに行ってただけだって!」


「ふ~ん……」


 納得がいかないご様子。


「ほら!ちゃんと君の分もあるよ!」


 袋から限定スイーツのプリンを取り出す。
 すると君は口をへの字にして、寝返りを打つ。
 僕は申し訳なくて、「ごめん……」と謝罪して、


「一緒に食べよ?」


 そんな言葉しか、口にすることができなかった。




 ――そして、




「~~♪」


 プリンを一口した瞬間、君はいとも容易く上機嫌になった。


 よかった……。


「ふふ」


 微笑ましい光景に思わず、僕は笑みを溢す。


 それと同時に、僕も僕で買っておいたコーヒーゼリーを取り出して、ゆっくりと噛み締める。


 うん、安定の美味しさだ。


「ねぇねぇ」


「ん?」


「一口頂戴」


「え、ああ、うん」


 笑顔でお願いする君。


 すると何気に、口を「あーん」と開けていて、僕はその機嫌を損ねないよう、僕も「あ、あーん」と戸惑いながら一口献上した。


 なんか、すっごく恥ずかしい……。


「うん、美味しい」


「それは良かった……」


「それじゃあ、はい」


「え?」


 今度はお返しと言わんばかりか、プリンを一口差し出す君。
 僕はゴクリと唾を呑み込んで、意を決して口を開く。


「あーん」


「あ、あーん……」


「どう?」


「美味しい……」


「でしょでしょ♪」


「うん……」


 嬉しそうに、君は有頂天にはしゃぎ倒す。
 でも複雑なことに、口にしたプリンは恥ずかしさであまり味がしなかった。




「それじゃ、また明日」


「また明日……」


 午後4時となって、帰宅する君。
 閉まる玄関を眺め、右手にある帰り際に渡された白い紙袋に目をやる。
 意外と重みがあり、自室へと持っていくと、中のものを確認する。


