Eonian Gait

「S」

第一章8  『二人』

「やっぱり、リンクできないな……」


 仕事場にやって来た僕。
 ノートパソコンを立ち上げるも、筆が進まずにいた。


「リンク?」


 ソファから背中を反ってこちらを見る君。
 手元にはこの部屋の備品の一つである液タブがあり、君はラフ画だけでも形にしようと頑張っている。


 けれど僕には、それができそうにもなかった。


「自己投影で作品と繋がることだよ」


 僕にとって、唯一の武器。


「僕はずっと、主人公に自分を重ねることで物語を紡いできた。感情に身を任せ、掛けられたい言葉を並べ、理想世界を描いてきた。そこには必然的に、読者に訴えたい思いがあったから、皆からの共感を得られたんだ……と思う。リンクは、感情がものを言うんだ。思いの強さが、物語の主人公と繋がって形となる」


「あー、読者が深読みする逆バージョン的な?」


「たぶん、そんな感じ」


 作者が主人公に自己投影する。伝えたい想いを胸に、文章を綴る。


 ただそれだけ。たったそれだけの、何ともありきたりな技術。


「感情がキーだから、主人公と気持ちが一致しないと効果を発揮しない。極端な話、自己投影が強ければ強いほど、面白く、筆が乗りやすい。心ここにあらずなら逆もまた然りだ」


