伝説の遊騎士

ノベルバユーザー327952

出逢い~風花~

風花奏かざはなかなで
ブラウン色の髪を肩に届くか届かないかの長さまで伸ばし、片側にはウェーブがかかっているという変わった髪形をしている。
頭に着けた大きな音符マークのヘアピンが印象的だ。
あまり社交的な性格ではないのだろう、光と臙城が話を始めても話に入ろうとはしていなかった。
というか、光と臙城は知り合いらしい。
確かにそんな二人の会話に混ざれという方が難しいかもしれない。
そんな状況を見ていた楓は奏に話かけようとして止まる。


 (んー?そういや俺怖がられてんのかな??)
楓はそんな疑問を持ってしまい話しかけるかどうかを悩んだ。
それも仕方のないこと。
楓はついさっき彼女に避けられるような行動をとられてしまったのだから。 








「あの・・その・・」
何も話さずじっと顔を見ていたからか、奏の方から話しかけさせてしまった。
「あー、ゴメン、ゴメン!俺は如月楓って言うんだ。ヨロシクな、風花!」
一応怖がらせないように笑って話かける。
「ここ、こちらこそよろしくお願いします。です」
しっかり返事もしてくれるし、そんなに嫌われている訳ではないらしい。
ちょっと安心だ。


楓が他に話をしようとすると突然後ろから・・・正確には響の作り出した入り口の近くで男二人が大声で声をかけてきた。
「早く行こうぜ、そんな自己紹介しても意味ねぇーよ」
「そうだぜ、勝てなきゃ落ちるんだからな」
二人組は笑いながらそんな事を言って4人を急かす。


「はぁ、あんたら何の」
「そうだね!ゴメン、今から行くよ!」
臙城が二人に何かを言い返そうとしたのを遮って光が返事をする。
「ほら、3人とも行こう!!」
そう言って振り返った光の顔はやはり笑っていて楓たち3人は光に続いて聖地ルームへと足を踏み入れた。       

「伝説の遊騎士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く