「トランシーバー?」


 取り出した物を目に、彼女の部屋へと視線を移す。
 そこには調度、帰宅した君がいて、手元から声が響く。


『贈り物は喜んでいただけたかね?』


「何その悪の秘密結社みたいなセリフ……」


『一度言ってみたかったんだ~♪』


「……」


 窓越しに見つめ合う僕ら。
 僕は恥ずかしくて、目を逸らす。
 立ち上がって、ベッドへと移動し、腰を下ろす。


『ちょっと!なんでいなくなるの!』


「いやだって、恥ずかしい……」


 君の視界から消えた僕。
 その理由はいたってシンプルで、


『可愛いかっ!』


「君に言われたくないな」


 売り言葉に買い言葉で、僕はそう口走っていた。


『え?』


「え?」


 互いに疑問符を浮かべ合い、流れる少しの静寂。
 僕の頬は徐々に熱を帯び、やらかしたという思いでいっぱいだった。


『私って、可愛い……?』


「……ノーコメントで」


『なんでよ!?言ってよ!』


「そんなこと、軽々しく言えないよ……」


 呆れる僕。
 「好きな人とかじゃないと……」と、最後にそう呟いた時だった。


『……やる』


「……?」


『絶対、言わせてやる……っ!』


 耳を澄ませば、聞こえてくる怒り気味の声。


 そこに若干の焦りと恐怖を浮かべながら、彼女の様子を窺うべく、窓へと近づけば、窓越しからこちらの部屋を睨む彼女の姿があった。


「ひぃっ……」


 慌てて隠れる僕。
 けれど再度、覗くようにして彼女を見ると、


『絶対、可愛いって言わせてやるんだから!』


「ぇ……」


『それじゃ、また明日!』


 ぷつりと切れるトランシーバー。
 彼女の言葉に、僕は少し頭を悩ませる。


 さり気ない約束と、その言い分。
 流れからして、君は僕のことが好きなのかと思わされる。
 何度も何度も、勘違いしそうになる。


 凄く、モヤモヤする……。




 ――そして、




 その夜は案の定、もどかしい思いで眠れぬ夜を過ごす破目となった。




      ※




 次の日、約束通り仕事場にて作業をするも、彼女の言葉の真意を確かめることなく1日が終わり、あっという間に1週間の時が流れた。


 文字数5万6000字。
 締め切りまであと2日。正確には34時間。
 それまでに残り3万字ほど書き上げなければ、規定ページ数により応募以前の問題となる。


 そんな中、


「スー……スー……」


 寝顔を晒す君。
 とっくにイラストを描き終えて、そのクオリティは凄まじく。
 僕にはもったいないくらいの絵を君は手掛けてくれた。


 だから、それに応えなくちゃ。




「―――」




 仕事場の椅子へと腰掛ける。
 ソファで眠る君を眺め、キーボードへと指を置く。


 開けた窓から吹く風。


 明後日から5月。
 なのに、一枚の花弁が宙を舞って迷い込む。


 この風景を目に、自然と手は動く。


 綴られる文字。
 その世界にいる一人一人の言葉が身に染みる。


 欲していた願い。届けという想い。
 自己満足の所業。ただそれだけの技術。


 真っ黒に染まった心。灰色まっしぐらの人生。
 けれど君と出逢った瞬間、僕の心はカラフルに色づき始めたんだ。


 不思議だな。
 君といるだけで、世界がこんなにも違って見える。




 ほんと、不思議だ――。




      ※




「あれ……」


 ふと手が止まり、意識が浮上する。
 顔を上げ、辺りを見回せばオレンジ色に染まった景色が広がっていた。


 時計へと目を移すと、夕方の6時近くを回っている。
 ソファでは案の定、彼女が眠っていて。


 視線を画面へと落とすと、いつの間にか物語がエンディングを迎えていた。


「書き終わってる……?」


 信じられない光景。
 タイピング速度が上がったからと言って、執筆するとなれば別の話。


 1日で10万文字執筆したことがあるという作家を聞いたことはあるが、自分は精々1万文字程度しか書けたことはない。


 でもそれは、学校に通いながらというものだったから、平日だけでも5万文字、休日で1万5000字ずつ書いて、1週間に1作品の完成という計算で。


 それをさらに1か月で出来上がるように割り振っていたため、この記録は過去最速の結果。


「……」


 喜ばしいこと。
 胸には、ありえない思いでいっぱい。
 だから自然と、疑いの目を向けてしまう。


「そうだ!いくら早くても完成度は……」


 焦り気味に、書いた文章を読み返す。
 マウスを手にスクロールしていき、目を通すたびにその緊張感が薄れていく。


「なんだ、これ……」


 完成した作品。
 いつも通り、自己投影したはずだった。




 ――なのに、




「こんなことって……」




 完成した作品は――、




「ん……」


 ふと聞こえる漏れ息。
 ゆっくりと彼女の身体が起き上がることに気づくも、反応が遅れる。


「おはよう」


「んー……」


 寝ぼけ眼の君。
 首を回し、こちらへと振り向けば、そこには可愛らしい姿がある。


「帰ろっか」


「うん……」


 目を擦りながらの返事。
 それを微笑ましく思うも、胸の中の騒めきは消えなかった。




「大丈夫?」


「うん……」


 未だに眠そうな表情。
 それ故に恥ずかしくも、僕と彼女の手が繋がっている。


 なんか、迷子を拾った気分だ……。


「もうちょっとで家だから。頑張って」


「んー……」


「……」


 覇気のない声。
 こんなにも幼い彼女は初めて見る。
 だから少し、心配になる。


「……ぶ」


「え?」


「おんぶ……」


「……」


 渋々、彼女を背中へと乗せる。


 小柄な体型。凄く軽い。
 君は本当に女の子なのだと、改めて実感する。


 背負い歩く夜道。
 程よく揺れていたせいか、耳元で彼女の寝息が聞こえてくる。


 でも、無理もないのかもしれない。


 ここのところ、僕らは必死で、平日は学校、休日のほとんどを創作が占めていた。
 締め切りに間に合うように、納得のいけるものを完成させるために、最低限の睡眠時間での行動。


 僕も少し、眠い。


 完成して安心したのか、今まで張り詰めていたものが一気に解かれ、ドッと疲れが溢れ出している。




 ――でも、




 完成した原稿は――。




「……」


 足が止まる。
 考え事をしている間に、彼女の家の前へと到着する。


「着いたよ」


「んー……」


「えっと……」


 力強く、背中を掴む君。
 どうやら降りることを拒んでいるよう。
 さすがにこのままでいるわけにもいかないため、彼女の家のインターホンを押す。


『はい?』


「……」


 どうしよう……。
 押したものの、なんて言えばいいかわからない。
 この状況、どう説明したものか……。


『どちら様ですか?』


「えっと、その……」


『……?』


「唯奈、さん? を、お届けに上がりました……」


 思いついた言葉は、なんとも情けないもので。
 言ってて他になかったのかと、つくづく思わされる。
 そうやって自分に呆れていれば、


「……ん?」


 開く玄関の戸。
 現れたのは、モデル並みの容姿をした金髪の女性で。




「――あなたは」




 その姿に少し、見惚れてしまった。


「あ、その、僕……」


「間遠くん、よね?」


「え?あ、はい」


 こちらを眺め、そっと微笑するその人。


「上がって」


 すると、理解してくれたのか、家の中へと誘導される。


「お邪魔します……」


 玄関へと入り、ふと思う。


 人生初の女の子の家。
 凄く新鮮味があって、そわそわする。


「こっちよ」


 階段を上っていく女性。
 きっとその先に彼女の部屋があるのだろう。


「ここに寝かせて」


「はい」


 入った部屋は案の定、彼女の部屋。
 未だに起きようとしない彼女の身体をそっと、ベッドへと預ける。
 一息つくと、自然と辺り見渡す。


 ピンク色の床。可愛らしいクッションやぬいぐるみ。
 窓を見れば、僕の部屋が映る。
 こういう風に見えていたんだなと、感慨深く思う。


「今日はね、夫がいないの」


「はあ……」


「娘も帰ってこないもんだから、一人で寂しかったわ~」


「……へ?」


「ん?」


「えぇ!?」


 むす、め……?