「なるほどねぇ」


 誰にだってできる、凡庸なこと。
 天才たる所以がどこにも見あたらない。


「それが今できないと……」


 意味深にも呟く彼女。
 遠目から見るに、彼女はもうラフ画を描き終えている。


 時計の針がうるさく感じる。
 気づけばもう、6時半を過ぎている。


 だからなのか、君はふとして立ち上がり、振り返る。


「今日はもう、帰ろっか」


 ベランダから差し込む夕日に、照らされながら笑う君の姿。
 僕にはそれが、眩しくて仕方がない。


「うん……」


 申し訳なくも顔を背ける僕。
 君の足を引っ張っているようで、凄く歯痒かったけど、今日はもう駄目だと自分でも自覚していた。




 二人歩く、暗がりの街道。
 君の背中を見つめながら歩くこの道で、僕の足取りは重い。


 君にこの手が届く気がしない。
 僕は、どうしたらいいのだろう……。


「それじゃ、また明日♪」


「あ、うん」


 いつの間にか、僕らは家の前に立っていて、君は無邪気に手を振っている。
 本当に明日を楽しみにしているんだなと、伝わってくる。


 何が楽しみなのかはわからないけど、僕にとっても不思議と嬉しいことではある。
 君には、どんな口実を付けたって会いたいと思ってしまう。




 ほんと、不思議と――。




「……ん?」


 家に入ろうとした瞬間、見慣れた影が電信柱に映る。
 僕が何だろうと近づけば、そこにいたのは、


「中尾?」


「……っ!?」


 ビクリと慌てる中尾の姿があった。


「どうしてここにいるの?」


「え、いやー、そのー……」


「……?」


「ちょっと生徒会の帰りで……」


「そうなの?」


「うん……」


「家、反対だよね?」


「……っ」


 痛いとこを突かれたのか、挙動不審な中尾。
 明らかにおかしい。




 まぁ、でも――、




「送って行こうか?」


 問い詰めるのも良くないし、何より、


「こんな時間に女の子一人で歩いてると危ないよ?」


 こんなところに中尾を一人にしてはおけなかった。


「なんか、お巡りさんみたいな台詞だね」


「そうだね」


 萎らしい表情。
 ほんと、どうしたというのだろう。


「じゃあ、お願いしようかな」


 物珍しい出来事。


「ちょっと待ってて」


「うん?」


 家へと帰宅し、カバンを置くと、僕は庭に止めた自転車を手にする。


「乗って」


「え?」


「こっちの方が早い」


 唖然としている中尾。
 困ったように微笑を浮かべ、何も言わずに後ろに乗る。


「自転車で二人乗りなんて、見つかったら大目玉だね」


「うん」


 夜道の走行。
 星がキラキラと輝いている。


 後ろには女の子。
 笑顔が素敵な、優しい人。




 だからこそ――、




「何かあった?」


 中尾が心配でたまらなかった。


 出会うはずのない女の子が家の傍に立っていた。
 ただそれだけの出来事でも、僕にとってはありえないこと。
 だって、普段なら絶対に会うはずはないから。


「何も、ないよ?」


「嘘下手か。バレバレだよ」


 ヘタクソな嘘。だんまりの彼女。
 僕はそこに呆れてしまう。


「……間遠こそ、唯ちゃんとよく一緒にいるよね」


「成り行き場だけどね。それ今関係ある?」


 意図の掴めない会話。
 話しづらいことであるのはわかる。


「ここでいいよ」


「え、まだ少し距離あるよ?」


「大丈夫だよ。送ってくれてありがと」


「そう……」


 手を振り、別れる僕ら。


「間遠」


「何?」


 口を開こうとする中尾。
 けれど眉を寄せて、


「ううん、何でもない……」


「……そっか」


 そう、口にするだけだった。


「おやすみ」


「おやすみ」


 別れ際の言葉。
 背を向け、軽くペダルを踏むと、


「関係なくないよ……」


 最後にそう、中尾の声が聞こえた気がした。




      ※




 帰宅し、自室へと入った僕。


 ドッと疲れたせいか、すぐさまベッドにダイブする。
 そしてゆっくりと瞳を閉じていく。


 1日の予定が狂うと、やる気が起きなくなる。
 それ故に、この睡魔に抗うことはできなかった。


 心にある騒めき。
 中尾のあんな顔を見せられれば、嫌でも気にしてしまう。




 中尾は一体、どうしてしまったんだろう――。




 朧気な視界。
 瞼の裏に映るのは、そんな中尾の姿と、淡く彩られたここ3日間の思い出。


 ちらつく二人の少女の姿。
 その理由に何となくだが気づいている。
 でも僕は、知らないふりをして目を逸らす。




 僕は――、




 わかっていながら、背を向けてしまう。
 やるべきことがあるからと、僕には無理だと、言い訳を並べて。
 これ以上、何かを背負おうものなら、そんな重荷で押し潰されそうになる。


 自分で解決しなければならない問題。
 でも今は、考えることを放棄して、この眠気に身を委ねたかった。


 徐々に何も映ることがなく、意識がそっと離れて行く。
 その最後で思う事があるとすれば、




 ほんと、どうしてしまったんだろうね――。




 現状に苦笑する哀れで難儀な自分への想いだけだった。




      ※




 白く暖かな世界。耳の奥に薄っすらと響く誰かの声。


 聞き覚えのある声とその温もりに頬は自然と緩むも、心の中は不安と寂しさでいっぱいで、迷子のようになっていた。


『母さん……?』


 凄く、懐かしい感覚。
 ほんのりとするお日様の匂い。




 ――でも、




 どんなに辺りを見回しても、誰もいない。
 ただ徐々に、花のような色の香りが、水色という爽やかな匂いに変わっていく。


『ユキ……?』


 変色を繰り返し、漂うイメージから連想させられる。


 孤独で寂しいはずの世界。
 暖かい故か、不安が和らいでいく。


 遠く聞こえる誰かの声。
 その声が次第に大きくなり、辺りの白さは増して眩しくなる。


 穏やかな感情に抱かれ、わからないようでわかる不思議な感覚に陥りながら、その世界が終わりを告げた。




      ※




 何度目の朝。眩しくてか、目を開けていられない。


「もしもーし」


「んぅ……」


 まだ眠いからと、聞こえる声に反応するも寝返りを打つ。


「朝ですよー?」


 小突かれる頬。
 そのくすぐったさ故に、薄っすらと瞼を開く。


 ぼやける視界に映る誰かの影。
 ただ凄く安心する。


 離れて行く影に目をやると、徐々に意識が覚醒する。
 働かない思考回路で、身体を起こせば、


「……あれ?」


 着ているのが寝巻きではなく制服だということに気づいた。


「そっか……」


 昨日は疲れて寝てしまったのだと、その理由を思い出し、着替える。
 ゆっくりと身体を動かし、寝ぼけ眼ながらに1階へと降りていく。


「おはよう」


「うん……」


 冷蔵庫から牛乳を取り出し、軽く滝飲みする。


「朝ごはん、できてるからね」


「うん……」


 その声に誘導されるがまま、テーブルに広がる料理を目に、リビングへと足を運ぶ。


「……ん?」


 ふと、現状を前に足が止まる。


「どうかした?」


 背後から聞き覚えのある声。
 頭の中を疑問という疑問が埋め尽くす。


「何でいるの!?」


 それは今さらという気づき。


 この家に僕以外の人間がいるはずはなく、あるはずのない声。
 それがさっきからしていたというのに、眠気のせいか、彼女から漂う懐かしさのせいか、自然と見逃していた。


「玄関、開いてたから」


「いや答えになってないよ!?」


「だって、どれだけピンポン押しても出て来ないんだもん。挙句、気持ちよさそうに寝てるし、起こすの悪いかなーって」


 僕の寝顔見てたのか……。
 まぁでも、戸締りをしてない僕が悪いか……。


「……仕事場に集合じゃなかったっけ?」


 不貞腐れながら、席へと着く僕。


「家も近いし、一緒に行こっかなって」


 すると君は向かいに座り、


「さ、食べよ?」


 何年ぶりにも食卓を囲む。


「……いただきます」


「いただきます♪」


 朝から眩しい笑顔。
 でも、見てて癒されるのだから嫌いじゃはない。


「どう?」


「うん、美味しい」


 並べられた料理。


 タマゴサンドにハムサンド。プチトマトが乗ったポテトサラダ。
 目玉焼きにソーセージ。そしてオレンジジュース。


 緑色鮮やかで、ヘルシーなあっさり系。
 初めて食べる彼女の手料理なのに、凄く懐かしい。


「そっか♪」


「うん」


 手に取る料理が、彼女と触れ合う瞬間瞬間が、とても暖かい。
 凄く、美味しい。


「ふふ」


「どうかした?」


「ううん。何でもない♪」


「……?」


 微笑ましそうに眺める君。


「ここ、付いてるよ」


「え?」


「マヨネーズ♪」


 頬を指さすも、それがどこかわからなくて、ティッシュを手に君が徐々に近づいてきて、


「はい、取れた」


「あ、ありがと……」


「どういたしまして」


 そんな君に、僕の心臓は飛び跳ねるような動揺でいっぱいだった。




「ごちそうさま」


「はい、お粗末様でした」


 食べ終わり、食器を片付ける君。
 僕も一緒に手伝おうと隣に並ぶ。


「はい」


 隣で洗われた食器を拭き、積み重ねる。
 その動作が自然と様になっていて、家庭科の調理実習を彷彿とさせる。
 二人でやれば、終わるのも早い。


「よし」


 洗い終わり、胸を張る君。
 凄くやり切った感がある。


「次は……」


 隣で最後の食器を拭き終わり、棚にしまう僕。
 すると君は、お風呂場へと移動して、


「洗濯、しよ?」


 そう、告げてきた。


 これほど洗濯に愛着が湧くようなセリフがあっただろうか?