「どうかした?」


「いや、その、てっきり姉妹かなんかだと……」


「ふふ、これでも34だからね?」


 普通に若い……。


「女子大生と言われても信じちゃいますよ」


「ありがと」


 無邪気な笑顔。
 ほんとに親子なのだと、そう思わされる。


「それじゃ」


「あら、もう帰るの?残念ねー。もうちょっとお話したかったのに」


 寂しそうな態度。
 僕も少し、申し訳なく思う。


「また今度、改めてお伺いします」


「そ。約束よ?」


「はい」


 お茶目な人。優しい眼差し。
 親子揃って、可愛げがある。


 だからなのかな?


 彼女という存在の秘訣を、垣間見た気がした。




      ※




 締め切り最終日。
 完成した原稿を目に、何度も沈黙を浮かべてしまう。


 酷いわけでもなく、昔ほど面白いわけでもない。




 ――ただ、




「……っ」


 ふと、薄っすらと聞こえるインターホンの音が耳元を掠める。
 振り返り、席を立つと、机に置かれたトランシーバーがジリジリと音を立てる。


『ま~と~く~ん……あ~そ~ぼ~……』


「怖い怖い怖い!」


 玄関へと向かい、開ける扉。
 そこに立っていたのは、さっきとは裏腹の笑顔の君で。


「よ!」


 呪いの言葉とは対照的な、明るい挨拶だった。




「……どうしたの?」


 階段を上りながらの問い。
 その疑問に君は「む……」と唇を尖らせる。


「今日は応募締切の日なんだよ!原稿見に来たに決まってるじゃない!」


「原稿なら、できてるよ……?」


「え?」


「昨日、誰かさんが寝てる間に、ね」


 間抜けな声。
 自室へと入り、ベッドへと腰を下ろす君。
 僕は言葉通り、完成した原稿を見せる。


「これ、ジャンルは?」


 コピー用紙の束を手に、今更の質問。




 僕はそこにいろいろな思いを馳せて、口元を緩めて――、




「異世界もの」


 そう、答えて上げた。


「在り来たりだなぁ」


 つまらなそうな反応。
 ラノベ界で最もメジャーなジャンル。
 人気でありながら、廃れている元凶。


「……百聞は一見に如かず」


「……?」


 けれど、君の想像しているものと、僕の作品は少し違う。


「まぁ、読んでみればわかるよ」


 自信はない。
 でも、面白くないとも思わない。
 普通ではないのは確か。




「―――」




 パラパラと、印刷した原稿を読み進めていく君。
 真剣身のある顔。


 その表情を数秒ほど眺め、僕はパソコンへと目を向ける。
 そこに開かれるは、応募サイトのページで。


「ねぇ」


「んー?」


PNペンネーム、どうする?」


「ああ、それならもう決まってるよ」


「何?」


 ひょいと立ち上がり、ペン立てから一本取り出すと、原稿の裏、白い部分に文字を書いて、こちらへと見せつける。


 4文字の漢字。
 ありがたいことに、ふり仮名が振ってある。
 僕はゆっくりとそれを読む。


ほしかたらん?」


「そ」


「君のPNは?」


「それはねー……」


 嬉しそうにペンを走らせる君。
 今度はカタカナ4文字で、


「リナリア!」


 君は笑顔でそう、読み上げた。




      ※




 原稿をパラパラと捲っていく君。
 1時間が経過し、君は読み終えたのか、パタリと原稿を閉じる。


「うん……」


 スッと立ち上がり、近づいて、


「よく、頑張ったね」


 そっと頭を撫でてきて、君は僕を子ども扱いする。
 でもそれが、照れ臭くも悪い気はしなかった。


 ほんと、凄く恥かしかったけど……。


「よし!それじゃ……」


 横を向く君。
 その視線を追うように首を回せば、口にせずして理解する。


 それぞれが必要事項を記入して、確認ボタンを押して、間に合ったことに安堵しながら、完了ボタンをクリックした。


 笑みを浮かべ合う二人。
 この先に、何が待っているのかはわからない。




 ――けれど、




 確かなことがあるとすれば、着実な一歩を踏みしめているということ。




 僕らの旅は、始まったばかりだ――。





「Eonian Gait」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く