「よいしょと」


 前日にやり忘れた洗濯。
 一人暮らしのため、基本的に量は少ない。




 ――だから、




「次は掃除機、かな」


 洗濯機を回している間、君は物置きから掃除機を取り出す。


 なんで場所知ってるんだ……。


「あ、お風呂沸かしといたから」


「いつの間に……」


「私が掃除機かけている間に入っておいで。昨日、入ってないんでしょ?」




 彼女に言われるがまま、入浴する僕。
 朝風呂なんてしたことなかったから、なんか新鮮で、贅沢で……。




 昨日の疲れが抜けていく――。




「着替えとタオル、ここに置いとくから」


「うん……ありがと……」


 定番のセリフ。


 だからなんで場所知ってるんだ……。




 タオルを巻いて、お風呂から上がった僕。




 すると調度、洗濯機の音が鳴って――、




「―――」




 タイミング悪くも、君は現れる。


「……」


 僕の半裸を目に、無言の君。
 気にすることもなく、すかさず洗濯物を籠に入れて、立ち去り際に足を止めて、


「……良い身体してるね!」


「そんなこと言わなくていいから!」


 辱めを受ける僕だった……。




 着替え終えて、リビングへとやってくると、君は庭で洗濯物を干していた。


「……ん?」


 遠目にも彼女を眺めながらふと思う。




 彼女の手に持っているのは、僕の下着で――、




「―――」




 思考回路が一気にフリーズする。


「ん?どうかした?」


 男物の下着を平気で干し、終わったのかリビングへと戻ってきた君。


 気にしている僕が女々しいのか。
 正直、その光景を目にした僕には複雑だった……。




「終わったねー……」


「そうだね」


 休日の朝。
 突如押しかけて来た君により始まった、爽やかな日常。


 あれ?そういえば……。


「今日、仕事場に行く予定だったんじゃあ……」


「あ……」


 気づいた僕。
 時刻は朝の10時を示し、僕らは互いに固まった。


「まあでも大丈夫!」


「何が?」


「じゃーん!」


 手提げ鞄から、取り出す君。
 見たところ、液タブのようで、


「仕事場じゃなくても、やることはできるから!」


 そこに違和感を覚えるも、満面の笑みで自信を誇る君に僕は、




 ほんと、君は自由人だ――。




 そう、呆れながらに笑っていた。




      ※




 自室へとやってきた僕ら。
 入ると僕はパソコンを立ち上げ、君は窓からの景色を眺めている。


「ほうほう。こういう風に見えてたんだね」


 こっちと彼女の部屋からの景色を見比べる君。


 両方の景色を知っている君を心密かに少し羨ましく思えば、君は透かさずベッドへとダイブする。
 ギュ~と僕の枕を抱きしめ、顔を埋もらせる。


「モフモフ……」


 和ましくも恥ずかしい光景。


 そういうのは僕がいない間にやってくれるとありがたい……。


「さてと……」


 デスクチェアへと腰を下ろし、青縁眼鏡を掛ける。


「あれ?君、目悪かったけ?」


伊達眼鏡ブルーライトカットだよ」


「ふ~ん」


「何?」


「なんか新鮮だなと思って」


「……」


 微笑ましそうにこちらを見つめる君。


 何度も何度も、勘違いしそうになる。


「それじゃ、私も描こうかな」


 足をバタつかせ、スラスラと作業を始める君。


 無防備な体勢。
 今更気づいた、初めて見る彼女の私服。


 水色のカーディガン。白のワンピース。
 とても女の子らしい服装。


「ん?どうかした?」


「う、ううん……何でもない」


「そ」


 見惚れていたなんて、言えるはずもなく、パソコンに向かい合う。
 そしてふと、隣の引き出しにとある物があることを思い出す。


 複雑な感情。葛藤する自分。
 数秒ほど考え込むと、決意を胸に取り出した。


「ねぇ」


「何?」


 黙々と描いていた君。
 こちらへと振り向くと、取り出した物を手渡した。


「目、悪くなるよ」


 手渡したのは、


「眼鏡?」


 僕とは色違いの、赤縁の伊達眼鏡。


「いいの?」


「うん」


 嬉しそうに掛けてくれる彼女。


「どう……?」


 不安そうな顔。上目遣いの君。
 恥じらう素振りが可愛くて、僕は迷わず、


「似合ってるよ」


 そう、答えて上げた。




 作業して1時間半。
 僕はパソコンを前に悶々としていた。


 まだ5000字しか書けていない……。


 普段ならいいペースだが、応募締切は次の日曜日。
 このペースじゃ、とても間に合いそうにない。


 そんな中、


「できたぁあ~」


 完成したのか、彼女の伸びが視界に入った。


「お疲れ様」


「ありがと。君はどう?」


「うーん……まあまあ、かな」


 苦笑する僕。
 とてもじゃないけど、全然だなんて言えない。


「……お腹すいたね」


 彼女の言葉に時計へと目をやると、12時近くを回っている。


「お昼にしよっか」


 さり気ない優しさ。
 君は僕の進捗を気遣ってか、そんな言葉を並べる。


 だからなのか、彼女の言葉はより一層、暖かく感じる。


 もっとも、それが真意なのかは定かではないけれど。




 彼女の手料理を食べ、また同じ光景が広がって、時間は刻一刻と過ぎていく。


 作業へと戻り、時刻は午後2時半過ぎ。
 彼女のおかげか、1万字ほど書き上げることができ、筆が停まる。


「またか……」


 今朝と同じく、急に勢いが途切れてしまう。


 納得がいかないわけじゃない。集中力がないわけじゃない。
 やることは決まってる。あとは突き進むだけ。
 なのに何度も立ち止まる。




 一体、どうして――。




「んー……」


 考え込み、頭を抱える。
 けれど、そんなのは不毛なことで、ふと物静かな部屋に違和感を覚える。


 隣へと目を移せば、天使のような寝顔が一つ。
 立ち上がり、近づいてみれば、「スー……ス―……」という寝息と、同じくスリープした液タブがある。


 見覚えのある機種。
 何気なく、画面へと触れてみれば、


「……っ」


 そこには、完成されたイラストがある。




「―――」




 詰まる息。
 無言で眺めていれば、止まっていた息が勢いよく漏れ出した。


 圧倒的な才能の差。本物の天才。


 彼女を見て思うのは、


「お疲れ様……」


 そんな感謝の念と、僕も息抜きをしようということで、そっと自室を後にした。





「Eonian Gait」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く